え!こんな簡単に?料理自慢ができるイイ女の称号ゲットをする方法

June 17 [Tue], 2014, 18:08

男性が女性に対し「結婚するなら最低限満たしてほしい条件」によくあげられるのが、“価値観が同じ”、“優しい”、“料理ができる”などということ。
結婚相手として見てもらうためには、生まれもっての性質や、生活習慣もかかわってくるようですが、料理は唯一、人に教えてもらったり練習を重ねることによって、レベルアップできそうですよね。

男は胃袋を掴め、と昔から言いますが、美味しい料理を作ってくれる女性との離れがたさは、中毒的ですらありそうです。

■ ところが世間にはメシマズ嫁といういきものが……

数年前から、ネット上ではたびたび“メシマズ嫁”と言う言葉が飛び交っています。単純な料理ベタから、センスが無いのに懲りすぎてオリジナルアレンジで不味くしてしまう嫁まで……。

特にネット上で男性陣から問題視されているのが、このにっくき“オリジナルアレンジ”。多少手抜きでも、レシピ通りにシンプル作った料理と買ってきたお惣菜をセンス良く出してくれれば、食べられないものなんてないはずなのに!と、頭を悩ませる男性陣が多いようです。

■ 料理本よりリアルな簡単料理を教えて欲しい

男の人って、意外に“子供舌”の方も多いですよね。好きな料理ランキングにはカレーやハンバーグやポテトサラダが上位に上がってきたり、パクチーなどの慣れない香辛料が苦手だったり……。

庶民的な家庭生活で役に立つのは、お料理本の凝った料理ではなく、“隣の晩御飯”。でも、このご時勢にまさか突撃するわけにもいかず……。

ネット上にはレシピサイトもありますが、「これにこれを加えたらどうかなぁ」など、友達同士のように気軽に質問ができたら、基礎料理力が無いものとしてはもっと助かるのですが……。

例えば、スマートフォン向けコミュニティ&ゲーム『Ameba』にて展開する、手作り料理に特化したコミュニティサービス「ペコリ」。手作り料理の写真を、より美味しそうに見せるフィルター加工を使って、日々の手料理を簡単に記録することができる上、投稿写真を他の利用者と共有し合って料理の参考にできるほか、利用者同士が料理に関する情報交換することができる掲示板機能があるサービスです。まさに、ヴァーチャル“隣の晩御飯”ですね…。

■ あなたの婚活履歴書に手作り料理受賞歴を

 

「ペコリ」では、2013年9月6日(金)より、手作り料理写真コンテスト「みんなのペコフェス!」も、開催中です。

9月6日(金)より第1弾「朝はパン!アレンジトースト」、9月27日(金)より第2弾「リメイクシチュー(仮)」についてのレシピ付き写真を募集。

投稿者の中から、第1弾は「おひさまキッチン全11種類の飛び出すギフトボックス」、第2弾は「スパイス&ハーブ詰め合わせセット」を、それぞれ抽選で30名にプレゼントされるとのこと。
お題があるとクリエイター魂に火がついてしまいそうですね! 婚活のために自分磨きをして「××資格2級持ってます」など、男性にいまいち刺さらない資格をアピールするより、「最近うれしかったのは、手作り料理写真コンテストで入賞したことです」とさりげなくアピールするほうが、好印象になる確率が高そうです。

就職活動で履歴書に受賞歴を書くことはよくありますが、婚活履歴書に、お料理の受賞歴を加えてみるのもよいかも知れません。

いかがでしたか? 最近では、様々な大学などで、インターネット上でスキルアップする講座などが開かれていて、サイバーキャンパスなども話題ですが、ただレシピ検索をするだけでなく、コミュニケーションまでとれるなんて、まさに“サイバー隣の晩御飯”。
インターネットをゲーム感覚で楽しみながら、家庭でリアルに役立つ簡単料理のスペックを増やして、男性の胃袋をがっちりつかみたいですね!

シアリス 通販
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sdgdfjytkjk/index1_0.rdf