コンビニエンスストア最大手のセブン−イレブン・ジャパンとJR西日本

March 28 [Fri], 2014, 14:39
 コンビニエンスストア最大手のセブン−イレブン・ジャパンとJR西日本グループは27日、駅構内に店舗を出す「駅ナカ」を中心とした事業展開で業務提携した。コンビニは全国で5万店を超え、飽和状態とも言われている。携帯ケース コピー駅ナカは数少ない成長市場であり、コンビニ大手各社の出店競争はますます過熱しそうだ。

 「(セブンを)使ってもらう機会が増え、提携の意味は大きい。iPhone 5c ケースコピー今後もいろいろな電鉄会社と取り組みたい」。セブンの井阪隆一社長は同日、大阪市内で記者会見し、鉄道事業者とのいっそうの提携拡大に意欲をみせた。iphone 5cケース

 JR西グループは約100億円かけて、5年以内にJR西の子会社が運営する売店「キヨスク」とコンビニ「ハート・イン」の計約500店舗をセブンとの提携店舗に切り替える計画だ。「セブン−イレブン キヨスク」「セブン−イレブン ハート・イン」と従来の店名も残すが、商品はすべてセブン提供のものとする。iphone 4G ケース

 いれたてコーヒーの販売など、通常のセブンと同様のサービスとするほか、会社帰りの人が多い下り線ホームにある店舗にはカット野菜や総菜を充実させるなど、地域に応じた品ぞろえにも取り組む。JR西グループは今回の提携で、キヨスクとハート・インの年間売上高を現在の445億円から640億円に引き上げることを目指す。ipad2 ケース

 セブンは2009年に京浜急行電鉄と提携してから「駅ナカ」の出店を加速した。セブンの強固な商品力を武器に、コンビニ以前の旧店舗に比べ、1店舗当たりの売り上げは約3〜5割増えた。シャネル iphone 5Cケース店舗面積当たりの売上高は幹線道路沿いなどの「路面店」よりも多いといい、セブンは「(駅は)生活動線の核になる」(井阪社長)と見て、今後も重視する考えだ。

 セブンは西日本管内の駅ナカでは、JR九州や近畿日本鉄道と提携しているファミリーマートなどに後れをとっていた。エルメスiPhone ケース近畿・北陸・中国地方全体では、神戸発祥の旧ダイエー系、ローソンが強い。今回、1日の乗降客数が約500万人に上るJR西と組み、一気に挽回したい構えだ。iphone5 ケース シャネル

 街中のコンビニが飽和状態とされる中、コンビニ大手は、駅ナカに加え、病院や高速道路のサービスエリアなど、顧客層が限定される店舗を相次いで出店している。顧客層は幅広くないものの、一定地域内の顧客を独占できるうまみがあるためだ。グッチ iPhone ケースローソンは病院内に184店を出店。入院患者やその家族ら向けに、大人用おむつやガーゼ、包帯などを取りそろえている。ルイヴィトン携帯ケースファミリーマートも鉄道事業者13社と提携し、今後は病院などにも積極出店する方針だ。【古屋敷尚子、神崎修一】

 ◇キーワード: 駅ナカ
 コンビニエンスストア最大手のセブン−イレブン・ジャパンとJR西日本グループは27日、駅構内に店舗を出す「駅ナカ」を中心とした事業展開で業務提携した。iphone5 ケースコンビニは全国で5万店を超え、飽和状態とも言われている。駅ナカは数少ない成長市場であり、コンビニ大手各社の出店競争はますます過熱しそうだ。iphone 4G カバー

 「(セブンを)使ってもらう機会が増え、提携の意味は大きい。今後もいろいろな電鉄会社と取り組みたい」。iphone 4G カバーセブンの井阪隆一社長は同日、大阪市内で記者会見し、鉄道事業者とのいっそうの提携拡大に意欲をみせた。

 JR西グループは約100億円かけて、5年以内にJR西の子会社が運営する売店「キヨスク」とコンビニ「ハート・イン」の計約500店舗をセブンとの提携店舗に切り替える計画だ。ipad2 ケース「セブン−イレブン キヨスク」「セブン−イレブン ハート・イン」と従来の店名も残すが、商品はすべてセブン提供のものとする。

 いれたてコーヒーの販売など、通常のセブンと同様のサービスとするほか、会社帰りの人が多い下り線ホームにある店舗にはカット野菜や総菜を充実させるなど、地域に応じた品ぞろえにも取り組む。ルイヴィトンJR西グループは今回の提携で、キヨスクとハート・インの年間売上高を現在の445億円から640億円に引き上げることを目指す。

 セブンは2009年に京浜急行電鉄と提携してから「駅ナカ」の出店を加速した。iPhone 5c ケースコピーセブンの強固な商品力を武器に、コンビニ以前の旧店舗に比べ、1店舗当たりの売り上げは約3〜5割増えた。店舗面積当たりの売上高は幹線道路沿いなどの「路面店」よりも多いといい、セブンは「(駅は)生活動線の核になる」(井阪社長)と見て、今後も重視する考えだ。ipad2 ケース

 セブンは西日本管内の駅ナカでは、JR九州や近畿日本鉄道と提携しているファミリーマートなどに後れをとっていた。近畿・北陸・中国地方全体では、神戸発祥の旧ダイエー系、ローソンが強い。ipad2 ケース今回、1日の乗降客数が約500万人に上るJR西と組み、一気に挽回したい構えだ。

 街中のコンビニが飽和状態とされる中、コンビニ大手は、駅ナカに加え、病院や高速道路のサービスエリアなど、顧客層が限定される店舗を相次いで出店している。携帯ケース コピー顧客層は幅広くないものの、一定地域内の顧客を独占できるうまみがあるためだ。ローソンは病院内に184店を出店。ブランド風入院患者やその家族ら向けに、大人用おむつやガーゼ、包帯などを取りそろえている。ファミリーマートも鉄道事業者13社と提携し、今後は病院などにも積極出店する方針だ。携帯ケース コピー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdtesg88/index1_0.rdf