国・台湾 韓国・北朝鮮 アジア・オセアニア 北米

November 30 [Sat], 2013, 15:45
国・台湾
韓国・北朝鮮
アジア・オセアニア
北米
中南米
ヨーロッパ
中東・アフリカ
独社民党、12月党員投票での大連立承認目指しキャンペーン開始
ロイター 11月29日(金)10時31分配信
[ベルリン 28日 ロイター] -メルケル独首相が率いる保守系与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)との大連立に合意した最大野党の社会民主党(SPD)は、連立政権の正式発足に必要なSPD党員47万4000人強の投票による承認を得るためのキャンペーンを開始した。

SPD党員は郵便による投票で、メルケル氏とSPDのガブリエル党首がまとめた連立協定書を受け入れるかどうかを判断し、結果は12月14日に公表される。携帯ケース コピー多くの党員はなお保守勢力との連携には懐疑的になっている。

これに対してガブリエル氏は今後130回以上の党員集会を開催する方針だ。
iphone 5ケースその皮切りとなったドイツ28日の西部ホフハイムの集会では、SPDが連立協定に国内で初めてとなる全国的な最低賃金の導入を盛り込むことに成功した点を強調するなど、楽観的で説得力のある演説を行った。

ガブリエル氏は「これはSPDがどのように進むべきかという問題でなく、ドイツがどうするべきか、そしてそのためにわれわれは国民に何ができるかという問題だ」と語り、支持者に対して党の将来に不安を抱いたり、弱気な態度を見せる、あるいは政権入りをためらうことは禁物だと警告した。モンクレール ダウン モンクレール 2014 秋冬

集会に出席したある代議員は「これまでどうしようか迷っていたが、今は投票で承認する気持ちだ」と話した。

SPD内の最左派グループである青年部(JUSOS)も大勢は大連立に賛成方向に意見を変えたもようだ。グッチ iPhone ケースJUSOSを率いるザックザ・フォークト氏は、多くの党員は依然として「非常に懐疑的」と認めながらも、彼らは連立協定を読めばそこには国民にとっての「明白な改善」が含まれていると考えるであろうと述べた。

フォークト氏は、最低賃金に加えて、教育分野への投資や二重国籍制度の運用緩和措置などを具体例として挙げた。
グッチ iPhone ケース二重国籍の運用緩和は、SPDの支持層であるトルコ系市民に有利な内容だ。

SPD指導部は、政権入りしたくて仕方がないという様子を見せないように、メルケル首相に閣僚名簿の発表はSPDの党員投票結果が出てからにしてくれるよう要請している。ipad2 ケースただ、風刺的な論調の雑誌「タイタニック」は、SPDは投票で承認を得ることしか眼中にないので、投票用紙の選択肢は、「賛成」と「もちろん賛成」と「絶対賛成」しかないだろうと皮肉った。

12月14日の投票で大連立が承認されれば、メルケル首相はすぐにも閣僚名簿を発表し、連邦議会(下院)で就任の宣誓を行う運びになる。携帯ケース コピーSPDからはガブリエル氏やフランク・バルター・シュタインマイヤー氏など6人が閣僚になる可能性がある。

一方でSPD党員が大連立を否決するか、投票が全党員の20%という定足数に足りない場合は、メルケル首相は緑の党など他の政党とあらためて連立工作を行うことになる。iPhone 5 ケースコピー

【関連記事】よるグレインコープ買収案を却下
ロイター 11月29日(金)10時30分配信
[シドニー 29日 ロイター] - オーストラリア政府は29日、米穀物商社のアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)<ADM.N>が豪穀物取引会社グレインコープ<GNC.AX>を28億豪ドル(25億5000万米ドル)で買収する計画を却下した。

グレインコープ買収案は、アボット政権の掲げる「ビジネスに開かれた」国作りの実現を占う最初の試金石と見られていたが、数少ない独立系穀物取引業者を事実上、買収から守る決定を下した。iPhone 5 ケースコピー

ホッケー財務相は、独禁当局の外国投資審査委員会(FIRB)が承認勧告で意見がまとまらなかったことを受け、国益上の理由から却下を決めたと説明。

ADMのグレインコープへの出資率が現在の20%近くから約25%に上がることに異論はないとしたが、「多くの業界関係者、特にオーストラリア東部の生産者がこの買収で競争が減るとともに、穀物貯蔵・物流・流通ネットワークへの生産者のアクセスが損なわれるのではないかとの懸念を表明している」と記者団に語った。
ケース コピー

オーストラリアは小麦輸出で世界2位。グレインコープが取り扱う小麦は国内生産の3分の1を占める。
携帯ケース コピー

米国中心のビジネスモデルを見直し、成長著しいアジアへの進出を狙っていたADMにとって、豪政府の決定は打撃だ。

ビュラー・キャピタルのマブロマティス最高投資責任者(CIO)は、オーストラリアにとって穀物産業は戦略的重要分野と指摘したうえで「オーストラリアがアジアの食糧庫になろうとするなら、この分野の重要な資産は管理し続けたいだろう」と語った。ティファニー

グレインコープ、ADMとも政府の決定に失望を表明。

グレインコープのテイラー会長は「オーストラリアの農業は、ADMがしようとしていた投資による恩恵が享受できない状況に置かれている」と述べた。iphone 4 ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdtew68ser8/index1_0.rdf