妊活中や妊娠初期の女性にとって葉酸

February 03 [Fri], 2017, 22:31
妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿などに混じって排出されています。


ですから、身体の中に蓄積していく、という事は殆ど無いのです。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する畏れがあります。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示されている規定量を超えないように気を付けて下さい。



私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療をつづけていました。



赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。
タイミングを見計らって努力しても、授かることができず、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、焦ったり悲しかったりでした。


クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤の服用を始めると、そう時間をおかず妊娠することができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはミスでした。
もっと早く来たかったですね。

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。


野菜の中ではほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけて欲しい栄養素で、推奨量の摂取をつづけることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げてくれるとの研究成果が出ています。


厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはナカナカ大変なようです。



そのような場合は葉酸のサプリを利用するのが良い選択だと思います。
葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、いくら必要不可欠な栄養素だと言ってもも、摂取する量には気を配って下さい。


なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。なぜならサプリは食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含有していますから、決められた用法と容量を必ず守って下さい。



葉酸の過剰摂取によって、胃腸がダメージをうけるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意して下さい。



それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。
葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、妊娠中には葉酸以外にもさまざまな栄養素が不足しがちです。

また、葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特性があります。

ですから、サプリの利用を考える時には、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が配合されているものを選ぶのが良いだと言えます。


目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば必要な栄養素をしっかりと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。

こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を造る基本の栄養素でもありますから、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合もサプリの利用を考えてみて下さいね。胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」がさまざまな働きをしていることが分かっています。


葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。


この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。
近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、オナカの中の赤ちゃんの先天性神経管異常の発症リスクが減少することが判明しました。


そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。



また、こうした食品の中には特定保健用食品指定のものがあります。こうした食品は妊婦が利用しているケースも多いそうなんです。

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少指せるという事が分かってから、葉酸は妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している栄養素なんですよね。普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事をするのも辛い時がありますよね。

そうすると食べ物からの摂取が辛い時もありますね。


無理な食事は体調を悪化指せてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリ等の栄養補助食品を利用することで理想的な量の葉酸を補給することが出来ます。
大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸サプリの話題が出ました。
ベルタが販売している葉酸サプリが一番興味あるみたいです。葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いとテレビで見たことがありましたから、彼女に伝えました。友達には、いつも笑っていて欲しいから、オナカの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなとねがっています。

一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、普段の生活を送っていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとがありますよね。葉酸の摂取不足は妊婦さんに共とおする悩みですが、一番おススメしたい解決策は、サプリによる葉酸の補給です。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も安心できますよね。妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を自然な食べ物をとおして摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになっ立という女性も多いと思います。しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。

ですから調理のために加熱することで葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、結果的に、摂取量が足りていないかもしれません。

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。
それは吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体が向くむという方もいます。妊娠初期の神経質な時期には葉酸を摂りすぎる場合がありますので、注意するようにしましょう。葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。
サプリメントは、葉酸の摂取量がすぐに分かりますから、しっかりと葉酸をとろう、と考えている方には良いですよね。妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活を見なおしてみるのは大事だと思います。精子や卵子は、父親・ママの栄養をベースにして創られるのですから、食生活が良くないのを放置していると、妊娠しやすい元気な卵子、精子は、望めません。妊娠を望むなら、はじめに体作りです。

偏らない、健全な食生活を心がけ、体を造る時間を愉しむ「ゆとり」も大事です。


葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって最も大事な成分ですが、もし葉酸が不足してしまった場合、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天異常を発症する可能性があると報告されています。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、より積極的な摂取が求められます。
不妊に効果のある食べ物というと、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。

鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、摂取が推奨されます。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、一つの食品群に偏らないことが妊娠にも産後にも有効です。逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は産後までは我慢したほうが良いですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Dan
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる