4月3日(ブルームバーグ):3日の欧州債市場では、イタリ

April 07 [Mon], 2014, 23:37
 4月3日(ブルームバーグ):3日の欧州債市場では、イタリア国債を中心にユーロ圏諸国の国債相場が上昇。欧州中央銀行(ECB)がこの日の定例政策委員会でデフレの脅威と闘うための緩和拡大措置について話し合ったとドラギ総裁が明らかにした。ケース コピ

イタリア国債の10年物利回りは約8年ぶりの低水準、5年物利回りは過去最低をそれぞれ付けた。ドラギ総裁は金利据え置き決定後の記者会見で、選択肢の一つとして大規模な資産購入について議論したと語った。アイフォン5s ケーススペイン国債も上げ、2年物と5年物の利回りはそれぞれこれまでの最低を記録。記者会見前は、域内の国債の大半は軟調だった。シャネルiPhoneケース

DZ銀行のアナリスト、クリスチャン・ライヒャター氏(フランクフルト在勤)は「量的緩和の決定がなかったことに市場は当初やや失望したが、ドラギ総裁は実際、インフレ率がさらに低下した場合には将来的に非伝統的な措置を導入することにかなり前向きだった」と指摘。「周辺国債のスプレッドが縮小する余地は一段とあるはずだ」と続けた。ケース コピ
中国株式市場は反落。一部都市で住宅取得規制が緩和されるとの報道で前日急伸した不動産株が、利食い売りを浴びた。iphone 4G/4s ケース鉄道株は、国務院(内閣に相当)が、承認済みの鉄道プロジェクトを加速する方針を示したとの報道で上昇した。

香港市場は小幅続伸し、3週間ぶりの高値で引けた。シャネル 携帯ケース中国政府が鉄道網敷設のための投資を拡大する方針を示したことや、本土の投資家による香港株式市場への投資拡大への期待が相場を支えた。

<東南アジア株式> バンコク市場が値下がりした。iphone 4G/4s ケースタイ国内で発表された3月の消費者景気信頼感指数が下落したことに加え、タイ経済が減速するとの懸念が、銀行株や消費関連銘柄を直撃した。一方、他の大半の域内市場の株価は、欧州中央銀行(ECB)定例理事会の政策決定を前に辛うじて上昇する展開となった。iphone5s ケース ブランド

<ソウル株式市場> 7営業日ぶりに反落して取引を終了した。最近の上昇を受け、利益確定の売りが出た。iphone 4G ケース3月の米民間雇用者数の伸びを好感してドルが買われたため、ウォンは下落した。

海外勢が3434億ウォン(3億2502万ドル)を買い越し、全体相場を支えた。グッチ iPhone ケース買い越しは7営業日連続で、この期間の買い越し額は1兆8000億ウォンとなった。

<台湾株式市場> 小反4月4日(ブルームバーグ): ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト36人を対象に行った調査で、35人が今後2年間、超過準備にかかる付利水準が現在の水準(0.10%)に維持されると予想した。シャネル(英字社名アルファベット順)

各社の回答者は以下の通り。メリルリンチ証券=吉川雅幸チーフエコノミスト、バークレイズ証券=森田京平チーフエコノミスト、BNPパリバ証券=河野龍太郎チーフエコノミスト、キャピタル・エコノミクス=Marcel Thieliant氏、シティグループ証券=村嶋帰一チーフエコノミスト、クレディ・アグリコル証券=尾形和彦チーフエコノミスト、クレディ・スイス証券=白川浩道チーフエコノミスト、第一生命経済研究所=熊野英生首席エコノミスト、大和総研=熊谷亮丸チーフエコノミスト、大和証券=野口麻衣子シニアエコノミスト、ゴールドマン・サックス証券=馬場直彦チーフエコノミスト、HSBCホールディングス=デバリエ・いづみ日本担当エコノミスト(香港在勤)、伊藤忠経済研究所=丸山義正主任研究員、ジャパンマクロアドバイザーズ=大久保琢史チーフエコノミスト、日本総合研究所=枩村秀樹主任研究員、JPモルガン証券=菅野雅明チーフエコノミスト、明治安田生命保険=小玉祐一チーフエコノミスト、三菱UFJモルガン・スタンレー証券=六車治美シニアマーケットエコノミスト、三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所=嶋中雄二所長、三菱UFJリサーチ&コンサルティング=小林真一郎シニアエコノミスト、みずほ総合研究所=高田創チーフエコノミスト、みずほ証券=上野泰也チーフマーケットエコノミスト、マネックス証券=村上尚己チーフエコノミスト、三井住友アセットマネジメント=武藤弘明シニアエコノミスト、モルガン・スタンレーMUFG証券=山口毅エコノミスト、ニッセイ基礎研究所=矢嶋康次チーフエコノミスト、野村証券=松沢中チーフストラテジスト、農林中金総合研究所=南武志主席研究員、岡三証券=鈴木誠債券シニアストラテジスト、信州大学=真壁昭夫経済学部教授、SMBCフレンド証券の岩下真理シニアマーケットエコノミスト、SMBC日興証券の森田長太郎チーフ金利ストラテジスト、ソシエテジェネラル証券=会田卓司SMBC日興証券の森田長太郎チーフ金利ストラテジスト、SMBCフレンド証券の岩下真理シニアマーケットエコノミスト、ソシエテジェネラル証券=会田卓司チーフエコノミスト、東短リサーチ=加藤出チーフエコノミスト、東海東京証券=佐野一彦チーフストラテジスト、RBS証券=西岡純子チーフエコノミスト、UBS証券=青木大樹シニアエコノミスト落。シャネル iphone 5Cケース電子製品指数<.TELI>が0.59%、半導体指数<.TSII> が1.07%それぞれ値下がりし、下げを主導した。

ファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW>が1.25%、IC設計大手の聯発科技(メディアテック)<2454.TW>が1.93%それぞれ値下がりする中で、半導体指数は下落した。iphone 5cケース
ロンドン時間午後4時42分現在、イタリア10年債利回りは前日比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.26%。一時は3.25%と、2005年9月以来の低水準を付けた。iPhone 5 ケースコピー同国債(表面利率4.5%、2024年3月償還)価格は0.42上げ110.65。5年債利回りは7bp下げ1.87%。ケース コピーブルームバーグが1993年にデータ集計を開始して以来の最低となる1.86%に達する場面もあった。

スペイン2年債利回りは5bp下げ0.64%、5年債利回りは1.80%まで下げ、いずれも1993年以来の低水準を付ける場面があった。iphone 4G カバー10年債利回りは4bp低下の3.23%。

ドイツ10年債利回りは1bp低下し1.60%。iphone 4G/4s ケース同年限のスペイン国債との利回り格差は3bp縮小の162bpと、2010年10月以来の最小となった。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdtgwe6/index1_0.rdf