震災・原発、多様な視点で=小学校ほぼ全教科に―教科書検定

April 04 [Fri], 2014, 12:47
震災・原発、多様な視点で=小学校ほぼ全教科に―教科書検定
時事通信 4月4日(金)11時17分配信
 小学校教科書では、ほぼ全ての教科が東日本大震災や東京電力福島第1原発事故を取り上げた。教科書会社の編集者は「将来復興の担い手となる子どもたちに自分の問題として考えてもらいたい」と話している。
iphone 4G ケース
 震災前に検定を受けた現行本は、社会科10点が訂正申請で関連記述を追加していたが、初めて本格的に扱われる今回は社会と理科、保健を中心に大幅増の35点が記載した。
 社会では、自然災害や政治、産業などの単元で被害状況や復興への取り組み、防災対策を取り上げた。iphone5 ケースメディアを扱う項目では、新聞やテレビが震災をどう報じたかなどを、当時の紙面やアナウンサーらが振り返るエピソードを交えて紹介した。
 理科は地震による土地の変化、保健はけがの防止にそれぞれ絡めて扱ったほか、算数で防災に関する仙台市民のアンケート結果を基にグラフの読み方などを出題。iphone5 ケース 人気音楽や図画工作では、復興支援コンサートや芸術作品を通じた被災地との交流などに触れた。
 原発事故については、主に社会で、有害な放射性物質が放出され広範囲で生活に大きな影響が出たと説明。iphone5s ケースブランド住民避難や農作物などの出荷制限、風評被害や除染について記述した教科書もあった。 

【関連記事】に厚く 領土の記述も増え…検定結果
毎日新聞 4月4日(金)11時17分配信
 文部科学省は4日、小学生が来年4月から使用する教科書の検定結果を公表した。ipad2 ケース平均ページ数は、新学習指導要領で初めて検定された現行教科書(昨春供給)よりもさらに1割ほど増え、1989年以降最多となり「脱・ゆとり」教育を象徴する「厚い教科書」化がさらに進んだ。竹島(島根県)、尖閣諸島(沖縄県)の記述も大幅に増加し、小学社会を申請した4社全てが5年か6年で記述。携帯カバー小学校で初めて「日本固有の領土」と表記する教科書も登場。安倍政権が推進する領土教育重視の流れを反映した。
グッチ iPhone ケース

 教科書は、教科書会社による編集→国の検定→各教育委員会などによる採択−−を経て、各校で使われる。今回は小学校の全教科と、高校の国語、理科(生物)、芸術、外国語(英語)と専門科目(農業、工業、商業、情報、福祉)が対象の検定。iphone 4G ケース

 小学校は「ゆとり」教育から転換した新学習指導要領下で初となった前回(2009年度)検定で大幅に学習内容が増えた。05年春供給本と比較すると、現行本は平均ページ数が24.9%増加し、平均ページ数の全教科合計が6098ページとなったが、新指導要領2巡目となる今回はさらに9%増え、6646ページになった。携帯カバー

 社会科での領土問題の扱いは、竹島と尖閣諸島についての記述がある教科書は、いずれも現行が17点中1点だったが、今回検定で14点中7点に増えた。地図中の表記のみの教科書も含めると竹島が7点から11点に、尖閣が6点から11点にそれぞれ増加。iPhone 5c ケースコピー竹島については4点、尖閣については3点で「日本固有の領土」と記述された。

 また、11年3月発生の東日本大震災について社会科、理科など9教科計35点の教科書で取り上げられた。iPhone 5c ケース東京電力福島第1原発事故についても社会科を中心に9点で登場し、そのうち4点は放射線にも触れた。「防災」の事例は国語、社会など4教科で初掲載された。iphone 5C ケース

 また、高校教科書の検定は複数年度に分けて実施。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdtwey66/index1_0.rdf