「特別の教科」化をめぐる意見

March 27 [Fri], 2015, 12:06
では3月20日時点で約5万票が集まっており、特別の教科化に「賛成」が59.8%で、「反対」の33.0%を上回っています。
「特別の教科」化に賛成する意見

正しい道徳を教えるのなら問題は無い。大いに良いことだ。だが、正しい道徳を教えるためには、教える側が優れた道徳を身に付けていることが大事。教師の方々、道徳心を今以上に磨いて欲しい。

家庭で、教えられないのであれば、学校で教えるしかない。

教育は、知育、体育、徳育の三本柱で成り立っているもの。道徳が特別扱いされるのもどうかと思うが、蔑ろにされるのもいけない事。何事もバランスが大切です。

「特別の教科」化に反対する意見

反対です。道徳なんて上から押し付けるものではないでしょう。模範、お手本と言って一辺倒の正解を用意して子供たちに回答させるつもりなんでしょうか?

教科化されると評価が増える。どれだけ教職員を過剰労働させるのか。毎日12時間以上仕事してます。異常です。病気になる人も増えてます。今までのやり方で十分です。

道徳教育は、信条、家庭の事情、経済的問題、宗教などで、解釈は様々になっています。「人に迷惑をかけるな」「嘘をつくな」「好き嫌いせずに何でも食べろ」、これ位の話をするだけで、教科にするのには違和感が有ります。

「特別の教科」化って何?

 昨年10月の中教審の答申では、現在「教科」ではなく「領域」とされている道徳について(1)「特別の教科」と位置づける(2)数値による評価はしないものの文章で評価を記述する(3)他の教科と同じように国の検定を受けた教科書を導入する、の3点が盛り込まれています。

ru486 販売
狼一号