【第37回日本アカデミー賞】 シネマトゥデイ 3月7日(金)21時28分配信

March 07 [Fri], 2014, 23:49
【第37回日本アカデミー賞】
シネマトゥデイ 3月7日(金)21時28分配信
リリー・フランキー、最優秀助演男優賞の快挙!佐村河内氏を引き合いに出したスピーチで沸かす【第37回日本アカデミー賞】
「佐村河内さんよりはウェルカムな状態でスピーチさせていただけそうです」と話したリリー・フランキー
 7日、第37回日本

【関連】映画の祭典「第86回アカデミー賞」フォト特集


 『凶悪』『そして父になる』の2作品で優秀助演男優賞を受賞したリリー。凶悪犯と子供を取り違えられた父親という全く異なるキャラクターでその手腕を見せつけたが、最優秀助演男優賞には『そして父になる』で受賞となった。iphone 5ケース

 受賞後の挨拶に、少しの間熟考するも「今、何を言っていいのか考えているのですが…」と言葉に詰まった様子だったが受賞を喜んだ。

<日本アカデミー賞優秀助演男優賞:男優一覧(★が最優秀賞受賞者)>
オダギリジョー(『舟を編む』)
妻夫木聡(『東京家族』)
ピエール瀧(『凶悪』)
松田龍平(『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』)
リリー・フランキー(『凶悪』)
ワンアンドオンリーの橋口調教師「ダンスインザダーク以来の手応え」
ワンアンドオンリー・橋口調教師(左)の本音に迫った太平洋改め南鷹
 JRAの日曜(9日)中山メーンは、第51回G2弥生賞(芝内2000メートル)。ケース コピ3着まで優先出走権が与えられる皐月賞トライアルだ。今回は競馬サークルの関係者と親交が深く、東スポ競馬連載でもおなじみの“競馬講談師”太平洋改め旭堂南鷹(40)がラジオNIKKEI杯2歳S優勝馬ワンアンドオンリーの橋口調教師を直撃。
ケース コピその本音に迫った。

 あれはワンアンドオンリーがラジオNIKKEI杯2歳Sを勝った直後だった。グッチ iPhone ケース橋口弘次郎調教師は感慨に浸りながらこう語った。

「もう一度、あの舞台に行ける。iphonしかもハーツクライの産駒で挑めるのだから、こんなにうれしいことはない」

 あの舞台とは橋口師の一番好きな場所、日本ダービーのパドックだ。初夏のすがすがしい陽気とは裏腹に、関係者はもちろん、詰めかけるファンにも緊張感が漂う。ipadmini カバーその場所に身を置くたびに「来年もここに戻ってこよう」と気持ちを新たにする。

 キズナが勝った昨年、師はダービーのパドックに行けなかった。klogi携帯ケースだからこそ“出走できる”だけでうれしくなった。ラジオNIKKEI杯2歳Sで手綱を取ったルメールも「橋口厩舎のハーツクライの子供で重賞を勝ててうれしい(ルメールはハーツクライの現役引退までのラスト6戦に騎乗。携帯ケース コピーディープインパクトを破った05年有馬記念、06年のドバイシーマクラシックで優勝している。)」。
グッチ iPhone ケース師以上に喜ぶ姿が印象的だった。後に伝え聞いた話から「クラシックを狙える」とまで言っていたことも知った。シャネル 携帯ケーストレーナーに直接話をしたのではなく、第三者の記者への言葉だけにお世辞ではないだろう。橋口師も自然とダービーから逆算したローテーションを組んだ。iPhone 5 ケースコピー

「弥生賞から皐月賞、そして日本ダービーだ」

 一見何の変哲もない王道路線。しかし師にとって“あの馬以来の手応え”を感じていればこその王道路線なのだ。
iphone 4G カバーあの馬とは96年ダービー2着、菊花賞馬のダンスインザダーク(弥生賞V、皐月賞は回避)だ。

「最高の馬だった」。iPhone 5sケース名馬を数多く輩出した橋口師だが、今でもその思いは変わらない。

「ダンスと若くして出会ったのが、俺の不幸かもしれない」

 そこまでほれ抜くダンスインザダークと比較するのは酷かと思ったが、避けては通れない質問、「比べてどうでしょう?」をぶつけると、笑みを浮かべながら「ちょっと足りないなぁ」。携帯ケース コピー
アカデミー賞授賞式がグランドプリンスホテル新高輪で行われ、映画『そして父になる』のリリー・フランキーが優秀賞初受賞にして最優秀助演男優賞に輝いた。舞台に上がったリリーは、「わたしのような得体の知れない立場でこのような華やかな席に呼んでいただき、何と言って良いのかわかりません」と少し戸惑った様子を見せながらも、「今日、佐村河内守さんの会見がありました。iphone 5C ケースいくら悪いことをしたとはいえ、すごくアウェーでつらいだろうなと思いました。わたしは佐村河内さんよりはウェルカムな状態でスピーチさせていただけそうです」とリリーらしいコメントで会場を沸かせた。
ケース コピ

リリー・フランキーが最優秀助演男優賞を受賞!「日本アカデミー賞授賞式」フォトギャラリー

 映画『誰も知らない』の是枝裕和監督がメガホンを取った『そして父になる』は、6年間大切に育ててきた息子が実は病院で取り違えられた他人の子だったことを知らされた主人公ら(福山雅治)家族の葛藤を描いたドラマ。真木よう子と共に相手方の夫婦を演じたリリーは今年、映画『凶悪』でも優秀助演男優賞を受賞しており、「(殺人事件の首謀者を演じた)『凶悪』は地に近い役、『そして父になる』は地とは程遠い、いい人の役だった」と笑いを誘った。iphone 4G ケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdewte58/index1_0.rdf