iPhone6をケースに装着したまま各種ボタン操作、充電やイヤホンの使用、カメラ撮影が可能で

January 01 [Fri], 2016, 10:24
Apple Watch発売、シャープ赤字、Netflix上陸……上半期10大ビジネスニュース
Apple Watch発売、シャープ赤字、Netflix上陸……上半期10大ビジネスニュース(写真=Getty Images)
 為替、株式投資について見てきた上半期の10大ニュース。今度は広くビジネス関連の出来事を振り返ってみる。
iPhone6sケース シャネル風新製品の発売など前向きなニュースがある一方、一部の企業や産業にとっては厳しい時期だったこともうかがえる。

■10位 Pepper発売、将来のロボット事業拡大への第一歩

 ソフトバンクロボティクスの感情認識人型ロボットPepper(ペッパー)が6月、発売された。
グッチ iPhone6ケースソフトウエアで人工的に作られた自身の感情を持ち合わせており、人間の悲しみや怒り、喜びなどもの感情をさまざまなセンサーやカメラを通して読み取ることができる。

 本体価格は19万8000円(税別)、クラウド上の機能を利用するための「基本プラン」や修理サービスを提供する「保険パック」を含めた3年間の契約料金合計は100万円以上になる。
シャネルiphone6sケース

 これらを元に試算すると、3年での売上は合計約39億円になる。ソフトバンクがPepperの開発元であるフランスAldebaran Robotics社に出資した金額は1億ドルと言われているので、投下資金の回収にはまだ時間がかかる。
6Plusケースルイヴィトン

 人型ロボットの利点や将来性、ビジネスの可能性ついて懐疑的な声が多いが、ソフトバンクは長期的展望に立っており、すでに中国のアリババや台湾のフォクスコンの出資を受けることで合意している。ロボット事業を世界に拡大することを視野に入れており、Pepperを計画実現のための第一歩と位置付けている。
シャネルiphone6 ケース

■9位「Apple Watch」4月に発売 期待ほど売れず

 Apple Watch(アップル・ウオッチ)が4月、発売された。Appleファンには熱烈に歓迎されたものの、販売数量は当初の計画よりも下回っているらしい。
シャネルiphone6s plusケースAppleティム・クックCEOは「iPhoneも初めは大成功とは言われなかったが、その後の大ヒットは誰もが知っている通りだ」と語っているが、アップル・ウォッチも現時点では大成功とは言い難い。

 機能の多くをiPhoneに依存しておりり、現状では通知やメッセージなど機能が限られているためほとんどのiPhoneユーザーにはそれ以上の大きなメリットがないことが、その理由として挙げられている。
6Plusケースシャネル

 可能性を秘めたデバイスであることは間違いないが、現状ではまだまだ発展途上だ。だがiPhoneがそうであったように、今後サードパーティ製のネイティブアプリ(アップル・ウォッチ上で完全に動作する)が充実し新たな使い方のアイデアが生まれ、新たな顧客層を獲得できる可能性はある。
6Plusケースシャネル

■8位 シャープの赤字転落、経営再建なるか?

 経営再建中のシャープが通期で再び最終赤字に転落した。昨年10月に発表した2015年3月期の決算見通しは、売上高2兆9000億円(前期比1%減)、営業利益1000億円(同8%減)、当期純利益300億円(同2.6倍)だったが、一転して300億円の最終赤字に転落。
iPhone6 シャネル営業利益は前期比54%減の500億円と従来予想の半分だ。2期連続の営業赤字、営業キャッシュフローも赤字が常態化している。
6Plusケースシャネル製品の価格競争力が著しく低下しているといえる。

 シャープはスマートフォンやタブレット端末向けの中小型液晶パネルで先行し、米Appleや中国の新興メーカー向けの供給はシャープの独壇場だったが、競合メーカーのキャッチアップと中国スマートフォンメーカーのシャオミとの取引で価格交渉力が低下、採算が悪化した。
iPhone6ケース香水風
企業スマホにもマルウェア対策――LookoutとCTCが提供へ
iOSマルウェア「XcodeGhost」の影響を受けたアプリを検知した様子
 モバイルセキュリティ企業の米Lookoutと伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月6日、Lookoutの企業向けセキュリティ製品「Lookout Mobile Threat Protection」の国内提供を開始した。AndroidおよびiOS端末に対応したマルウェア対策を可能にする。
グッチマフラー

【その他の画像】

 Lookout Mobile Threat Protectionは、端末における不正アプリや高リスクアプリの検出/駆除、root化およびJailbreak端末の検出、サイドローティング(非公式アプリストア以外からのアプリインストール)の検出などの機能を搭載する。クラウドベースの管理者コンソールも提供し、端末ごとの保護や脅威の状態をGUIで把握できるほか、MDM(モバイル端末管理)ツールと一元的に運用できる特徴を持つ。
グッチマフラー

 米国で7月にリリースされ、9月から欧州主要国でも発売。国内ではCTCが日本語版の開発で協力し、今後3年間で200社への導入を見込む。
シャネルiphone6 ケース同社ではMDM・MAM(モバイル端末・アプリ管理)の「deviceSAFE」や、クラウド対応の統合ID管理ツール「Centrify」と組み合わせたモバイルセキュリティソリューションとして展開していく。

 Lookoutは、Android/iOS対応のセキュリティアプリを190カ国で提供し、コンシューマーを中心に7300万ユーザーを持つ。
シャネル iphone6sケース2013年に日本法人「ルックアウト・ジャパン」を設立しており、2014年にはKDDIとの協業もスタートさせた。

 企業や組織ではここ数年間にスマートフォンやタブレット端末の導入が広がり、端末の管理や盗難・紛失による情報漏えい対策などを目的に、MDMを利用するケースが一般的になった。
エルメスiPhone 6s plusケースただ、採用OSではiOSのiPhoneやiPadが多いことから、マルウェア対策の必要性はあまり意識されてこなかった。

 記者会見したCTC取締役 専務執行役員の松澤政章氏は、「MDM・MAMとID管理に待望のマルウェア対策を加えることで包括的なモバイルセキュリティが実現できた。
iPhone 6 plusケース本音では9月中にもこの取り組みを発表したかった」と述べた。

 モバイルマルウェアのリスクは、Androidでは常態化しているが、9月には中国でマルウェア機能を持つ大量のiOSアプリがApp Store上に公開される「XcodeGhost問題」が発覚。
グッチ iPhone6 ケースこれまでマルウェアとはほぼ無縁だとみられてきたiOSでも本格的にリスクが顕在化したことで、注目を集めている。AndroidでもOSに起因する深刻度の高い脆弱性が相次いで発覚し、これを悪用する高度なマルウェアのリスクが高まっている。
ルイヴィトンiphone7ケース

企業のモバイル管理に最適化

飽きのこないレザーのシックなiphone6ケースです。ディスプレイ側にもカバーがあるので落としても大丈夫です。

とってもシンプルでスッキリしたデザインだから大人気の商品です。


レザーのシックなiphone6ケース


シャネルiPhone6 plus革ケース 手帳型


大画面を守るフタにはカード収納を搭載。

各種スイッチの操作性も良好。

スムーズな開閉のマグネット式フリップ

ケースを装着したまま、充電やイヤホンの使用が可能です。

カメラの使用も装着したまま可能です。


SAMSUNG GALAXY S5カバー


ベルトには開閉がスムーズなマグネットフリップを採用しています。

ストラップは取り外すことができます。



iPhone6をケースに装着したまま各種ボタン操作、充電やイヤホンの使用、カメラ撮影が可能です。




 Lookoutのジム・ドルチェCEOによると、Lookout Mobile Threat Protectionは既に従業員5000人以上の企業を中心に約50社が導入した。米国では従業員の個人端末を業務に利用するBYODが広く導入されており、様々な個人端末を通じてマルウェアが企業システムに影響を与える恐れがあることから、

マルチOSに対応したマルウェア対策ニーズが高まっているという。
iPhone6ケース シャネル風

 企業のマルウェア対策はPCベースで講じられてきたが、「約1500万のモバイルアプリの情報を保有しており、毎日3万のアプリ情報が追加されている。PCやサーバが中心のマルウェア対策ではモバイルの保護は難しい」(ドルチェ氏)と語る。
iPhone6ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sgsete
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdghsdv/index1_0.rdf