振られても受け入れられてもだ。どち

November 15 [Fri], 2013, 15:13
のだった。
「そのこと自体がね」www.gvlvncerle.com

「僕を外見で判断することはですね」
「そうだよ。友井君みたいないい人はいないよ」
 自然に言えた、つまり本心からそう思っていることだった。
「だから。皆間違っているよ。友井君のことが何もわかっていないんだよ」
「そう言って。わかって頂いているからこそ」
「僕達はお互いにそうだからこそだね」ランニングシューズ

「はい、共にいられるのですね」
 真人は優しい笑みになって希望に言えた。そしてだった。
 その笑みと共にだ。また言ったのだった。
「では今日も一緒にいましょう」
「そして夏休みが終わっても」adizero靴 ブランド メンズ

「僕達は友達としてですね」
「一緒だね」
「そうなりますね」
 二人で微笑み合いだ。勉強をしてだ。
 二人は共にいる大切な時間を過ごしたのだった。その時間が終わりだ。第九話 決意を述べてその十三

「とてもね。けれどね」
「痩せましたね」
「振られた時。太ってるのは嫌だって言われたけれど」
「今は違いますね」
「痩せたから」
 だからだというのだ。
「もうあんなこと言われないかな」
「そして言われなくてもですね」
「もう構わないよ」
 その相手に振られても受け入れられてもだ。どちらでもだというのだ。
「だって。今の僕には千春ちゃんがいるから」
「だからこそですね」
「もうあの人のことはどうでもいいよ」
 こうまで言えたのだった。
「本当にね」
「そうですね。では」
「何かね。どうでもいい人だったんだね」
 達観した目でだ。希望は真人に述べた。
「そのことがわかったよ」
「あの人は。そのお友達もですが」
「彼女も含めてだね」
「下らない人だったのですよ」
 そうだったとだ。真人も希望に言ったのだった。
「本当に」
「そうだったんだね。あ
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/schwederyan/index1_0.rdf