ックス」 マイナビニュース 3月18日(火)11時30分配信

March 18 [Tue], 2014, 23:11
ックス」
マイナビニュース 3月18日(火)11時30分配信
ゼロから学ぶAPT対策講座 第6回 未知の不正プログラムに備えるための最適解「サンドボックス」
写真: マイナビニュース
従来のセキュリティ対策では、パターンファイルとの照合による不正プログラムの検知方法が一般的だ。しかし、APT攻撃で使われる不正プログラムには、未知の脆弱性を付くものや亜種も多く、未知のものが内部ネットワークに侵入してくる危険性が高い。
iphoneケース最終回となる今回は、このようなセキュリティリスクに対して有効な「チェック・ポイント 標的型攻撃対策パッケージ」の目玉機能の1つである「サンドボックス」について詳しく解説する。

【もっとほかの写真をみる】

○問題なのは、いかにして未知の不正プログラムに対応するか

APT攻撃の手段として仕掛けられるボットの感染を避けるには、不正プログラムを検知するアンチウイルス機能がセキュリティ対策の一環として組み込まれている必要がある。gaga 時計もちろん、ITが企業のインフラとして定着した現在、ウイルス対策ソフトを導入していない企業・組織はほとんどないと言っていいだろう。また、ウイルス対策製品のデータベースやパフォーマンスについては、実は製品ごとの大きな差異を見出すことが難しい。iPhone 5 ケースコピー

アズジェント セキュリティ・プラス統括本部 マーケティング部 マネージャー 秋山貴彦氏は、「すでに導入されているウイルス対策製品から、他の製品へリプレースする必要はない」と語っている。一方で同氏が提案するのは、既存のセキュリティ対策をすり抜けて侵入する未知の不正プログラムを検知する仕組みと連動性を持ったアンチウイルスの仕組みを追加することだ。シャネルiphone5Sケース

「既知の脆弱性に対する不正プログラムは、ウイルス対策製品のデータベースをもとにブロックすることが可能です。しかし、いわゆるゼロデイ攻撃を含む未知の脆弱性を突いた不正プログラムによる攻撃は、既存のウイルス対策では検知することが困難です。グッチ iPhone ケースこの課題に対する最適解となるのが『サンドボックス』機能です」(秋山氏)

サンドボックスとは、検査対象のプログラムを保護された仮想領域で動作させて実際の挙動をみて不正なプログラムかどうかを判別する仕組みのことだ。
第1原発事故を受けて県民を中心に内部被ばく、甲状腺両検査を無料で行う平田村の震災復興支援放射能対策研究所と、ひらた中央病院などを運営する誠励会は、同研究所の独自施設を新築、甲状腺検査を行うひらた中央クリニックを増築する。iPhone 5s携帯ケースいずれも10月1日からの業務開始を予定。今なお放射線への不安が拭えない県民らの不安解消や健康の確保に向けて検査体制を拡充する。腕時計 gaga
 17日、平田村で両施設の工事に伴う地鎮祭を行った。
 同研究所は、施設新築に併せてデータの管理や分析機能などを強化する。携帯カバー内部被ばく検査は同病院で引き続き行うが、検査データがより詳細に分析できるようになる。
 詳細データの蓄積により今後の対策実施に役立てたい考え。ガガミラノ激安同クリニックで行う甲状腺検査も増築に伴い充実させる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dstew88
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdtwetso88/index1_0.rdf