実習65日目 Aテスト4回目:トイプードル 

August 18 [Sat], 2007, 22:49
ピロロンちゃんは、かわいいいぃ〜お顔をした女の子。
性格も良くって、遊んで遊んでモード丸出し…。
でも、一度台の上で「トリミング終わったらね」と、言い聞かせたら、途端にいい子になりましたぁ〜。


私の中では12時までにドライが終わってること。
足バリのイヤイヤと、耳の中がちょっと汚くて少し手こずってしまったけど、割と簡単に乾いてくれるコートだったのと、協力的だったので救われた…。
ちょっと越えてしまったけど、まだ修正は効く範囲だった。

毎度お馴染み学校のお友達とマックでおランチ。
いろいろ話す。
話せば話すほど、時間が足りないような気がしてきた…。

おランチから戻って、目指すは2時までにおりぼんを付けて、残りの20分程度で見直し…。
13:45には気づいた。
その時間まだ前脚途中。
ヤバイ!と思い、足は見なおしのときに直すとして顔、耳、シッポに入る。

おりぼん付けて、気にしだせば全てが気になるが、なんとか先生を呼ぶ。
「お願いしまぁ〜す」

時間を止めもらってから、先生が来るまでちょっと時間があった。
いっやぁ〜。
あそこも直したい!
その、ちょろっと出ている毛が切りたい!
ちょっと首は大丈夫?
昨日言われた、肩はガシっと切ったけど、足がアイスクリームのようにキレイな断面になってるだろうか…。

不安ばかりが押し寄せる…。
時間が経てば経つほど、ダメな気がしてくる…。

先生に見てもらってOKが出たので、ピロロンとちょっと遊ぶ。


さてと、今日は明日に備えて早く帰ろうかなぁ〜。
と、ちょっと落ち込み気味で「ありがとうございましたぁ〜」と、扉を開けると先生に引き止められる。

 先 「あれっ?○○さん(私)、もう帰っちゃう?」
へっ?(なんかしでかしたかな?)
訳が解らず、本当に訳が解らず、ホケっとしてしまったが、とりあえず聞いてみる。
 私 「イヤ、急ぎの用事はないですけど、何かありますか?」
 先 「うんとねぇ、受かっちゃったのね」
 私 「へっ?受かっちゃったんですか…」
 私 「えっ?! えっ?! えっ?!受かっちゃったって、受かっちゃったんですか?私?」
 先 「そうなんです。受かったんですよ」
 私 「いっいやったぁ〜!!!」(←今思えばいつの時代の人よね…いやったぁ〜って--;)
採点表を見せてもらい、またもや結構ギリギリだったことが解る(^^;
いっやぁ〜、本当にいい日だなぁ〜♪

 先 「で、☆☆さん(私)は進路どうする?」
 私 「そうですねぇ、いろいろ考えてはいるんですけど…。」
あーだこーだあーだこーだと自分の理想やら考えていることを話す。

と、お互いに思い出したことがあった。
 私 「そういえば、私、まだ学課のテスト受けてないんですけど」
 先 「あっ!そうだ。それに受かってもらわないことには、ご卒業頂くことはできませんなぁ〜」
そりゃぁ、そうだ(^^;
 私 「しかも先生、私、ビジネスもまだあるんですよ」
 先 「そうじゃん。まだまだ学校来るんじゃんねぇ〜」
ははははっははははははははは。
と、二人で笑ったのは言うまでもなく(^^;

何はともあれ、Aテスト無事合格して良かった。
これで終了ではなく、まだまだまだまだまだまだまだまだこれからが勉強だけど、とりあえずは、一息つけました(^^)

この後、ビジネスという経営のノウハウや、お店を持った場合のお勉強をするのですが、とりあえずは、学校は卒業になるので、記録は終わりです。

長いことお付き合い頂きまして、ありがとうございました

実習64日目 Aテスト3回目:トイプードル 

August 12 [Sun], 2007, 22:45
とってもおりこうさんなモカちゃん。



モカちゃんは、かなり肩の毛が残ってて、アウト。
時間も全然ダメだったのですが…。

足が細い割りに、肩が太い…。
アメフトの選手じゃないんだから…(--)

どうもいまいち自分に自信が持てず、残してしまう…。
私の中のどこかで、「先生に直してもらえるだけのものは残しておいた方が安全だ」と、おもっているところがあるようだ…。
Aテスト受かったら、卒業だというのに…。
(ビジネスが残ってるけど…)

こんなことじゃダメだなぁ〜。
お外に出て働き始めたら、先生は助けてくれない。
自分の目と頭で覚えた形と、勘(?)だけが頼りなのに…。

ん?勘?

