苦悩 

2007年12月28日(金) 13時14分
人を恨むことも
人を憎むことも
人を愛することも
人を尊敬することも
すごく難しい

でも無関心でいることは簡単だ
楽な道は楽なのだ

しかし、それでいいのか

私の心は引き裂かれ
プライドは打ち破られた
戦うことをしなければ負けもない
負けがなければ苦しみも少ない

でもそれでいいのか

胃が痛い
気分が重い
悩みはつきない

戦わずしていいのか

戦うべきだ

人はみな乗り越えなければならない壁がある
人はみな打ち破らなくてはいけない殻がある
人はみな逃れられない宿命を負っている

無関心は不戦ではなく逃亡だ
無関心による平穏は現実逃避だ
観念だ

真の平和、真の幸福、真の勝利は
戦ったものにしかもたらされない
自らに勝った者しかえられない

今日もまた激しい頭痛に襲われている
何のためにこんなに苦しい思いをするのか

そう何のためか

私は知っている

クリスマスプレゼント 

2007年12月26日(水) 0時11分
今年はロンリークリスマスです(笑)

でも私は恋人はいなくとも、素敵な友がいます。その友の友情、信頼、その友との想い出はどんなクリスマスプレゼントよりも大切なもので、生涯もっとも大切なプレゼントです。
その友にはどんなに言葉を尽くしても、どんなに心を尽くしても足りないほどの恩がある。
その恩を返すために私は絶対に幸せにならなくてはいけないんです。強くならなくてはいけない。その友に最高に輝いてる私を見せなくてはいけない。いや、幸せになった私をみてほしい。

私にとってきっと恋人よりも家族よりもある意味大切で愛している友人です。

こい 

2007年12月23日(日) 1時45分
恋をしている
君のためなら何でもしたい
君のためなら何でもできる
今は君の顔を見ることも声を聞くこともできないけれど
心に刻まれた君の影をいつも抱いてる
帽子をかぶった人をみるたび胸締め付けられて君を探した
いるはずもないのに奇跡を信じてた

でも僕は君を想っている
この想いがいつか届くと信じてる
この想いがいつか奇跡をおこしてくれる
君の答えは変わらずとも
君を幸せにしてみせる
この想い実らずとも
君を幸せにしてみせる

苦しいこと
悲しいこと
悔しいこと
たくさんあったけど
君がいたからここまでこれた

これからも君とともに…

空を見てみよう 

2007年12月07日(金) 17時28分
青い。蒼い。碧い。藍い。

空を見ていつも思う。
もっと広い世界がある。
もっとデカイ世界がある。

毎日毎日、自分の周りのちっぽけな空気しかしらない僕は
空を見ながらデッカイデッカイ世界にあこがれる

自分の周りだけが天下なんて寂しすぎる
自分の周りだけが友なんて冷たすぎる
自分の周りだけが愛なんて残酷すぎる

もっともっとデカイ世界がある
しっかり心を拡げて、目見開いて
胸を開いて、たくさんの空気を吸い込もう

世界中に友がいる
世界中に友が待っている
世界中に愛が溢れ、満たされてる
世界中、どこでも無関係なんてない
世界中が僕らの舞台

他人なんていない
敵なんていない
ほんとはみんな友達なんだよ

誰の目にも
誰の心にも
尊い光が輝いている

だからもう悲しいことは言わないでおくれよ
だからもう嫌いあうのをやめておくれよ
だからもう傷つけあうのをやめておくれよ

もう悲しい涙は見たくないよ

 

2007年10月22日(月) 23時58分
恋っていいものです。
片想いはつらいこともあるけれど、それでも一人の人を本気で愛し、想うってすごく大切な人間の感情のように思います。
大人の社会は裏表があって、本音と建前とかあって、利己主義とか快楽主義とかで、純粋さや真心とか素直さとかなかなか見付からないけれど、愛情にはそんな部分がしっかりある。
理性的で理知的で計算高い恋愛もあるけれど、愛情の底には必ず純粋なものがある。
その純粋な部分、まっすぐな部分をたくさんたくさん引き出して目一杯愛してあげたい。
そうやっと一人の人を純粋に想っている時間って幸せですよね。この気持ちが通じればもっと幸せですけど(笑)
でも通じなくても幸せなもんですよ♪

余談ですが、恋人や異性を愛する気持ちが強ければ友への愛情(友情?)も強くなるように思う。自分だけかな?

