ポコノ・スピードウェイ(動画キャプチャ)

August 10 [Sat], 2013, 0:24

ポコノ・スピードウェイ(動画キャプチャ)

インディカーのポコノ・インディカー400・フューエルド・バイ・スノコのプラクティスが土曜日の朝に行われた。

[関連写真]

1971年に初めてのレースが行われた、ポコノ・レースウェイに24年ぶりにインディカーのレースが戻る。iPhone 5 ケースコピー

ポコノ・スピードウェイはペンシルバニア州に所在し、アンドレッティ・オートスポーツにとっての本拠地とも言われている。ポイントレースのトップに迫るジェームズ・ヒンチクリフは、シーズンを優勝‐ゼロ‐ゼロ‐優勝という異常な順序で始め、前回のアイオワ・スピードウェイでの優勝で今季3勝目を挙げて、トップを走るエリオ・カストロネベスとのポイント差を縮めた。腕時計 メンズ

このプラクティスに、ライアン・ブリスコーはアメリカン・ル・マン参戦の為に出場できず、また予選にも参加できないので、結果として彼のNo.4の車は結晶で最後尾からのスタートとなる。

マルコ・アンドレッティはポコノのプラクティスセッションで221.883マイル/時の最高スピードを記録し、このサーキットでの記録を塗り替えた。グッチ iphone ケース

プラクティスはウィル・パワーがコースの途中でトラブルの為にストップし、最初のイエローフラッグが振られるまで、非常に順調な展開を見せた。

ここまでのシリーズでのオーバルで、シボレーエンジンは圧倒的な強さを見せたが、このプラクティスではホンダエンジンを搭載した車がトップ5に2台入る健闘を示した。iphone 4G ケース

尚、佐藤琢磨はプラクティスで7番手のタイムを叩き出して、ここまでは好調な仕上がりを見せている。

ポコノ・インディカー400・フューエルド・バイ・スノコのプラクティス1結果(トップ10)

1.マルコ・アンドレッティ(シボレー)
2.トニー・カナーン(シボレー)
3.チャーリー・キンボール(ホンダ)2013年のWEC世界耐久選手権にトヨタTS030ハイブリッドで参戦しているトヨタ・レーシングが、今季の残りのシーズン、これまで2台で参戦していた体制を変更し、1台で参戦するのではないかと伝えられている。携帯ケース コピー

 これはフランスのAUTOhebdo、英autosport.com、ドイツのmotorsport.com等複数のメディアが伝えているもの。昨年からWECに参戦しているトヨタは、今季に向けて当初1台での参加を予定したものの、シリーズプロモーターのACOの要請もあり、2カーエントリーへと変更したと言われている。iPhone 5 ケースコピー

 迎えた今季は開幕3戦を2カーで戦い、第3戦となるル・マン24時間耐久レースでは、アンソニー・デイビッドソン/ステファン・サラザン/セバスチャン・ブエミ組8号車がライバルのアウディに敗れたものの2位でフィニッシュ。アレックス・ブルツ/ニコラス・ラピエール/中嶋一貴組7号車も終盤のクラッシュを乗り越え4位に入った。
シャネル 携帯ケース

 しかし、次戦第4戦サンパウロ以降、トヨタは1台を減らし、7号車のみの参戦となると伝えられる。autosport.comによれば、これはトヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)のリソースの問題で、新たに規定が変わる2014年仕様の開発に力を割かなければならないためだとしている。iPhone 5 ケースコピー

 TMGはこの件についてコメントを避けているが、AUTOhebdoはトヨタにとっての地元レースである第6戦富士には再び2台を投入するのではないかとしている。ただ、他ニュースサイトでは、今後全戦で1台になるのではないかとも伝える。ロレックス 腕時計

 昨年から自慢のハイブリッド技術を武器にWECに参戦しているトヨタ・レーシングだが、噂では資金面でトヨタ本体から十分なサポートがされていないと言われており、もし今後1台体制となった場合、ハイブリッドでの選手権連覇を目論むアウディに対抗することは厳しくなっていきそうだ。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdte038eet/index1_0.rdf