のコラムでは伊豆シャボテン公園にて、7月19日(土)か

June 30 [Mon], 2014, 15:53
のコラムでは伊豆シャボテン公園にて、7月19日(土)から9月7日(日)まで、新施設「カピバラ虹の広場」オープン記念イベントを開催する。

【写真を見る】なぜか寝そべりながら木の棒をくわえるカピバラ

「カピバラ虹の広場」は、カピバラの生態や不思議など、様々な角度からカピバラについて学べる広場。ガガミラノ 時計 レディース園内にある古代遺跡ロックガーデンの先に位置し、設置された「カピバラの噴水」は当園にしかないオリジナルの噴水で、夏には子供達がカピバラと一緒に水遊びをすることができる。冬にはストーブを設置し、カピバラと一緒に温かく過ごすことも走行ペースや心拍数を教えてくれるランニングウォッチの進化がすごいことになっている。グッチiPhone 5 携帯ケースこのジャンルをリードするGarminの最新モデル『ForeAthlete 620J』は、ついにVO2max(最大酸素摂取量)までもシミュレート測定できるようになった。

[関連写真]

さらに、軽量コンパクトなボディにカラータッチディスプレイ、Bluetooth、Wi-Fiまでも搭載。iPhone 5sケースデザインも従来モデルから一新され、見た瞬間に「欲しい」と思わせるほどにスタイリッシュなフォルムへと一新された。


◆最大酸素摂取量が分かれば客観的に自分の体力を把握できる

VO2maxは日本語での名称である「最大酸素摂取量」そのままの意味で、運動中に体内に取り込むことができる酸素の最大量のこと。ルイヴィトンiPhone 5c運動の中でも有酸素運動は、空気中の酸素を取り込むことによって糖質や脂肪を燃焼させて、エネルギーに変える。したがって、取り込める酸素の量が多いほど、運動する能力が高いということになるのだ。携帯ケース コピー

要するに、VO2maxは体力のうち全身持久力を示す数値。当然ながらランニングではVO2maxが高いほどハイペースで長距離を走れる。グッチ iPhone ケース一流のランナーが高地トレーニングを行うことはよく知られているが、高地トレーニングこそ、VO2maxを効果的に高めることなのだ。

趣味や健康のために走る市民ランナーでも、自分のVO2maxがどれくらいなのかを知ることでより効果的なトレーニングができるし、自分の体力がどのくらいなのか、客観的な数値で知ることができる。携帯ケース コピー本来、VO2maxを知るにはトレッドミル(ランニングマシン)で体力の限界まで走行しながら呼気ガスを分析するという大掛かりな測定が必要だ。

ところが、GarminのランニングウォッチForeAthlete 620Jは簡単にVO2maxを測定することができる。iphone 4G ケースランニングウォッチの進化もここまできた、と感じずに入られない。


◆軽量でスタイリッシュなボディに多機能を詰め込む

VO2maxの測定についてはのちほど詳述するとして、ForeAthlete 620Jのアウトラインから順に紹介していこう。ルイヴィトン携帯ケース本機はGarminのランニングウォッチの主力モデルだった『ForeAthlete 610』の後継機。Garminはランニングウォッチに頻繁に改良モデルを投入してきたが、本機は単なる改良モデルというより、フルモデルチェンジといった方がいい。グッチ iPhone5s ケースその機能、性能はランニングウォッチの常識を覆してしまうほどインパクトのあるものとなっている。

まず外観は、エントリーモデルの『ForeAthlete 220J』と可能だ。シャネル iphone 5Cケース

また、カピバラとのふれあい、ワークショップ、カピバラのエサあげやハンズオンなど様々な体験もできる。広場内には、カピバラ以外の動物も放し飼いにする予定で、アルダブラゾウガメや七面鳥などがカピバラと共生することになる。iPhone 5 ケースコピー

今回のイベントでは、長崎県にある動植物園の長崎バイオパークとのコラボ企画「カピバラの早食い対決」、人気キャラクター「カピバラさん」キャンペーン、陶器のカピバラに絵が書ける「カピバラ工房」や、顔にカピバラのペイントを行いフェイスペイ ントした写真を撮って専用サイトに応募することでカピバラのモザイクアートに参加することができる「カピバラフェイスペイント&モザイクアート」など様々なイベントやキャンペーンを行う。また、れすとらんギボン亭では「限定カピバラランチ」を提供する。グッチ iPhone5s ケース【、日銀や国債に関することを中心に金融市場に係わるトピックスを中心に解説します。

この記事は有料です。シャネルiPhone 5s ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdfwetset/index1_0.rdf