この恋、うまくいかんなぁ…

秋〜冬 

2007年10月17日(水) 12時56分
涼しい時期がきました♪
私は寒いの大好きなんです。
さっむい日の散歩とか最高です。
家にいたくなくなるんですよね。
一晩中外で歌っていたい。
最近また、音楽を始めました。
近いうちにストリートやるかもしれません♪
人に聴かせれるようなものじゃないけど、好きなんです♪

私の大好きな季節到来ですわ♪♪

転機 

2007年10月11日(木) 13時34分
最近、歳を痛切に感じる日々。。
体調が悪い。
風邪気味っぽいのだが、風邪ではない。
突然むせたり、耐え難いほどの頭痛。
持病の腰痛もひどく、そのストレスもひどい。
人間の限界を感じる。
自分の人生はこれからどうなるのだろう?
とりあえず、仕事を辞めたい。
食うためにする仕事には限界がある。
人を飾るための仕事に私は意義を見出せない。
むしろ人の中に、あるいは人類に永遠に残るような仕事をしたい。
と言って簡単に思い浮かぶのは教育や研究くらいしかない。
20代後半になって訪れる人生の転機。
今、やるしかない。

桜梅桃李 

2007年10月10日(水) 15時25分
私は非常に誤解をうけやすい。仲の良い友でも誤解する。
人だからある程度は仕方ないにしても決定的な誤解をされる。
確かに私は変わっている。でも知り合って最初の頃、みんな私がラテン的なノリの人間だと認識してくれているのに、後に誤解をする。
ラテン的と言っても私は日本人だからだろうか。
でも「日本人だからこうだ」という括りというか認識みたいのって間違っていると思う。
日本人だっていろんな日本人がいる。
確かにラテン的なノリの人は多くないのかもしれない。
でも日本人である以前に私は私である。

