ツンデレサービス

June 11 [Sat], 2011, 23:25
「仲がいいだけの集団なんて、気持ちが悪いだろう?」
化物語 副音声より

私もそうはっきり言えるようでありたい。
ちなみに、この台詞は対話の相手に、「あなたのことが嫌いだ」と前置きした上での一言である。
すんごいこと言うなーとの感動を禁じえないです。

私は基本的に「人に嫌われてもかまわない」という自分への言い訳をした上で、いろんなことを嫌っています。
「女子力」の高い女子、自意識過剰な人、馴れ合う人々、
サブカル、安易な同調、ツイッター、mixi、オシャレピープルetc...
くそくらえだと言ってやりたい。
でも、くそくらえだといってやりたいけど、やっぱり私は基本的にぼっちなので、「馴れ合ってていいな、平和で。」とも思うのです。うらやましいとはちょっと違うけれど。
なんていうか、彼女たちのことを、すごく甘ちゃんだな、と思います。

安全と規則、規律でかこまれたちょっとだけ不自由な空間で、できる限りの自由を謳歌するのって、きっとこの上なく幸せなんじゃないかと考えます。学校にしても、仲間にしても、社会にしても。
自由っていうのは、たぶん、限度が決まってるからこそ楽しいんじゃないでしょうか。
学校めんどくせーって言いながら、五時間目サボってみたり、そのくせ進路調査票はちゃんと出してみたりだとか、
仕事やめたいなって愚痴りながらの女子会しーの、でも仕事やめるとお金なくなるからやめないーの、
なんだかあげだしたらきりがないのだけど、そういう普通な当たり前の人生を謳歌している人たちのいう自由ってきっと、ほんとーに自由な人が見たらちゃんちゃらおかしいんじゃないですかね。

本当に自由っていうのは痛みの伴うものじゃないかな、となんとなく考えます。
だって、宇宙に急に放り出されるようなことでしょう?
かくいう私も限られた自由の中にしかいないのだけれども。
仕事場のお局的なババア本気でしなねーかな、と思ってたりするけれど、割とポップに幸せに生きてたりするなんて、甘いですよね。

そうそう、最初に挙げた一文ですが、やっぱすごくいい言葉だと思います。
これが言える関係っていうのは、甘くない関係ですよね。
でも学校とか、職場とか、社会とか、ママ友とか、そういうところで作る集団の中でこういう率直な意見を言うのって、本当にすごく難しい。