実習63日目 Aテスト2回目:トイプードル 

August 11 [Sat], 2007, 22:43
ついこの間お手伝いしてくれたダンディ君です。



そうそう、ダンディ君はお手手のバリカンが大大大嫌い…。
して、とってもかわゆく抵抗するかわゆいダンディ君でした。

かなりの時間オーバーで、アウトっ…。
ははは、はぁ〜。

自分でも解ってるだけに…。
まだまだだなっ(^^;

実習62日目Aテスト:トイプードル 

August 05 [Sun], 2007, 22:20
今日のお客様は、超ウルトラハイパーなメルメルです♪

メルでいいのに、なんで二回繰り返すんだろう?
と、密かに思っていた私であった(^^;

メルメルはボーダーコリーのココちゃんと一緒に生活しているから、こんなにハイパーなのかなぁ〜?
確かにいい遊び相手だよなぁ〜…。
一緒に遊んだら、ものすごく楽しいだろうなぁ〜。
って、そういう子は、トリミングではトリマー泣かせな子が多いのも事実…(--)

メルメルもその期待を裏切ることなく、しっかりトリマー泣かせをフル発揮してくれましたm(-_-m)〜
かなり動き回るので、顔バリなんて何回ハラハラしたことか…。
おかげでシッポをバリカンかけるの忘れていて、後でハっと気づいて急いでバリカンかけました(^^;
足のカットは、とにかく穴を開けないように、動かない体勢を一生懸命考えてて、そればっかり考えてました(^^;
おかげで、全然切れてなぁ〜い。

さてさて、昨日の「今日で10頭目だよぉ〜」の意味を知ったのは、朝学校に来て、白板を見たとき。
本日のトリミング台の位置を毎朝白板にてチェックする。
自分の名前の下に「Aテ」と、書いてある。
おーーーっ!
10頭終わるとテストが受けられるのか(^^)
ん?テスト?
昨日のあの結果で?
ムリムリ(^^;

「今日は練習にしてもいいよ」と、先生。
でもなぁ、いずれ受けるものだし、普段は先生に甘えてばかり。
テストにしてもらった方が気合はいるかなぁ〜。
Bテも4回も受けたし、受けてみるかなっと軽く「今日やってみます」と笑顔で返答。

私ったら、チャレンジャーっヽ(`○´)/

始めて見ると、解らなーい!不安だぁ〜!平らに切れなーい!と、時間と格闘することすら忘れるほど、悩んでいた…。

結果はもちろん、ダメだった。

先生の説明受けて、「お疲れ様でした」になったのが16時。
なぜにこんな書き方になったかと言うと、必死過ぎて実際に終わったときの「お願いしまぁ〜す」の時間を覚えていないからだ…(^^;

先生を呼んだ時の、恥ずかしかったこと…。
断面がグッチャグチャ。
それは、背線の時から気づいていたのだけど(^^;
首から背中をつなげるあたりなんて、ひょえぇ〜って程、ボロボロ出てるし…。
円柱にするのに必死過ぎて細くなってしまった前脚。
の割には、肩はコームいれるとボロボロ出てくる。
全体的に見ると、全てがバラバラ…。
こんなんで、お客様にお返しなんて、絶対にありえなーいっ(>o<”)

そんなボロボロメルメルを、先生はいとも簡単に、ピカーっとキレーなメルメルに修正してくれました。
これには、かなりの感動!
先生のように切れるようになりたいなぁ〜思っているクセに、純粋に「すごいっ…」と思ってしまいました…。

これが”プロの技”だな。

少々落ち込んだりもしましたが。
こんなんで商売が成り立つはずもなく。
立ち直るのもかなり早い、私。
あまりにも楽しそうに切る先生を見ていたら、”切れるようになったらあーしたい!こーしたい!”と図々しくも、妄想の世界に入るのあった…(^^;

