41UGGのブーツの保護した方法。

October 13 [Sat], 2012, 14:31
UGGのブーツはとても使い勝手のいい素敵なブーツです。
UGGは通気性がいいのでムレることはあまりありませんが、やはり脱いだ後は風通しのいい場所で、少なくとも数時間陰干しをするようにしてください。天然素材ですので、色むらがある場合があります。本皮ですので、履いていくうちに多少の伸びが生じます。中のファーがつぶれますのでゆとりが出ます。UGG ブーツ
冬の寒冷地は大変暖かく、夏は通気性を保ち、足を常に快適にドライにキープします。

UGGを洗うときにしてはいけない事リスト洗濯機で洗わないし、衣類用の洗剤や柔軟材を使用しないし強くこすらないしクリーナーをUGGに直接付けないしドライヤーを使用しないし。 それ以上もちろん、直射日光の当たる場所でも乾かさないて 乾燥機に入れない。また、足を優しく包み込むシープスキンはクッション性に優れ、疲れにくい設計になっています。同時に、抜群の通気性でブーツ内にこもった熱や湿気を放出し、どんな着用環境でも足を常にドライに保ちます。アグ ブーツ
バックにオーストラリアの遺産タスマンが縫い付けられておりブーツのアクセントに!この"アグクラシックトール"です。エレガントで大人っぽいコーディネートにもお勧めです。内側は全てリアルシープファーで、足全体を優しく包み込んでくれます。厳選された最高級のシープスキンを使用しているため、その履き心地は抜群です。シープスキンは通気性に優れ、ブーツ内の熱や湿気を放出し、どんな環境でもドライに保ちます。また天然シープスキンの柔らかいクッション性は優しく足を包み込み、長時間履いても疲れません。

汚れを落としたら十分にリンス、直射デーライトに当てたりドライヤーを使ったりせずに、通風のよい場所でしっかりと陰干しします。乾いたあとはブラッシングで毛並みを手配、保護スプレーや精分乳脂などを利用しておくとなお良いでしょう。
靴の保护については非常に重要です。http://www.uggmallss.com/

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdfe/index1_0.rdf