エキストラ活動と学費工面

May 24 [Thu], 2012, 13:39
相愛音楽教室はもともと東京・桐朋学園の「子供のための音楽教室」で多くの生徒を育てた齋藤秀雄らを教授陣として大阪に招き、昭和30年に産声を上げた。東儀祐二も東京から故郷の関西に帰ってすぐ、昭和31年4月から音楽教室で教鞭(きょうべん)をとるようになり、やがて相愛オーケストラの指揮をすることになった音楽教室 幼児。しかし49年に齋藤が急死し、指導者として頼っていた相愛音楽教室は大きな痛手を受ける。そんなとき、師の遺志をついで東京から相愛オケの指導にやってきたのが、まだ若い指揮者、尾高忠明だった。2人は齋藤がいなくなった練習場でよく「齋藤先生だったらこう言っただろうか」と話したり。ブランドバッグやルイ・ヴィトン買取のバイセラジャパン
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sddbfg/index1_0.rdf