訴訟相手は間違っていないか

November 24 [Sat], 2012, 22:34
ケーズデンキを展開するケーズホールディングスと、家電量販店大手のヤマダ電機が、1つの雑誌記事で争っています。記事の内容は、「日経ビジネス」に掲載された特集で消費者満足度ランキングに関するものです。アフターサービスの満足度に関するアンケート調査で、ケーズデンキが1位だったのに対し、ヤマダ電機は14社中の最下位とされたそうです。ケーズデンキは、ただ記事のコピーを配布しただけで、記事の内容を改ざんしたものではないようです。ヤマダ電機も他店より屋高い場合には、安くしますなんてこともやっているので、他店を意識した販売をしていて、自分が不利だと、訴訟を起こすなんて、迷惑な感じがします。ヤマダ電機の分が悪いと思います。ケーズデンキが雑誌記事のコピーを配布して、ヤマダ電機の営業を妨害したとしています。何でケーズデンキが訴訟を起こされるかなと思いますが、本来ならば、記事を掲載した出版社の方と記事の公平性について話すべきだと思います。ケーズデンキは21日の第1回口頭弁論で「記事コピーの配布は問題ないと考えている」と、全面的に争う姿勢を示しました。ヤマダ電機は5500万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こしています。

PR
NHKのニュースで報道されないニュース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sdjk276
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdjk276/index1_0.rdf