あなたがいれば… 

2006年02月09日(木) 0時58分


















いつかが訪れるのが怖い…そう思ってたからなのか、あなたからのメールもなくなってしまった…

もっといっぱいあなたと一緒にいたかった…
もっといっぱいあなたと一緒に話したかった…

あなたからメールがない夜はただ寂しくて…
あなたからメールがある日はただ嬉しくて…

裏切られることに怯えて、嫌わられることが怖くて、自分からメール出来ない…
もうあの時には二度と戻れないの?
もうあの頃には二度と戻れないの?

今日もただ傷を抱き、
明日が見えない毎日…
どこまでも凍える夜…
心が切り裂かれてく…

あなたに会いたくて…
あなたを思うと切なくて、あなたを思うと苦しくて、心が切り裂かれていく…

あなたがいればやめられた薬とリスカに今日もまた手を染めてしまう…

あなたさえいればよかったのに…

暗い闇に終焉を… 

2005年12月02日(金) 22時58分





















昨日、前に進むため過去という時間に別れを告げた…
新しい何かを手に入れるため、ただ前に進むために…

今、この両手を伸ばして
望むものが手に入るなんて思わない…
この先に一体何があるか分からない…


でも、何もしなければ
何も始まらないから…

今、自分ができることを
やれれば、きっといつか
この手に掴める気がする


きっといつか…

旅の終わりとその先へ… 

2005年11月28日(月) 0時20分

 今日という日の終わりとともに、
その短く小さな旅は終わりを告げ、
明日へ向かうための勇気をもらい、
今までの自分の弱さを拭い去る…


旅へ出ることで何を得たのだろうか…
何かを得ることができたのだろうか…

それは今はまだ分からないけれども、
きっといつか分かるときがやって来る
 

 今日が終わり、また明日が来るように
あの空が晴れたり、曇り雨が降るように
今日と言う日とはまた違う自分になれる


この命尽きるその日まで生きている限り
またその先へ向かうことができるから…

旅立ち 

2005年11月23日(水) 0時31分




















今日、自分は旅に出ます。

本当に短い時間と距離だけど
今の自分にとっては何故だか
そこはとても長く遠く感じる…

今とは全く違う場所と時の中で、
何か新しいものと思い出でこの
からっぽの身体を満たすことが
できるだろうか…

 でも、帰って来たら今の自分とは
違う自分になれるような気がする…

きっと…新しい自分になれる…


きっと…



あの空のように… 

2005年11月21日(月) 22時23分














 




 今日、自分は前に進むためにある決断した…
これで、ようやく自分は新しい道に歩いていくことができる…

周りから見れば本当にこの決断がいいかなんて分からない…。
だけど、自分で決めたことだから後悔しない…

きっと、明日からは今までと違う毎日が待っている…

空が毎日表情を変えるように
日々変化していきたい…

だから今日から
ゆっくりでいいから

前へ進もう…

願い 

2005年11月18日(金) 13時29分
いつまでこうしてあなたと一緒にいられるんだろう…
あなたはとても優しい人だから、こんな自分のどんな悩みでも聞いてくれるけど……

でも、いつまであなたと一緒にいられるか分からない…


迷惑じゃない?
重荷じゃない?
一緒にいていい?


いつか…
あなたは…
いつかは分からないけど
けれど確実にあなたとは
そう遠くない内に自分は
あなたと離れ離れになって仕舞う…

こんなにも駄目な自分を
こんなにも無力な自分が
ただ憎いと思ってしまう…

そのいつかなんて
来なくていいから
離れ離れになんて
なりたくないんだ…

でも確実に
その「いつか」が
来るんだろう…

そのいつかが怖くて
あなたに聞けない…


このままずっと一緒にいてもいいの?迷惑じゃない?
重荷にならない?いつまであなたと一緒にいられる?

…いつまであなたと一緒にいてもいいの?


神様、どうかこんな哀れな自分を見捨てないで…
自分はただあの人と一緒にいたいだけだから…

この願いは叶いませんか…?




 

2005年11月16日(水) 1時27分

またこの手から血が流れた…
左手からにじみ出た赤い血…
床に流れ落ち、汚れきった自分の血が何故か綺麗に見えた…

こうすることで、この苦しみや悲しみ、寂しさは消えないのに…
不安や辛さは消えないのに…
愚かな行為だとは自分の頭の中では分かっているのに……

どうしてまたやってしまったの…
どうしてまた傷つけているの…

こうすることでは何も解決はしないのに…今日もまた傷を自らの手で作ってしまった……

現実から逃げるため…?
苦しみを忘れるため…?

中途半端に付けられた数十本の傷は
もう一生消えることはないだろう…

この弱い自分を切り刻み、
この胸の苦しみを紛らし、
この現実から逃げ出したかった

ただそれだけなのに…

時間 

2005年11月12日(土) 15時58分
今こうして生きているだけで
時間は無常にも過ぎていく…

何もしなくても、何かをしていても時間はみんな同じで…
一日は24時間って決まってしまっている…

なのに何故休日の時間はこんなにも早く過ぎていってしまうんだろう…

一体、誰が一日が24時間と決めたんだろう…
一体、誰が休みの日は二日と決めたんだろう…

あぁ、また今日も日が暮れて夜になる…
長い長い漆黒の闇の時間がやってくる…
そして、また明日がやって来てしまう…

明日は今日とは違う一日が待っているんだろうか…

眠れない夜… 

2005年11月12日(土) 2時59分


最近、夜になってもなかなか眠むくならない…
いつから自分はこうなってしまったんだろう…

だけど、睡眠薬を飲めば絶対に眠れる…
飲むと嫌なことも不安なことも忘れて…
夢も見ず、何も考えることなく眠れる…

病院からもらっている睡眠薬は効きすぎて、
いつ起きられるか分からない…
でも、明日は休みだから…いつ起きてもいい…
今日はゆっくり寝よう…

このまま月曜日が来なければいいのに…

携帯電話 

2005年11月11日(金) 21時30分
携帯は便利なものだ…
電話をすればすぐに相手に直接繋がるし、
メールをすればすぐに返事が返ってくる…

でも、今はそれが当たり前になってしまったから
誰も気付かないかもしれないけど…

もし、自分が誰かに電話をしてもメールをしても誰からも何も返って来なかったら…

自分は…
きっと耐えれない…
寂しくて苦しくて辛くなって…
また自分を傷つけてしまう…

いつの間にこんなに依存してしまったのだろう…

いっその携帯なんてなければ、こんな感情
抱くことなんてなかったのに…
P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
http://yaplog.jp/schwarz-ciel/index1_0.rdf
カテゴリアーカイブ
◆緋の包帯◆
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:schwarz-ciel
読者になる
Yapme!一覧
読者になる