しかし遺伝となると、お薬を使わざるを得ない場合が多くあります

December 08 [Mon], 2014, 13:03

高血圧の遺伝子が解明されつつあるそうです。
決して、一つの遺伝子ではなく、数十個もあるそうです。
臨床医は、そうした遺伝子の存在を、何となく肌で感じています。

一方、メタボリック症候群に代表される、明らかに誤った生活習慣に
起因すると考えられる高血圧患者さんが大半です。

塩分の過剰摂取による高血圧も大変有名です。
不養生が原因なら、生活習慣の徹底的な見直しで改善します。
しかし遺伝となると、お薬を使わざるを得ない場合が多くあります。

食塩を多量に摂取する嗜好や、大食いする嗜好ももしかしたら、
「遺伝」かもしれません。
一方、食塩に対する感受性にも、かなり個人差があります。

「遺伝」という先天的要因と、「不養生」という後天的要因を明確に
区別することは、現実には難しいかもしれません。
両者が複雑に混じり合っているのが現実だと思います。

しかし、日々の診療の中で、両者を大体ですが区別しながら、一方、
2次性高血圧の可能性も頭の片隅に置きながら診ています。
「高い血圧」を眼の前にして、毎日、こんなことを考えています。

精力剤999
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sdgfdnhtfrt
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdgfdnhtfrt/index1_0.rdf