のアジアでの立場が、米国政治の機能不全故に深刻な損害を受けた

March 22 [Sat], 2014, 16:03
のアジアでの立場が、米国政治の機能不全故に深刻な損害を受けたことは無視できない。米国への尊敬は、経済力、開放性と統治能力、軍事力に基盤を置いているが、今日、それらは、さほど印象深いものではない。iphone 4G カバー米国政府の閉鎖とかろうじて避けられた債務上限引き上げ危機は、アジア全域に否定的なメッセージを送った。オバマ大統領が2013年のAPECと東アジアサミットを欠席したのは、やむを得なかったが、米国の信頼性を傷つけた。ケース コピーこれからの大統領のアジア歴訪は、米国のアジアへの関心が一時的でないことを示す。

 米国の安保、経済面でのパートナーとしての信頼性低下は、各国でナショナリズムが台頭する中で起こっている。gaga 時計それは領土紛争で明らかである。日中間での事件や事故の危険は、中国の防空識別圏設定で高まっている。ケース コピー我々は緊張緩和のために努力する必要がある。

 アジア・太平洋地域へのオバマ政権のコミットメントを強化することは必要である。エルメス携帯ケース演説や訪問は重要であるが、それらを行動で裏付ける必要がある、と述べています。

* * *

 上記論説は「アジア・リバランスに回帰せよ」と題していますが、ポラックやベーダーのような人がアジア重視の重要性を論じてくれることは良いことです。iphone 5cケース緊急に対応しなければならない問題が中東に多いので、米国の注意がそれに引っ張られることはありますが、長期的な問題としては、中国の台頭に伴うアジアの重要性は疑いなく、今後もアジア重視にならざるを得ないでしょう。

 問題は、アジア政策の内容をどうするかです。シャネル iPhone ケース同盟国を重視し、共産中国の異質性とその台頭がアジアを不安定化するおそれがあることを良く認識してアジア政策を展開するということだと思いますが、この論説は対中配慮し過ぎている嫌いがあります。中国と同盟国と平等に、とにかく問題を起こさないように望むということでは不適切です。ガガミラノ激安

 日中韓の歴史問題についても、問題を煽っているのは基本的には国内政治や国際政治に歴史問題を利用している中韓であることを冷静に認識してほしいと考えます。日本は歴史問題を掻き立てたりはしていません。ガガミラノ 腕時計靖国神社に参拝するのは、国家のために命を捧げた人に哀悼の意を表するためであり、中韓が批判している軍国主義とは無関係です。

岡崎研究所
【関連記事】人
<日朝赤十字会談>公式協議の再開で合意 拉致も議題に
毎日新聞 3月20日(木)12時44分配信
 【瀋陽・吉永康朗、西岡省二】日本と北朝鮮は20日午前、中国・瀋陽で外務省課長による非公式協議を行い、2012年11月以来中断している公式協議を再開することで一致した。ガガミラノ新作時計日本側は、日本人拉致問題を含む両国間の問題を進展させるよう要求。日朝間の公式協議が実現すれば、第2次安倍政権発足後初めてとなり、懸案の拉致問題をどこまで進展させられるかが焦点となる。ケース コピー

 非公式協議には、日本側から外務省の小野啓一北東アジア課長、北朝鮮側から劉成日(リュソンイル)課長(日本担当)が出席した。日本外務省関係者は終了後、記者団に対し、公式協議の再開について「双方の関心事を話し合うことになる」と述べ、拉致や核・ミサイル問題を議題とする考えを強調。iPhone 5 ケースコピー「できるだけ早期に開催したい」とも語り、北京の日朝両国大使館を通じて日程調整を急ぐ考えを示した。

 日朝両政府の公式協議は12年11月に局長級協議が行われ、拉致や核・ミサイル問題を話し合った。iphone5 ケース北朝鮮側は12年協議で、08年に日朝が合意したまま立ち消えとなった拉致の再調査に前向きだったとされる。古屋圭司拉致問題担当相は20日午前の記者会見で「北朝鮮の動きを詳細に分析し、拉致問題解決に取り組むのが政府の責任だ」と語った。ガガミラノ 時計 レディース

 一方、日本と北朝鮮の非公式協議の後、日本赤十字社と北朝鮮の朝鮮赤十字会による会談も行われ、終戦前後に死亡した日本人の遺骨返還問題について、改めて外交当局も加わった協議を開くことで一致。会談は全体で1時間弱で終わり、安倍晋三首相は20日昼、首相官邸に外務省の斎木昭隆事務次官らを呼び、協議結果の報告を受けた。iphone 5sカバー

 赤十字協議には遺骨問題を担当する厚生労働省職員も同席した。会談終了後、朝鮮赤十字会の李虎林氏は日本人遺骨問題について「長年関係してきた専門家も交え、慎重な討議が進められた」と表明。iphone4s ケースその上で「双方は引き続き連絡をとり、対処していくことで合意した」と述べた。日赤の田坂治国際部長も記者団に対し、「実務的に意見交換し、認識を共有できた」と評価した。ケース コピー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdte69seo/index1_0.rdf