頭皮を綺麗にして抜け毛対策&ホウセンカで白髪染め

September 21 [Fri], 2012, 18:00
シャンプーをする事によりどうしても髪の毛が抜けてしまう。

このようにりゆうにより、出来るだけシャンプーを避けようとする方がいらっしゃいます。

けれど、毛髪の抜け毛を防ぎ予防をするためには、まず頭皮を洗浄し清潔に保つ事が必要不可欠であり、そもそもシャンプーをする事によって抜ける髪の毛は、どうであろうとも近いうちに抜け去ってしまいますよ。

髪の毛を洗う、つまりは頭皮を洗うという事は抜け毛対策になりうるのです。

常々おこなうシャンプーではあるそうですが、特に頭皮が脂性やフケ性の方は1日おきにするようにしましょう。

また、乾燥しやすい頭皮である方は、1週間に2、3回程度だけするようにしましょう。

何故かと言うと、シャンプーの使う事により、毛髪がさらなる乾燥を引き起こしてしまうからです。

髪の毛は乾燥すると、ダメージをうけてしまい抜け毛へとつづいていってしまいますよ。

正しいやり方でシャンプーをし、必ず二度洗いをする事は、抜け毛対策の一貫としてとっても大切なので、知識として身につける以外にもすぐ実行に移すようにしましょう。

1、ブラッシングを髪の毛を洗う前に丁寧に行ないます。

2、丁寧に時間をかけてお湯で洗います。

実は、汚れの多くはシャンプーを利用する事なくお湯だけでも落ちます。

シャンプーは整髪料や脂分の汚れを取り除くために活用します。

3、五百円玉くらいの大きさの量のシャンプーを、髪全身体に染み込ませ、指の腹で洗います。

1回目のシャンプーでは揉み洗いを心がけましょう。

4、2回目のシャンプーも1回目と同量くらいにし、頭皮全身体をしっかりマッサージしながら洗髪します。

5、シャンプー後のすすぎを、洗い過ぎだとよばれる程丁寧に丁寧におこないます。

1回目より2回目のすすぎの方が大変大事です。

6、毛髪を守るためにリンスを活用しますが、頭皮洗いはなるべく避け、シャンプーと同様でリンスものこさずすべて洗い落とします。


豊染花


豊染花(ほうせんか)は、ムース状の染料を髪に塗って光に当てるだけで白髪を染める感光性の白髪染めです。

豊染花は、従来の乳液状の染料とは異なり、容器から出てくるのは泡状のムース。

伸ばしやすいのにたれにくいので、短時間で色ムラなくさっと染める事が出来ます。

塗った後は夜まで洗い流す必要はナシ。太陽光や蛍光灯の光を浴びるだけで、自然とダークブラウン色に染まっていきます。



銀イオンで自然・長もち



豊染花には、ムースの中に銀イオンという感光性物質が配合されています。

銀イオンは光を浴びる事で金属銀微粒子に変化。髪にしっかり吸着し、徐々にナチュラルなダークブラウンに染まります。

市販の白髪染めと異なって、髪の内部まで染料を染みこませないので、髪や地肌への負担も少なく、髪を傷める心配も有りません。

銀イオンの優れた吸着力が髪にしっかりフィットするので、シャンプーを繰り返しても色落ちせず、染毛効き目が長時間持続します。

ボリュームアップも実現

豊染花には、銀イオンのほかに、髪をいたわる安心の天然成分を配合しています。

豊染花を塗ると、保護成分である『ヒドロキシプロピルキトサン』が髪に皮膜を形成。傷んだ髪をキューティクルごと保護し、ふんわりとしたボリュームを実現します。

おまけに、ユズセラミドや加水分解ケラチン、アミノ酸フィトステロールなど、髪に栄養を与える各種成分をたっぷり配合。

ダメージヘアをいたわり、使うほどになめらかで指度通りの良い髪へと変えてくれます。



豊染花の口コミ


(40〜49歳/女の人)

これまでの光で染まる白髪染めはクリームタイプのものが多く、ロングヘアだと中々均一に塗るのが難しかったり、クリームが乾くまで時間がかかったりするところが気になっていました。でも豊染花はスタイリング剤のように髪になじませて、ドライヤーで乾かせるので、凄く使いやすいです。スタイリングと同時にできてしまうのも一石二鳥です。



(30〜39歳/婦人)

ドライヤーで乾かしていますが、特にパサつきや髪の傷みは感じません。かぶれや痒みも今のところなく、満足しています。

男性用の白髪染め@黒髪も茶髪も自宅で簡単に染まる

4人に1人が薄毛で悩んでいる

September 21 [Fri], 2012, 17:59
薄毛の人は薄毛を何とかしたいと考えていると思われていますが、今4人に1人の割合、つまり全体の25%以上の人が薄毛に考えているような状態ですので、薄毛対策について迷っていく必要があると思われます。

薄毛がなぜここまで増加してきたのか、その要因を探索する事が薄毛対策になると思われています。

例えば薄毛の原因として、日本人が睡眠時間が遅くなった事や減った事が原因であるともいわれています。

また食ことが日本の和食から、アメリカなどの欧米食へと変化してきた事なども薄毛の原因としても言われています。

薄毛対策をかんがえるケースには、これらの薄毛の要因を変更していく事が必要です。

例えば今まで日本人に薄毛はそれほどいなかったのに、極端にここ数年で増加してきたのは生活習慣の乱れが大きくかかわっていると考えられていますから、自身の生活習慣について見直しをして、体や髪の毛に悪いような生活をしていないかどうか振り返ってみる事が重要です。

そして規則正しい生活や食事のバランスなども思って生活をする事、それが薄毛対策に繋がります。

薄毛対策は人それぞれ異なっているとはおもいますが、早ければ早い方がいいとされていますから、少しでも早く薄毛を対処出来るように、日頃薄毛対策については思っておいた方がいいでしょう。

そうしなければ、手遅れになり対策をとる間もなく薄毛が進行してしまう場合もございます。

日頃気をつける事が、薄毛対策の第一歩になってきます。


育毛剤とは頭皮の状態を安定させて発育を促進するようなものを育毛剤と呼んでいます。

医薬品のものもあれば、医薬部外品のものなどもあり、今日本では多様な育毛剤が発売されています。

育毛剤を使えば育毛するのか、結論を言ってしまうとただ使用している分には何の好影響もないかもしれません。

育毛剤のそもそもの好影響は、頭皮環境を整えてる事や毛髪が生えやすくする、毛髪の成長促進の好影響が有ります。

育毛剤は頭皮環境を整えて、案外の促進や環境を整えるといった事を行ないますし薄毛にならないように抜け毛を防ぐ事になってきます。

ですので、使えば毛が生えてくるような毛生え薬ではないという事です。

育毛剤をチョイスするケースには、色々と種別や成分が商品によって異なっていることにより、それを見てチョイスする事になってきます。

血行促進有効な育毛剤、細胞を活性化させてくれるもの、男子ホルモンを抑える育毛剤、脂肪分泌を抑える育毛剤など、各種の育毛剤があると思われますので、自身の薄毛の原因に合わせてみたり頭皮の環境や状態に合わせて育毛剤をチョイスするのが一番だと思います。

自身の原因に合わせてチョイスする事で育毛剤はより好影響を発揮しますから、それがすんなりと頭皮に浸透して好影響が表れるようになってきます。

育毛剤を使用しただけでは生えてきませんから、勿論生活習慣や、その他色々と気をつけるべき事にも気を配りながらマッサージなども併用して使う事がより好影響を、発揮出来る事に繋がります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つんつん149
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdfw342342342/index1_0.rdf