独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は24日

July 25 [Fri], 2014, 22:23
独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は24日、スマートフォン、タブレットデバイスの充電用コネクタによる事故が2009年度から2013年度までの5年間に計48件報告されたと発表したいずれも発煙、発熱、発火を伴ったもので、火災につながる恐れがあるとして、注意を呼びかけている

NITEは充電コネクタによる事故の原因として、端子部分のはんだ付不良など製品に起因するもののほか、使用者の誤使用や不注意によるものが多いとしていいる

後者については具体事例も紹介充電用コネクタを上下逆にして、無理にスマートフォンに差し込んだところ、コネクタ内部が変形、端子間がショートして異常発熱を起こし、こたつ布団が焦げたというケースや、充電用コネクタ内部に汗や飲料水、ほこりなどの異物が入り込み、端子間がショートして異常発熱を起こし、コネクタが焼損したケースがあるという

報告事例を被害状況別にわけたところ、2013年度までの5年間で、軽傷10件、周囲の製品や建物などに被害を及ぼした拡大被害が25件、製品破損が13件の計48件が報告された重大な被害にいたった事例はないとしながらも、すべてにおいて発煙、発熱、発火を伴ったもので、火災事故につながりかねないと指摘している大学の成績や出席、保護者に提供 システムディが新サービス
京都新聞 7月24日(木)22時9分配信
 大学に通う子どもの出席状況や成績をウェブ上で紹介する大学向けのサービスをシステムディが開発した少子化で大学間競争が激化する中、保護者の需要に対応した新たなシステムとして11月から大学や短大など向けに販売する
 全国約280大学にすでに提供している授業の履修や成績などの管理システムの情報を活用する科目ごとの出席状況や成績をまとめ、安全性を確保した専用サイトから保護者だけに提供する初年度は10大学への納入を目指す
 将来的には、学生食堂で食べたメニューなど健康に関する項目の追加も検討している
 大学では近年、1人暮らしの学生の情報提供を求める保護者からの問い合わせが増えていることから、職員が対応に追われるケースもあるといい、商品化を決めた同社は「大学が求めるサービスの充実を図りたい」としている

後者については具体事例も紹介iphone5 ケース 人気

後者については具体事例も紹介グッチ iPhone ケース

後者については具体事例も紹介ヴィトン 財布 人気
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdfjktdfre/index1_0.rdf