EW 2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL / GROUP D ウルグアイ 2-1 イングランド

July 16 [Wed], 2014, 12:56
EW
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL / GROUP D
ウルグアイ 2-1 イングランド

 初戦を落としてしまったことで、イングランド、ウルグアイともに何としても勝ち点3を獲得する必要があった一戦。勝利を収めるためには、ゴールを奪わなければならない。グッチ iPhone ケースそこで注目すべきが、前線の構成だ。

 イングランドはCFにスタリッジ、2列目にスターリング、ルーニー、ウェルベックと前節イタリア戦と同じメンバーが名を連ねたが、ルーニーが左サイドからトップ下へとポジションを移していた。iphone ケース ブランドチャンスメイクはもちろん、ゴールに近い位置でプレーさせることによって得点チャンスを増やしたい意向があったと思われる。

 一方のウルグアイはトップ下にロデイロが入り、前線には大会直前に左膝の手術を受けたスアレスが満を持して登場、カバーニと2トップを組んだ。iPhone 5c ケースコピーそして両チームのエースが、数々の見せ場を作ることとなる。

 開始わずか4分、スアレスが左サイドをドリブル突破してCKを獲得し、そのキッカーも務めた。iphone 4G カバーこの時の動きや鋭いキックは、手術から数週間しか経っていないとは思えないほどキレのあるものだった。その後も前線からのチェックなどエネルギッシュなプレーを続けると、39分にはカバーニが左サイドから上げたクロスを頭で押し込み、ウルグアイに先制点をもたらす。ルイヴィトン携帯ケース相手の死角となるエリアにスルスルと入り込む巧みな動きは、プレミアリーグでマッチアップし、特徴を把握しているはずのイングランドDF陣でも対応できなかった。

 一方のルーニーも、10分に惜しいFKを放つと、31分にはジェラードのFKからポスト直撃のヘディングシュートを打ち、41分にはスタリッジにスルーパスを通すなど、何度も敵ゴールを脅かした。iphone シリコンケース後半に入り、54分には左からのクロスにフリーで合わせたが、これはGKムスレラが好セーブ。W杯出場10試合目ながらいまだノーゴールという事実が重くのしかかっているかと思われた。iPhone 5 ケースコピーしかし75分、グレン・ジョンソンのクロスを押し込んで、ついに初ゴールを奪取。エースの一撃で同点に追いついたイングランドが一気呵成に攻め立てたが、最後に見せ場を作ったのはプレミア得点王の方だった。iPhone5s ケースシャネル

 85分、ムスレラのパントキックがカバーニと競り合ったイングランド選手の頭に当たって流れると、いち早く反応したスアレスが強烈なシュートを叩き込み、これが決勝点に。トップスピードで走りながらトラップでボールの勢いを殺し、力強く踏み込みながらジャストミートさせるという一連の動きは、手術した左膝が万全でなければ実現できなかったはずだ。iPhone4s一時はW杯出場を危ぶむ声もあったが、執刀医のルイス・フランチェスコリ医師(あのエンツォ・フランチェスコリの兄弟だ)は、今なら声を大にしてこう言えるだろう。「手術は大成功だった」と。ルイヴィトン携帯ケース

(文/池田敏明)

写真を拡大 写真を拡大
『ラピュタ』『時かけ』の美術監督による貴重なトーク! 「山本二三展」が福岡アジア美術館で開催
「山本二三展」の様子。
 6月15日、福岡アジア美術館にて開催中の「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」に、アニメーション美術監督の山本二三さんが来館した。エルメス携帯ケース『天空の城ラピュタ』や『時をかける少女』の美術監督として知られる山本二三さん。この「山本二三展」は2011年に神戸で初開催され、2012年から全国への巡回を開始した。ケース 人気昨年は長崎などで開催されている。

 山本さんは長崎県・五島の出身で、7月から放送開始のアニメ『ばらかもん』が五島を舞台としていることもあり、同作のキービジュアルを描いている。シャネル 携帯ケースなお今回、『ばらかもん』のキービジュアルの展示はなく、こちらは次回以降の展示になりそうだ。福岡だけの展示としては、北九州の門司港駅を背景に『ペリーヌ物語』を起用した盲導犬普及支援ポスターの原画がある。iphone ケース ブランド

 山本さんが福岡アジア美術館に来館するのは初日5月31日のギャラリートーク&サイン会、6月1日のデモンストレーション以来である。今回のギャラリートーク&サイン会の時間は、ワールドカップの日本×コートジボワール戦の時間と重なった。ipad2 ケースそのことから、来客に気遣いを見せつつも「僕も見たかった」と笑いを誘っていた。

 トークは約200点の展示の中から『天空の城ラピュタ』『火垂るの墓』『時をかける少女』『もののけ姫』『希望の木』についてなされた。シャネルiPhone 5s ケース『天空の城ラピュタ』については、ラピュタに到着後のシーンでは、ラピュタから見下ろして見える青は空ではなく海である、と宮崎駿監督から指示され、それを念頭に置いて描いた話など、『火垂るの墓』では、煙がなかなか描けないところで、高畑勲監督から詩を読むように薦められ、黒田三郎さんの詩集『小さなユリと』を読んだら描けるようになった話などを披露。

 また『時をかける少女』については、細田守監督からキービジュアルで主人公・真琴の立ち位置が左寄りと聞いていたのに描き上げた後に中央になったことで、その箇所をそこまで細かく描き込みしてなかったことを指摘された話に、『もののけ姫』については、ロケで訪れた屋久島の縄文杉が往復で8時間かかった話や、音響のないシーンでは絵に注目が行ってしまい、アラが目立つのではないかと心配したといったエピソードが飛び出した。ipad2 ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdfwetstew/index1_0.rdf