br 血管を拡張し、詰まりを改善することで、狭心症の治療が行える、と予想されていました

January 06 [Tue], 2015, 15:08

狭心症の薬が
バイアグラとレビトラは、どちらも優れたED治療薬です。
中でもとりわけ、バイアグラについては、開発に至った面白い経緯があります。
もともと、バイアグラが何を治療するための薬であったか、ご存知でしょうか?
実は、最初からEDの治療のため、という名目で研究・開発されてきたわけではなかったのです。
バイアグラのもともとの目的は、実は狭心症の治療薬。
狭心症とは、心臓に血液を供給する動脈が硬化したり、痙縮などして、機能不全に陥り、血液の循環が上手くいかなくなるという恐ろしい病気です。
狭心症が進むと、心筋梗塞を起こす可能性が高まります。
血管が詰まってしまい、心臓が壊死してしまうのです。
当然、心臓が壊死すれば、全身への血液供給が止まり、死に至ります。
この狭心症を治療するために、ゴールドバイアグラ、その有効成分であるシルデナフィルは研究されていました。
血管を拡張し、詰まりを改善することで、狭心症の治療が行える、と予想されていました。
しかし、臨床試験において、狭心症への治療効果は思いの外、奮いませんでした。
研究は失敗に終わったのです。
そこで、臨床試験の対象者に、余剰のシルデナフィル錠剤を返却するよう求めたところ、男性の被験者が返却を渋りました。
それは何故か。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sdgdfgdfhrth
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdgdfgdfhrth/index1_0.rdf