酵素とダイエットの関係

February 04 [Mon], 2013, 13:16

たくさん食べたり飲んだりしているわけではないのに、なぜか体重が減らない・・・と言う方、酵素不足かもしれませんね。
消化以外の要因で代謝酵素の働きが良くないのかも。代謝酵素の働きが弱まる原因として次のことがあげられます。

■夕食を20時以降に食べることが多い

朝、4時から正午12時までが「排泄」の時間。体が老廃物や取りすぎてしまった栄養を排出する時間です。
12時から20時までが摂取の時間で、栄養素を摂取、消化するための時間です。活動してエネルギーを消費する時でもあります。
そして20時から翌朝4時までが「同化」の時間。吸収した栄養素を利用して、体の組織を作ったり修復したりする時間です。
夜遅く食べると太るのは、この時間はエネルギーを吸収しやすい時間だからです。
寝る前に食べてしまうと代謝酵素が働く時間に、エネルギーが消化にまわってしまいます。

■ストレス

疲れやストレスも代謝酵素を浪費します。代謝酵素は体を修復するだけでなく、疲れやストレスなども修復してくれるのです。
あまりにストレスが多いと修復するのにエネルギーがたくさんいります。仕事などの日常生活のストレスもそうですが、無理なダイエットをしてストレスを貯めるのもよくありません。

■食品添加物や化学調味料をたくさん使う

化学調味料や食品添加物も代謝酵素を消耗する原因です。排泄するべき不要物とみて、消化器官の負担になります。

■タバコを吸う

タバコも体にとって不必要なものとみなされ、デトックスに時間がかかります。

■40才以上

年齢を重ねるごとに内蔵の働きが弱まって酵素を作る働きも鈍ります。一般的に40才を超えたあたりからガクッと体内で作られる酵素が減ると言われています。

普段の生活で、酵素を酷使していることがわかりますよね。
でも原因がわかれば、すこしずつでもライフスタイルを変えていけばいいのです。

酵素の効果はどれくらいで得られるのかというと、人それぞれなので、一概に言うことはできません。
だが、効果が比較的早く現れると言われている液体タイプであれば、スピーディに効果があったと分かるでしょう。
スリムになるために酵素ドリンクを使うとすれば、基本は食事をせずにドリンクを飲用することになるのですが、酵素ドリンクを飲むことでお腹が空いたと思うことがほぼなくなります。
もとから体重があった人ほどすぐに効果が得られ、一日ごとに数グラム〜数キロといった具合に減っていく人も多数います。
なのですが、ダイエットをしていると停滞期に突入することが少なくないので、停滞期の間は見込み通りに体重が減らずに、焦ってしまうこともあるかもしれません。
停滞期にもめげずにダイエットを進めていくことによって再度体重が減少するようになるので、投げ出さずに継続するようにしましょう。
肌の調子を整えたくて酵素を摂取している人も少なくないですが、こういう効果も予想以上に迅速にもたらされたりします。
7日間に渡り酵素を十分摂取するように努力して生活をしていれば、美肌になっていくのを身をもって感じることが可能でしょう。
効果を自分では発見しにくいこともあるので、ダイエットを行う前に体重のチェックをしたり、肌がどうなったのかを確認するために自身の顔の画像を保存しておくと対比が楽にできます。




























プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mitukin
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sdaor594/index1_0.rdf