実は子持ちの男性は心臓病リスクが低いことが明らかに

May 26 [Mon], 2014, 17:15
シアリスシアリス


厚生労働省の人口動態統計によると、心臓病は日本人にとって、ガンにつぐ第2位の死因です。(※1)

男女ともに気を付けたい心臓病ですが、実は子どものいる男性は、そうでない男性よりも心臓病のリスクが低いという研究結果が、イギリスのニュースサイト『Mail Online』で紹介されています。(※2)

 

13万5,000人の男性を10年間調査した結果、子どものいない男性は子どものいる男性よりも心臓病で死ぬリスクが高いことが分かりました。

米国の研究者らによると、男性の不妊症が心臓病に関係しているかもしれないとのこと。このことについて、スタンフォード大学のマイケル・アイゼンバーグ博士は、

「男性の不妊症は、その人の老後の健康を示すものかもしれません」

と健康への危険についてコメントしています。

不妊症の男性はある種のガンのリスクも高いため、アイゼンバーグ博士の研究チームは不妊症がガン以外の老後の病気と関係していないかどうか調査に乗り出したのです。

研究者らは、50歳以上の退職した男性13万人以上を10年間にわたって調査しました。子どもを持つ機会のある男性の調査を企図して、被験者は結婚しているか、もしくは過去に結婚していたという人に限定しました。

また、心臓病にかかったことのある男性も除外しました。つまり調査開始の時点では、被験者は比較的健康だったのです。

調査の結果、子どものいない被験者は子どものいる被験者よりも、17%心臓病のリスクが高いことが分かりました。

アイゼンバーグ博士によると、子どものいない被験者は、単に子どもが欲しくなかったり、配偶者が不妊症だったりした可能性もあるとのこと。

ただ、未婚の男性は除外しているので、男性が不妊症であったとみることはできます。

研究者らは、子どものいないことが心臓病を引き起こすわけではないとしたうえで、今後さらに研究を重ねることで、男性の不妊と老後の健康との関係が解明されれば、心臓病の早期発見にもつながりうるという点を強調しています。

 

いかがでしたか? 子どものいる男性はそうでない男性よりも心臓病のリスクが低いというのは、パパにとって朗報ですね。

だからといって、「心臓病リスクが……」なんて考えながら子作りするわけにはいきませんが、マメ知識として頭の片隅に置いておくといいかもしれませんよ。

 

【参考】

※1.厚生労働省:平成22年(2010)人口動態統計の年間推計

※2.Infertility: Having children rシアリス 通販uces a man’s risk of heart disease by 20% | Mail Online

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sdgfdhdhngftrj
読者になる
2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sdgfdhdhngftrj/index1_0.rdf