このエストロゲンという女性精力剤ホルモンは、ときには女性精力剤特有の病気の原因になる場合もあります

December 03 [Wed], 2014, 18:32

 エストロゲンは、乳房をふくよかにする効果がありますが、それと同時に乳がんを誘発することがあるのです。初潮が早かったり出産経験がない人の乳がん発症率は若干高くなるという統計もあります。このエストロゲンという女性精力剤ホルモンは、ときには女性精力剤特有の病気の原因になる場合もあります。乳がんと子宮がんです。
大豆イソフラボンは、主にエストロゲンはザクロに含まれているといわれていますが、その効果が強すぎるために乳がんの誘発につながることがあります。そこで注目されるのが植物性精力剤エストロゲンです。
植物性精力剤エストロゲンとは主に大豆イソフラボンの事をさしますが、最近ではプエラリアと呼ばれるマメ科クズ属の植物から抽出されるデオキシミロエステロールとミロエステロールとが注目されています。ミロエステロールは大豆イソフラボンの100倍の、デオキシミロエステロールはミロエステロールの10倍のエストロゲンの活性精力剤作用があります。しかしデオキシミロエステロールとミロエステロールも、強力な女性精力剤ホルモン活性三體牛鞭物質の存在による内分泌撹乱作用を起こす危険性精力剤があります。
同じく植物性精力剤エストロゲンである大豆イソフラボンですが、こちらは比較的に緩やかにエストロゲンに作用するため、デオキシミロエステロールとミロエステロールとは違い、逆に子宮がんや乳がんの誘発を防ぎ、エストロゲンの良い部分だけを引き出すといわれています....
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdgrhtrhtr/index1_0.rdf