いうのに、スタジアムの電光掲示板は気温0度を示している。風速

November 30 [Sat], 2013, 10:34
いうのに、スタジアムの電光掲示板は気温0度を示している。風速10メートル超の海風が止むことなく吹きつけ、体感気温はマイナス10度以下。iPhone 5 ケースコピー

その他の写真付き記事『アイスランドは2014年W杯欧州予選で躍進したが…』

 凍てつく寒さで私の手足はすっかり痺れてしまった。アイスランド人もニット帽やフードは必須のようだが、女性や家族連れも多く、これでも春のサッカー日和なのだろう。ipad2 ケース

 首都レイキャビクから50キロ離れたケプラヴィークは、同国唯一の国際空港がある人口約8000人の街。同名のクラブは、リーグとカップを4度ずつ制覇した中堅だ。モンクレールダウンベストレディース本拠地「ネットヴォトルリン」のピッチ上で選手がウォーミングアップしている頃、スタンドではバケツ片手の少年たちが雑巾でせっせと椅子の汚れを拭き取り始めた。

 入口から続く小屋では、婦人方が暖を取るためのコーヒーを準備中。ipadmini カバー奇異な溶岩台地を背後にした港町に「牧歌的」という言葉は似つかわしくないかもしれないが、紛れもなくアットホームな空気が流れている。千席余りのメインスタンドは地元の人々と敵サポーターで7割が埋め尽くされた。ルイヴィトンキーホルダーコピーもちろん、両者を分け隔てる警官隊や警備員は存在しない。

写真を拡大 写真を拡大
[惜しくもW杯出場ならず]小国サッカー界の優等生、アイスランドサッカー成長の軌跡
「ケプラヴィーク対ストヤルナン」の試合前に、少年たちがスタンドの座席を掃除する【写真:長束恭行】
アイスランドの観客が好むのはアグレッシブな肉弾戦
 対戦相手はストヤルナン。
ケース コピー攻撃的サッカーを信奉し、2009年に一部初昇格。サンフレッチェ広島が模倣した「魚釣り」をはじめ、「水洗トイレ」「ランボー」など独創性あるゴールパフォーマンスを次々に編み出し、一昨年にユーチューブで世界中に注目されたクラブだ。ケース コ

 昨年2月の日本戦でハンドスプリングスローを繰り出し、長居スタジアムの観客を賑わせたMFステインソール・ソルステインソンも同クラブの出身だったりする。

 キープレイヤーはワントップの大砲ガルザル・ヨーハンソンと10番の技巧派MFハトルドール・オルリ・ビョルンソンで、共にアイスランド代表として日本戦に途中出場した。iphone 4G ケース試合は開始早々に動く。

 ケプラヴィークのGKオマール・ヨーハンソンがゴール前で相手選手を倒すや、主審はペナルティースポットを指差した。
グッチiPhone 5 携帯ケースハトルドール・オルリがPKを右に蹴り込んでストヤル
アジアプレス・ネットワーク 11月20日(水)10時39分配信
原発事故で故郷を追われた飯舘村の女性たちを映画に〜古居みずえ監督に訊く
飯舘村で酪農を営んでいた頃の長谷川花子さん。全村避難で故郷を追われ、今は福島県伊達市の仮設住宅に暮らす。携帯ケース コピー(2011年5月撮影:古居みずえ)

日本有数の美しい村として知られた福島県飯舘村。原発事故が起きた1か月後の2011年4月に全村が計画的避難区域に指定された。iphon農業や牧畜を営んできた村人たちは住み慣れた故郷を離れ、今、それぞれの地で避難生活を送っている。
パレスチナの女性や子どもたちを追った映画を制作してきた古居みずえ監督は、原発事故直後から飯館村に入り、村の女性たちの姿を映像で記録し続けている。モンクレール メンズ 秋冬新作「母ちゃんたち」にとっての村とは、そして原発事故とは。11月23日(土)には、映画を観て語ろう〜「飯舘村の母ちゃんたちのこと」と題した集いが東京で行われる予定。携帯ケース コピー(アジアプレス・ネットワーク編集部)

原発事故で故郷を追われた飯舘村の女性たちを映画に〜古居みずえ監督に訊く
飯舘村の食文化を後世に残そうと奮闘する菅野栄子さん(2013年3月撮影:古居みずえ)

◆故郷を追われた飯舘村の女性たちに寄り添う
編集部:長年、パレスチナを取材してきた古居さんが、なぜ飯館村を取材しようと思ったのでしょうか?

古居:飯館村の場合、全村避難ということで、故郷と生活を追われ、家族もバラバラになる。それが、イスラエルの占領下で、故郷や家を奪われたパレスチナの人たちに重なって見えたのです。
iphone 4G ケース

編集部:村の女性たちはいま、どんな暮らしをしているのですか?

古居:月に2、3回、通っているのですが、村人はいま、仮設住宅や借り上げ住宅など、それぞれ別の地で暮らしています。村の女性たちの平均年齢は65歳で、80代も少なくありません。グッチ iPhone ケース私と同じ世代が多いということもあり、お互いに話し始めると、ずっと話し込んでしまうほどです。

彼女たちの多くは農業や牧畜業で家計を支えてきましたが、現在、多くが仕事を持っておらず、私が取材している仮設住宅に暮らす77歳のお母さんは、村に昔から伝わる味噌や、保存食の凍み(しみ)餅などの作り方を、若い人たちに教えたりしています。モンクレール ダウン モンクレール 2014 秋冬故郷を忘れないでほしい、という思いでいっぱいなんです。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdtywe/index1_0.rdf