最近の学校の授業について

August 10 [Fri], 2012, 17:48
最近の学校の授業の一環として「避難訓練」というものが存在しているのは皆様はご存知でしょうか?

今回はその避難訓練などの災害時の対処関係の授業について意見を述べさせて頂きます。
まず、皆様は最近九州地方で残酷な災害が起きた事がご存知でしょうが?そうです、九州地方に大量の雨が降り、土砂崩れ等が起きているのです。

そして最近は台風の影響でまた九州地方が被害を受けていましたよね。そこで、そんな災害が起きている中ある人が「そういった大雨等による災害の時の対処法を避難訓練等のように授業の一環として取り入れてはどうか?」という提案をしたそうなのです。

私は「ああ、なるほどなあ」と感心する事が出来ました。
何故なら、避難訓練等の災害だけでなく、他の災害等の対処法を学んでおいた方が効率的で良いと思ったからです。では、具体的にどのように効率的で良いと思ったのかと言いますと、何処かに閉じ込められて水圧で出口についている扉が開けられなくなった時の対処法を学んでおけばその密室空間から脱出出来たり、洪水の時はどのような格好で歩けば歩きやすく怪我をしにくいかという事を学べる事が出来たりするからです。という事で、私は他の災害の対策を授業の一環として取り入れる事に賛成します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:田中健太
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる