大規模な開発投資やマーケティング 

January 01 [Thu], 2015, 16:09
今や、起業の初段階に大規模な開発投資やマーケティングを行うのではなく、小さく始めて大きく育てることが可能になった。実際多くのベンチャーが、自社サービスのユーザーの反応を見ながら、毎日サービスを改善し、自社のプロダクトを絶えず進化させている。 この改善によりある程度のなた豆歯磨きユーザーが確保できれば、さまざまな収益化の方法を探ることが可能になる。 要するに、ビジネスモデルを深刻に考えるより、まずユーザーを確保することが重要となりつつある。投資家もユーザーを短期間に増やすことを重視するようになった。 なた豆茶のユーザーが増えれば後にビジネスモデルの修正が容易なことが理解され始めている。そして、開発・流通コストが安価になったということは撤退するコストも低下していることになる。 米マイクロソフトやアップルを見るまでもなく、米国のICTビジネスをけん引してきたのはベンチャーである。そして、現在ICTベンチャーはこれまでにないほど生まれやすくなっている。こうした状況をわが国大企業は改めてイノベーションを生み出すチャンスとして考えてみるべきだろう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sdatuc
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる