アダルトチルドレンを克服した実例ってある?

June 27 [Mon], 2016, 18:38
アダルトチルドレン(日本では、横川和夫さん著の「仮面の家」がきっかけで広く知られるようになったそうです)をカウンセリングによって克服した人は結構いるかもしれませんね。例えば、自分に自信が持てず、生きていくのがつらくて仕方がなかったと言うある女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)が、自分がアダルトチルドレン(子供っぽい性格の大人を指すわけではないのですが、そう誤解されることもよくあるようです)であることを知り、カウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)を受けることに。カウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)を受けて、数ヵ月経ったころから、あなたの考えを大切に出来るようになったり、嫌な事でも人と話をあわせることが出来るようになるなどといった変化が表れてきました。そして、なによりも、気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)が明るくなり、夫との人間関係がよくなってきたと呼ねれているんです。これは、カウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)により、自分らしく生きる練習をすることで、子どものころから抑圧してきた自分を解放した結果、こういう改善が見られましたよ。また、知られているのが、女優の東ちづるのアダルトチルドレン。アルコール依存症(性格や本人の意志の強さなどに関わりなく、誰でもなる可能性があるそうです)の父親に育てられた東ちづるさんは、ずっと生きづらさを抱えながら仕事をしてきたある日、自分がアダルトチルドレン(日本では、横川和夫さん著の「仮面の家」がきっかけで広く知られるようになったそうです)であることを認識(その時によって変化することも少なくありません)。カウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)受ける事で克服しました。そのときの苦しみや治療法、克服までに至った経緯などは、体験本が出されているので、興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)のある人は読んでみると良いでしょうね。一方、元アダルトチルドレン(子供っぽい性格の大人を指すわけではないのですが、そう誤解されることもよくあるようです)だった人がブログ(有名人のブログが特に人気ですよね)などを開き、現在アダルトチルドレン(斎藤学さんや西尾和美さんの著書が有名でしょう)で苦しんでいる人たちのために、さまざまなアドバイスや事例の紹介、激励などをしていたりします。ネットで調べると結構出てくるので、参考にしたらいいですよ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:志歩
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdinae5riaynf1/index1_0.rdf