小さい時から、テストは一発で受かったことが無いトラウマ。
学校でも本領発揮…。
さてさて、私は何回でAテストを受かることができるのだろうか…。

と、その前に、ちゃんとした形を覚えて、断面をキレイに切れるようになることですわ…。

実習61日目:トイプードル 

August 04 [Sat], 2007, 22:16
今日お手伝いしてくれたのは、学校のわんわんグリコちゃんです♪


とっても大人っぽいキレイなお顔のわんちゃんです。
グリコちゃんは、とてもいい子なので、スムーズにことが進みました…。
が、私の腕が、なってない(--)
断面が、切っても切ってもボサボサで、揃えようと思えば思うほど、細くなっていく…。

足のカットを先生に見ていてもらったときに言われたこと。
「○○さん(私)に求めるものは、違うんだなぁ〜」
笑い半分、本気半分?(比率あってるかしら?)
ひえぇ〜。
私に何を、お求めで( ̄□ ̄;)!!
イヤ、解っているんです。
もうちょっと雑さをなくして、丁寧に、ですよね(^^;
解ってはいるのですが、手が動かないんですぅ〜…。

確かに、先生が作った円柱の前足、アイスキャンディのようだった。
面はキレイで、本当に本物の円柱だった。
あっという間の出来事で、断面のキレイさにも早さにも、感動してしまった…。

どうやったら、こんな風に出来るのか、先生に質問してみました。
“形を取ったら、最後に2回ほど、切れても切れなくてもいいから、撫でるようにハサミを入れる”
なるほど…。
丁寧だ…(--)

昔、先生に言われたことも思い出しました。
ハサミの動かし方が早い。
ハサミを閉じきる前にハサミを動かすから、キレイな断面が切れないと。
切ったら動かす、切ったら動かす。
先生のハサミは、とても早く動いているように見えるけど、実はちゃんとそうなっている。

“切ったら動かす”
“切ったら動かす”
“切ったら動かす”
“切ったら動かす”
“切ったら動かす”
“切ったら動かす”

よしっ!
Aテストに向けて、練習だっ!
と、思ったら「○○さん(私)、今日で10頭目だよぉ〜」
ん?10頭目?
何も解らず、「はぁ〜い」なんて返事をしてしまった。

この言葉の意味を知ることになるのは、翌日のことだった…。

実習60日目:トイプードル 

July 28 [Sat], 2007, 22:12
今日のお客様はトイプードルのダンディ君。

静かに、そして巧妙に嫌がるタイプ。
こういうタイプは、どうしても優しくなってしまう。
いかんいかん(xx)
ようは賢い、ということだな。
手にバリカンをかけようとすると、バリカンの前に手の上に顔を乗せる、静かに…。
あれれれれれぇ〜。
なんて、笑ってると、絶対に終わらない…。
かわいいなぁ〜、なんて思っていると、絶対に終わらない…。

お顔を見ると、めちゃめちゃかわいい…。
メロメロな私は、前の足が…できない(--)
いつまでたっても終わらないので、先生にやってもらう…。
いつもすいません…。

さすが先生です!
保定が違うんだなぁ〜。

最近思うこと。
トリミングは、カットやバリカンetcの技術も大事だけど、一番大事なのは、わんこの押え方だと。
きちんと動かないように保定できれば、ある程度はカットやバリカンに集中できる。
余計なところをカットしたりすることがない。
わんこは賢いから、ちゃんと教えたらそのうち諦めるし、覚えてくれる。

と、いいこと尽くし!
とはいいながらも、相変わらず、一番自分にあっていて、ワンコも楽ながらに動けない保定を今だに模索中ぅ〜…。

トリミングと言うのは、犬を扱うお仕事なんだな。
今更ながらに、納得(--)

実習59日目:トイプードル(赤ちゃん♪) 