私が悲しいのは、最初はみんな「変わった人なんだぁ」と認識してくれるのに、付き合っていくといつの間にかその人にとっての「普通」という枠にはめられていること。
例えば、私は人におごったりプレゼントしたり愛情表現するのが大好きなのだが、みんな最初はそうゆう「変わった人」と認識してくれるのに、後々になると「この人私に気があるのかな?」と思われてしまう。最初っから思っていた方がまだましだけど、友として信頼関係できてからそう勘違いされるのは悲しい。うっすぺらい関係の方が理解してもらえるなんて悲しすぎる。
他にも、私は基本的にあけっぴろげな人間で思ったことをそのまま言う。最初はみんな私の言うことをそのまま信じてくれるのだが、後々になると「そう言っているけどこうだろう」みたいに勝手に曲解して受け取ってしまう。
そしてその曲解したまま私にアドバイスをくれたり、意見をくれたりするものだから、私からしたらまったく意味不明だったり、おちょくられているように感じたりしてしまう。
これを防ぐため私は最初っから自分はこうゆう人間だというようにしているがダメだ。
かつて理解してもらうため友と散々語り合った末、「そんなやついるわけない」と一蹴された。たまたま語り合った相手が悪かったのかもしれないが、よっぽど私は変わっているのだろう。
こういった逸話をさんざん披露して、自分がどれだけ変わった人間かをアピールしても結局「普通の人」の枠でくくられてしまう。そして誤解する。
人間って頭が固い。もちろん私も固いとこたくさんあるんだろうけど。。。
一人、私を本当に私として理解してくれている女性がいる。
前に私が「友」と思っていた女性から迫られ(当然お断りしました)悩んだとき、その理解者に相談したら「割り切ってするか断るかはカスさんの自由でいいんじゃないでしょうか?」と大真面目に言われた(笑)
大概、真面目な人は「ダメ」といい、リベラルな人は「しちゃえばいいのに」と言う。男友達なんかは「もったいない」とか「据膳食わねば」とかいう。
誰もが自分の感性、価値観に沿った答えを持っている。
だから明確に「こうだ」と規定してしまう。
しかし私の理解者は「あなたの自由」という。これがすごく大事なことなのではないだろうか。「そんなの当たり前だ」と思うかもしれないが、常にこのスタンスを持って物事を見れる人間は多くない。
多くの人は自らの経験から「これはこうだ」という信念であったり、単純に規定みたいのものを持っている。だから常に物事をその信念や規定の枠内に収めようとする。だから収まらない、今までに経験したことのないことや出会ったことのないタイプの人に出会うと、相手を理解できなくなってしまう。
しかし、自らの経験は自らの経験、そこからアドバイスはできるけど、あくまであなたはあなた、あなたの人生はあなたが創る物、というスタンスを持っている私の理解者は、信念や規定と言う枠を持っていながらもそれを人にはめようとはしない。だから今まで出会ったことのないタイプの人間と出会っても柔軟に理解できてしまうのだろう。
現代社会は非常に様々な人種が交わる機会がある。また、社会全体にひずみが生まれて、今までの価値観や感性とはまったく違ったものを持った人々が生まれ、育ってきている。
昔はまれであった猟奇殺人が多くなってきているのはその歪みが悪いほうに作用した結果だろう。しかし、社会の歪みは必ずしも悪いものだけ生み出すわけではない。良い物だって生み出す。また、良し悪しだけでは判断できないものもたくさん生み出す。新しい価値観、感性などである。
それらを理解するために今、必要なのは真の意味での桜梅桃李の思想なのではないだろうか?桜梅桃李を理解していても、なんだかんだ言ってみんな自分の枠に囚われている。桃(もも)と李(すもも)は似ているがやっぱり違うものなのだ。李の存在をしっかり理解して認めてあげてほしい。
世の中のいじめや差別や迫害の解決は他の理解不能な存在を認めることから始まるのではないのだろうか。

あかし 

2007年10月02日(火) 20時17分
空を見上げると

その広さに目がくらむけど

私はこの空を自由に飛び回りたい

大地という限られたとこじゃなく

宇宙までも続くこの空を

誰の目にもとまらなくても

たったひとりでも

私はこの空をとぶ

地上よりも風も日も強く

雨をさける場所もない

励ましあう友もなく

愛し合う人もいない

羽を休める場所もない

でもとび続ける

ある日力つき

誰も知らない山奥に

遠い海の果てに

堕ちてくちようとも

誰にも知られずとも

誰の記憶に残らずとも

悠久の歴史のもくずに

消えようとも

私は私の心に私を刻みこむ
私の生きた証は

私の心に刻まれている

私の心に永遠に生き続ける

歳とともにリアリズム 

2007年09月11日(火) 23時09分
なんか、愛し方も愛され方も忘れたな自分。

気持ちがどっかいってしまった。

頭デッカチになっちまった。

打算的になってる。

盲目な恋は決してよくはないと思うが、冷めすぎているのもよくないね。

かつてはめっちゃロマンチストだったのに(笑)今じゃ超リアリストだよ。

心を震わせる出会いってもうないのかねぇ。

歳とると恋愛ってできなくなるんやね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カス
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:7月12日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像真那斗
» 苦悩 (2008年10月15日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 苦悩 (2008年10月13日)
アイコン画像猫男爵
» 苦悩 (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 苦悩 (2008年10月09日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 苦悩 (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
» 苦悩 (2008年10月02日)
アイコン画像RAOSU
» 苦悩 (2008年10月01日)
アイコン画像南雲
» 苦悩 (2008年09月23日)
アイコン画像えびふりゃー
» 苦悩 (2008年09月18日)
アイコン画像火星の後継者
» 苦悩 (2008年09月18日)
Yapme!一覧
読者になる