分配信 創業1400年、金剛組に異変 「最古の企業」当主不在

April 03 [Thu], 2014, 17:14
分配信
創業1400年、金剛組に異変 「最古の企業」当主不在
正大工代務者として「手斧始め」に臨む植松襄一さん(中央)と金剛組社員、宮大工ら=1月11日、大阪市天王寺区
 「日本最古の企業」ともいわれる社寺建築「金剛組」(大阪市天王寺区)が、異例の当主不在に陥っている。記録が残る過去400年で初の事態という。アイフォン5s ケース聖徳太子の命で四天王寺を建立して以来という伝統をどう守るか、模索が続く。

【写真】四天王寺=大阪市天王寺区
分配信
創業1400年、金剛組に異変 「最古の企業」当主不在
正大工代務者として「手斧始め」に臨む植松襄一さん(中央)と金剛組社員、宮大工ら=1月11日、大阪市天王寺区
 「日本最古の企業」ともいわれる社寺建築「金剛組」(大阪市天王寺区)が、異例の当主不在に陥っている。ipad2 ケース記録が残る過去400年で初の事態という。聖徳太子の命で四天王寺を建立して以来という伝統をどう守るか、模索が続く。携帯ケース コピー

【写真】四天王寺=大阪市天王寺区

 宮大工たちが1年の安全を祈る神事「手斧(ちょんな)始め」(大阪市無形民俗文化財)が四天王寺で挙行された今年1月11日、異変があった。「四天王寺正大工(しょうだいく)」の称号を持つ金剛家当主の姿が、なかったのだ。グッチ iPhone ケース

 金剛組によると、1千年を超える昔から、当主が式を毎年取り仕切ってきたとされる。ところが昨年10月28日、39代目金剛利隆さんが後継者不在のまま89歳で死去してしまった。ルイヴィトン携帯ケース

朝日新聞社
【関連記事】花のころ、である。

 桜のはなびらが舞い散るなか、みんなで浮かれて酒を飲み、歌い、踊る。iPhone 5c ケースコピー

 こんなときの食事は、やはり弁当にかぎる。

 なかでも、京都の茶懐石の流れをくんだ「松花堂弁当」などは風流の極み。iphone5s ケースブランド

 関西人なら、この「おもてなし」の料理といきたいものだ。

 弁当箱を分割するという点では、幕の内弁当とどう違うのか、と不思議に思われる方もおありだろう。phone4s ケース

 かたや、幕の内弁当は、お江戸のお相撲やお芝居の観客のお供として、お茶屋さんが販売したものとされる。いわば江戸時代の中頃から興行とともに広まってきたわけだが、本はといえば本膳、一の膳、二の膳とだしてゆく格式の高い武家の本膳料理がルーツといわれている。ipad2 ケース

 実際、「幕の内」という言葉自体、芝居の「幕間(まくあい)」や相撲の「幕内」と近い。

 こなた、4分割の松花堂弁当は前述の通り、懐石料理の流れをくむ。
アイフォン5 カバーしかし、一般に歴史は浅いといわれる。昭和初期、繊維業で財をなした大阪の富豪、貴志家の茶会で、のちに料亭、吉兆をつくった料理人、湯木貞一が命じられてつくったのが嚆矢(こうし)とされている。グッチ iPhone ケース

              ◇

 ■公武取り持った僧侶の名

 その名は江戸期の僧侶にちなむ。ここからはその弁当の名の由来となった松花堂昭乗のことである。携帯ケース コピー

 調べてみると、なかなかに面白い人物だ。堺の生まれで、若い頃に公家の近衛家に仕えたが出家。携帯ケース コピー石清水八幡宮(現京都府八幡市)で瀧本坊実乗から密教を学び、のちに密教僧としては高位の阿闍梨(あじゃり)となった。

 しかし、それは「表」の顔。
iphone 4G カバー彼の真骨頂は、「書」や「茶の湯」といった文化的な素養で培った人脈を生かして、混乱の時代に公武の融和をはかった「裏」の顔にある。

 近衛信尹(のぶただ)、本阿弥光悦とともに「寛永の三筆」とうたわれる能書家だった昭乗は、書を近衛前久(さきひさ)に学んで一家をなし、徳川将軍家の指南も行った。iphone 4G カバー

 「きれいさび」の茶道で知られる小堀遠州とも親交があった。当時、後水尾天皇を中心にした公家と徳川幕府との間は冷えていたが、尾張・徳川義直と
 宮大工たちが1年の安全を祈る神事「手斧(ちょんな)始め」(大阪市無形民俗文化財)が四天王寺で挙行された今年1月11日、異変があった。iphone 4G ケース「四天王寺正大工(しょうだいく)」の称号を持つ金剛家当主の姿が、なかったのだ。

 金剛組によると、1千年を超える昔から、当主が式を毎年取り仕切ってきたとされる。iphone 5cケースところが昨年10月28日、39代目金剛利隆さんが後継者不在のまま89歳で死去してしまった。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdtwe66/index1_0.rdf