今年のル・マン24時間はリタイアに終わった中野信治。

August 10 [Sat], 2013, 1:58

今年のル・マン24時間はリタイアに終わった中野信治。

昨年のWEC(世界耐久選手権)富士戦でともにクラス優勝を果たしたデルタADRに加入し、ル・マン24時間でも勝利を目指していた中野信治だが、チームメートのクラッシュによるダメージが大きく、クルマがピットへ戻れずにリタイアした。
グッチ iPhone ケース

【無料生放送】ル・マン24時間ライブストリーミング中継(決勝は日本時間22日土曜日22時スタート)

スタート直後にセーフティカーが導入された際、ギアボックスにトラブルが発生。スタートドライバーを務めていた中野はクルマをガレージへ戻したが、20分ほどで修復。ヴィトン 長財布 新作その後走行を再開した中野は、クラストップのタイムを更新しながら周回し、クツ総合
野球
サッカー
モータースポーツ
競馬
ゴルフ
格闘技
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
Facebook
ツイート
ル・マン24時間:勝負は持久戦の様相。上位4台は僅差の争いに
オートスポーツweb 6月23日(日)14時24分配信

ル・マン24時間は夜も厳しい戦いが続いた

 第81回ル・マン24時間耐久レースは、スタートから16時間を迎えた。rayban サングラス少しずつ空が白みはじめる中、2号車アウディR18 e-トロン・クワトロが変わらず首位をキープ。8号車、7号車という2台のトヨタTS030ハイブリッドが1周差ずつで追っている。レイバン サングラス

 レース折り返しとなる12時間を過ぎた後、3時4分にLM-GTEアマクラスの54号車フェラーリ458がクラッシュ。ガードレール補修の必要性が出てこのレース7度目のセーフティカーが出動し、ほぼ1時間近いSCランが行われた。ipad2 ケース

 SCラン終了近くとなる頃には、さらにサーキットにはかなり強い雨も降り出した。そのためSCは急遽延長。iphone 4G/4s ケースこの間に多くのチームはピットに入り、インターミディエイトに交換している。スリッピーなコンディションの中でスピンやコースアウトも相次ぎ、レースは持久戦の様相を呈してきた。
iphone 4G カバー

 その後雨は止み、コースは再びドライへと変化。そんな中、2号車アウディはミスなく走行を続け首位をキープ。携帯カバー残り8時間というところで、236周を消化。2番手にはこちらもカナード補修を行った他は大きなアクシデント等なく走行を続ける8号車トヨタが続き、2台の差は1周。レイバン サングラス 人気2号車アウディに何かアクシデントがあれば、すぐに逆転できるポジションとなっている。

 3番手には7号車トヨタTS030ハイブリッドがつけているが、途中イレギュラーのピットストップを行ったこともあり、8号車トヨタとは1周差がついている。iphone 4 ケースまた、4番手の3号車アウディとは同一周回となった。途中、クランクセンサーのトラブルに見舞われ遅れた1号車アウディは、追い上げをみせ8番手までポジションを戻したものの、コクピット内部のトラブルが発生、またガレージに入れられタイムロスを喫した。ヴィトン 財布 人気

 LMP2クラスは、序盤以降終始ワン・ツーをキープしているOAKレーシングのモーガン・ニッサンが盤石の体制。24号車が首位、35号車が2番手に続いており、3番手には2周差でグリーブス・モータースポーツの42号車ザイテック・ニッサンが続いている。iPhone 5 ケースコピーなお、LMP2クラスに参戦しているふたりの日本人ドライバー、中野信治の25号車、井原慶子の28号車ともに、すでにリタイアを喫している。

 LM-GTEプロクラスは、ポルシェvsアストンマーチンが僅差の攻防戦を展開している。
iphone 4G/4s ケース現在トップは92号車ポルシェ911 RSRで、97号車アストンマーチン・バンテージ、99号車アストンマーチン、91号車ポルシェと続く。この4台は同一周回での戦いだルマの速さに手ごたえをつかんでいた。グッチ iphone ケース

しかし、中野の走行後にチームメートがクラッシュ。クルマのダメージが大きく、ピットへ戻れないためリタイアが決まった。ray ban 激安中野はリタイア決定後、次のようにツイッターへ書き込んでいる。

「チームメートが走行中にクラッシュ。iphone 5ケースマシンのダメージが大きくピットに戻る事ができずにリタイアが決定してしまいました。彼は朝に続いて2度目のクラッシュでした。iphon言葉がありません。応援して頂いた皆さんに申し訳ない。ガガ 時計速い車も作ったのに。。
携帯ケース コピースタート後の速さがそれを証明してた。本当に悔しい(原文ママ)」

中野によると、現地時間朝4時の時点でチームメートはサーキットを離れたが、中野は「やっぱり気持ちがサーキットを離れられない」ため、そのままサーキットに残っているという。
アイフォン5 カバー

そして中野は、「昨日スタート直後の事故で他界されたアラン・シモンセン選手の悲報に接し、謹んで哀悼の意を表します」ともツイッターに書き込んでいた。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdtew038/index1_0.rdf