古代中国のぜいたく品の一つとして

March 12 [Tue], 2013, 16:29
徐朝中国工芸美術マスター、国家級無形文化遺産龍泉磁燃やし芸伝承者。1943年生まれの浙江竜泉、13歳入門李老芸人学芸、仕事は龍泉瓷厂アンティークグループ、龍泉磁の回復と研究に従事する。徐朝制の磁器は厳格で、上手に研究して、50長年勤耕執筆、形成こくがある、優雅で洗練された芸術スタイル。彼の代表作『33頭雲鳳グループ食器』、『65センチ哥弟混合のボトル』、『66センチ万邦栄えめでたい瓶』など、中国美術館、北京の人民大会堂、アメリカホワイトハウスなどにも収蔵が彼の作品。2006年徐朝は中国美術学院美術館で開催した「徐朝50週年個人回顧展」。

徐凌徐朝の子、1973年生まれ、浙江省の最も若い工芸美術マスター。徐凌父の影響で、小さいときから熱愛磁芸術1993年卒業浙江省二ャ業デザイン学校(現中国美術学院の職業の技術学院)のデザイン科、外資企業で仕事を辞めて勉強3年後親磁芸。2003年から2004年徐凌日本へ熊本県天草郡慈永陶芸研究所研究会。父と比べ、徐凌の作品の中に多くの近代的な要素、革新性が強い。彼の作品はしばしば中外コンクールで受賞し、獲人民大会堂などで収蔵。

「宋瓷の冠」といわれる汝瓷色は々とし滋、釉汁肥潤瑩亮は、歴代の称賛される。殘念ながら代表その最高レベルの磁器アズレ釉、戦乱を停止800年まで、工芸美術マスター朱文立を回復する。繊細で美しい磁器と南方に比べ、北方の最も有名なも最大の窯係磁気州窯主要生産民間生活用具、その雪と墨のセラミック用具は素晴らしい芸術品とともに、民俗風俗の作用を記載。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sdgvb1988/index1_0.rdf