July 22 [Sun], 2007, 19:59
今日のお客様は真っ白いまだ5ヶ月の赤ちゃんわんこ、ティアラちゃん
本当にかわいいお顔をしています♪


初めてのトリミングらしいです。
カラマンボだらけで、さぞや痛かったろうに、ブラッシング、耐えてました。
爪はまだ全然フニャフニャだったので、切りやすかったです。
耳毛だって、耳掃除だって、足バリだって、みーんな初めて?
異常に反応します。
ドライヤーも初めて?なのか、風に異常に反応していました。
顔バリなんて、「なっなっなっなんなのよぉ〜!!!!」と言う感じです()^^()
どこを持っても折れてしまいそうで、どう押えようといろいろ考えてました。
小さい子は、まだ台から落ちることが怖いと知らないのか、離してしまったらドスンと落ちそうになります。
気をつけなければ。

でもティアラちゃん、小さいながらにさすがにプードルちゃんです。
カットされているときには立っているんだってことを、すぐに学んでいました。
毛がホワホワで中々そろえづらかったですが、ちょっとだけシーズーの毛みたいです(^^)
ノロい私なので、最後の方は飽きて来てたようですが、かなりがんばってました。

気品あふれる、ステキなプードルになってね♪

Beforeです。赤ちゃんそのもの!


ティアラちゃん、がんばりました!Afterです♪

実習58日目:トイプードル 

July 21 [Sat], 2007, 19:51
今日のお客様はとってもおりこうさんな、ミッキー君です。



随分とお年を召しているらしくもうあまり(ほとんど?)目が見えないようです。
それでも絶対にふせたり座ったりしない。
シャンっと立っている姿は「ボクはプードルなんですという気品を感じます(^^)

前回は先生にカットしてもらったらしく、マイアミカットに背中に羽があったようです。
かわいらしくカットされていたのが、解りました。

そして本日、サマーマイアミ。
マイアミカットと言うものを、初めて知った、私。

マイアミカットは、足バリ、顔バリ、手足にサドル、頭は丸く、尻尾にはポンポン。
ボディをハサミではなく8mmバリカンで仕上げたものがサマーマイアミです。
今日のミッキー君は、耳だけアメコカ風、2/3だけバリカンです。

そう、尻尾には、ポンポン…。
私、本当におかしかった、今日(いつも
近くにいた、イングリッシュコッカとアメコカのことばかり見ていたからか、尻尾を全部バリカンで落としてしまいました…。
プードルで尻尾を全部落とすなんて…考えられない…。
それでも何気に私の中でも何か違和感があったのか、
「尻尾を1mmでバリカンですか?本当に?」
と何度も先生に聞いたのですが、「全部バリカンかけていいんですか?」とは、聞かなかった。
先生もま・さ・か全部バリカンかけちゃうなんて思わなかったらしく
「そうですよ。1mmで逆です。」
と言われ、そのまま何も考えずに…落としてしまいました…。

なんてことなんだいっ

プードルのシッポが丸刈りなんて…。
ありえなーーいっ( ̄□ ̄;)!!

尻尾はポンポンを作るために、根元から1/3だけバリカンです…(--)
残った2/3でポンポンを作るんです。
これ、基本…

毎回毎回、本当にいろんなことをしでかす、私です…。
こんなんで本当に立派なトリマーさんになれるのかしら…。


足のポンポンを上から、横から。

顔バリです。
このラインをよく覚えなくっちゃっ



そして、今日もステキな出会いがっ♪
ぬいぐるみのように、何をしてもうんともすんとも言わない、ミルキーちゃん。
ポメラニアンを見ると、どうしても触りたくなる…。
ミルキーちゃんは抱かれ慣れしているのか、抱っこすると自分で一番いい体勢で抱かれ、全身の力を抜く…。
軽いから全然問題ないんだけど。
ピトーっと抱っこされてる姿は、なんてかわいいんでしょっ!
あぁ〜、つれて帰りたい…。

実習57日目:トイプードル 

July 16 [Mon], 2007, 20:43
台風も去ったようで、今日はとってもキレイに晴れました
こんな日は…こんな日も…。

元気に学校です

今日のお客様はトイプードルのマロンちゃんです。
マロンちゃんは前回大人しくて、とってもいい子だったのですが、今日はあまりのカラマンボで痛かったであろうブラッシングの時と、相変わらずへたくそな肛門腺で「痛いじゃないのっのごとく怒られました(^^;
とはいえ、やっぱり愛嬌バッチリでかわいいマロンちゃんです


