県は26日、生活に関する各種統計指標について、本県の全国都道府

April 30 [Tue], 2013, 16:23
県は26日、生活に関する各種統計指標について、本県の全国都道府県順位などをまとめた「山形統計ランキング集2013」を公表した世帯当たりの人数や3世代同居率、ボランティア活動を行う人の割合などが全国トップ人口当たりの道交法違反摘発件数は全国で最も少なく、離職や転職に関する数値は全国下位勤勉、堅実な県民性が数字からも読み取れる

 全国1位となった数値は▽一般世帯の平均人数2.94人(2010年)▽3世代同居率21.5%(同)▽中学卒業者の進学率98.8%(同)▽千世帯当たりの自動車所有数2118台(09年)▽ボランティアを行った10歳以上の人の割合35.3%(11年)など

 世帯や住宅に関しては、全国上位の数値が目立ち、▽65歳以上の世帯員のいる世帯の割合52.93%(10年)▽共働き世帯割合36.05%(同)▽住宅の敷地面積403平方メートル(08年、1住宅当たり)はいずれも2位▽理容・美容所の数480カ所(10年、人口10万人当たり)も2位だった

 一方、47都道府県で最も低い数値は▽単独世帯の割合23.17%(10年)▽新規就業率4.2%(07年)▽人口千人当たりの道交法違反摘発件数37.1件(10年)など

 新規就業率について、県統計企画課は「1年前に無職だった人が、どれだけ就職したかを示しており、本県は基本的に離職者が少ないため」と分析実際、離職率は4.1%(07年)、就業異動率は8%(同)でともに45位となっている

 ほかに全国下位の項目は46位が▽納税義務者1人当たりの課税対象所得256万9800円(11年)、総面積1平方キロ当たりの道路実延長1.75キロ(10年)など45位は▽可住地面積100平方キロ当たりの中学校数4.10校(11年)、人口10万人当たりの百貨店・総合スーパー数0.68店(09年)など

 総務省統計局がまとめた「統計で見る都道府県のすがた」から、本県関係の指標を整理した県のホームページから閲覧できるマラヤ大学民主主義・選挙センター(UMCEDEL)が行った調査によると、次期首相に相応しい人物として43%がアンワル・イブラヒム元副首相、39%がナジブ・ラザク首相とそれぞれ回答し、アンワル元副首相がナジブ首相を上回る結果となった

1月の調査と比較すると、ナジブ氏の支持率は4ポイント下降したが、アンワル氏は1ポイント上昇した

マレー系の回答者54%がアンワル氏を支持すると回答し、ナジブ氏の支持は28%と意外にも低い結果となった1月の調査よりアンワル氏の支持率は9ポイント上昇し、ナジブ氏は18ポイントも下降した

今回が初めての投票となる有権者は48%がアンワル氏を支持し、ナジブ氏を支持するとの回答は25%となった▽理容・美容所の数480カ所(10年、人口10万人当たり)も2位だったグッチ iPhone ケース▽理容・美容所の数480カ所(10年、人口10万人当たり)も2位だったティファニー tiffany リング▽理容・美容所の数480カ所(10年、人口10万人当たり)も2位だったティファニー リング コピー▽理容・美容所の数480カ所(10年、人口10万人当たり)も2位だったiPhone 5 ケースコピー▽理容・美容所の数480カ所(10年、人口10万人当たり)も2位だったiPhone 5 ケースコピー▽理容・美容所の数480カ所(10年、人口10万人当たり)も2位だったティファニー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdfowe68/index1_0.rdf