今日のご依頼は:
 ・足太く
 ・顔丸く
 ・口元小さくならない

今日はボディを短くするらしく、8mmで背中だけバリカンです。

「太く」とご注文をされると、ついつい切らな過ぎてしまいがちですが、「太く」は「切らない」ではないということを学びました。
全体的に見て、太く残すとくことで、切らないわけではない(^^;
でも、「太く」なので、ザックザック切るわけにはいかないので、形を見極めてハサミを入れる必要がありそうです。

だいぶテディカットにも慣れてきましたが、今だにはっきりとは自分の中で消化できていない部分があります。
毎回毎回くどいように、説明を聞いているのですが、なぜか体が覚えない。
先生にお見本で切って頂くと、”おっなるほどと納得するのですが、実際に自分がハサミを入れると、何かが違うように思える…。

これは切って切って切りまくって、自分のものにするしかないんだろうなぁ〜。

「魔の三角地帯」
私はそう呼ぶ…。

ウィストから後脚の部分です。
どうしても私が切ると立体的にならない…。
ハサミの入れ方だと思うのだけど。
もうちょっとお勉強が必要ですね


早く、かわいいいいぃ〜テディを自分で作れるようになりたいっ


本日もデジカメ忘れてしまって、片手で押さえて片手でブレブレカメラ…。
できがりぃ〜。


かわいい丸丸お顔です

実習56日目:ミニチュアプードル 

July 15 [Sun], 2007, 20:36
三連休なのに、台風…
とは、関係なく、今日も元気に学校に行く

今日は珍しいことにミニチュアプードルのホッパー君がお手伝いしてくれました。
ミニチュア、結構大きいです(^^;
ということで、まだなれない私は二人がかりです。


大きなトイプードルを見て「ミニチュアでしょぉ〜」と、冗談で言う時がありますが、実際のミニチュアを見たら、やっぱあれはトイだなぁ〜と思えてしまう(^^;

ホッパー君、協力体制もバッチリで、うまい具合に進んでいきます
やっぱり一番大変だったのは、ドライヤー(^^)
黒い子は本当に毛量がすごいわ。
クリクリだしね。

今日のカットは、コンチネンタルの頸抜き。
コンチネンタルのカットだけど、首はバリカンを入れます。
初めてのコンチネンタルカット。
やっぱり難しいです。
まだまだ何が何だか解らなくて(^^;

バリカンでうまくラインが取れません。
それでもホッパー君はいつもこのカットなのである程度形が決まっていたのですが、それでもバーディングラインとロゼットの間を7mmになんて出来ないし、私は余裕で2cmはありました…。
7mmというのは、ドッグショー等に出陣するワンコはこの間が7mm程度であると先生に教えてもらいました。

さすがプロだわっ…。

ロゼットとロゼットの間は尻尾の太さということでしたが、やはり左側は尻尾のラインを大幅に超えていた…。
フロント・ブレスレッドもポンポンは丸くならないし(^^;
リアー・ブレスレットも自分が傾いて見なくっちゃ、レモンというか卵にならない・・・。
一番ショックなのは、『雑』が抜けない私の作業
全てにおいて、ふちがキレイじゃない…。
コンチネンタルは1mmでキレイにバリカンをかけるので、かけるところとかけないところの境目をキレイにラインにしなければ、なにやらピンボケラインに見えます…。



☆今日のポイント
 ・尻尾は付け根から1/3をバリカン、あとの2/3は残してポンポンにする。
 ・頭は耳横(目じり横)を45度の角度で外側に切る。
 ・顔バリの時、唇は持ち上げてかける
 ・顔バリの唇の辺りは巻き込みやすいので、バリカンの端を使う。
 ・目の辺りは下からゆっくり。
 ・ロゼットとロゼットの間は尻尾の太さ。
 ・尻尾は真っ直ぐ直角に上げてカット

ミニチュアプードルぐらいの大きさを自分ひとりでチャキチャキとこなせるようになりたいです

余談:私っタラ「ミニチュア」なのに「ミディアム」なんて言っちゃって(^^;
    ステーキじゃないんだからね…