スクールカウンセラーと臨床心理士

スクールカウンセラーとして仕事をしてみたい方も多いようでが
一般的にスクールカウンセラーの仕事をするためには
臨床心理士の資格を持っているといいようです。

臨床心理士は、文部省が認定している公的資格で臨床心理士になる
基本的な過程としては大学で教育学部か人間学部、人間関係学部、
人間科学部などの学部で、心理学または教育学を勉強した後に
臨床心理士の資格認定を受けている大学院に入学し卒業後、
臨床心理士資格認定試験を受けます。

もちろんスクールカウンセラーの仕事をしている方の中でも
臨床心理士の資格を持っていない方もいらっしゃいます。

そのような方は退職された教員、精神科医、心理学系の大学教員などの
方たちがスクールカウンセラーとして活動されています。

スクールカウンセラーとして教育現場へ文部科学省など行政機関から
派遣される場合は「臨床心理士、もしくはそれに準ずる者」となっていて
約9割は臨床心理士有資格者がスクールカウンセラーの仕事を
しているようです。

臨床心理士の資格がなくてもスクールカウンセラーの仕事をできる
場合もありますが、そのようなケースは募集や求人も臨時扱いの場合が
多いようです。

そういった意味でもスクールカウンセラーとなるための基準として
臨床心理士という資格を取得を考えましょう。

スクールカウンセラーの仕事は

スクールカウンセラーの仕事や役割はとても大切です。

スクール カウンセラーの主な仕事の1つに小学校、中学校、高校などで
発生する様々な問題の対策を考え、児童、生徒、保護者に対する
相談業務があります。

特に現代のような教育環境では重要だと思いますので
スクールカウンセラーの活用計画に力を入れているようです。

また生徒や保護者だけでなく教職員に対する助言、援助を行ったり、
専門機関との調整、連携をすることもスクールカウンセラーの
仕事です。

文部科学省でも小学校、中学校 高校へ心理学の専門家として
スクールカウンセラーの配置を進めているようです。

各地域の教育委員会は、スクールカウンセラー制度の充実を
考えています。

スクールカウンセラーは子供のカウンセリングは当然ですが、
教師と子供の保護者の間にも入って教育や指導方法などを
行います。

心理学の専門家としてスクールカウンセラーは多感な時期の
児童、学生、その保護者、教職員など全てに係わる仕事なので
責任と共にやりがいも感じる仕事でもあります。

スクールカウンセラーの役割は

スクールカウンセラーの仕事は歴史の浅い職業ということもあるので
これから求人が非常に求められ、その役割が大きくなると思います。

教育現場で多くの経験を積み様々な問題に対応し助言やアドバイスが
可能なスクールカウンセラーの需要は増えるのでないでしょう。

現代は子供たちもストレスを抱えていて悩みも以前にも増して
複雑化・深刻化しています。

例えば友達や先生とうまく付き合えない、両親や兄弟間での家庭内のこと
勉強の伸び悩み、それと平行して受験競争のストレスなど・・・
中には拒食症、過食症などになってしまう生徒もいます。

なかなか先生や両親に相談することも出来ないので上記のような
例を取り上げてもスクールカウンセラーが対応する生徒の悩みは
多いのです。

そのような生徒が心の内に抱えている悩みを教師や保護者に助言や
アドバイスをして改善してのでスクールカウンセラーの役割も期待度も
大きくなると言ってもいいで

スクールカウンセラーと文部科学省

スクールカウンセラーは文部科学省が2001年度から正規事業になり
文部科学省もいろいろな取り組みをしているようです。

スクールカウンセラーの歴史は浅いので文部科学省の方でも試行錯誤したり
創意工夫し取り組むことが必要と考えがあるのでしょう。

スクールカウンセラーとして仕事をしている方に資格所有者が多い
臨床心理士の方も数年前に比べると人数も大幅に増えてきているようです。
臨床心理士は、文部省が認定している公的資格になります。

文部科学省は、「文部省スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」を
1995年創設して、公立の小・中学校にスクールカウンセラーを
派遣することを始めました。

また文部科学省は2007年にスクールカウンセラーが配属されている
全国の小・中・高等学校の約600校の学校長を対象として
教育相談に関するアンケート調査をしたようです。

その中で教育相談体制などを学校の中で充実を図るため、どのようなことが
必要とされるのかという質問に対して全体の8割近くを占めていたのが
スクールカウンセラーの充実を考えるという回答だったそうです。

他にもスクールカウンセラーの勤務形態を現状より増したいという
要望などもあるようです。

スクールカウンセラーの求人募集など

スクールカウンセラーの求人募集をする期間は毎年11月から12月頃
各都道府県の教育委員会が行うようになっているようです。

各都道府県でスクールカウンセラーの募集をしますので、
それぞれ特徴もあります。

小中高の学校でもスクールカウンセラーの勤務形態を現状より増したいという
要望もあるため、今後は経験豊かな求人は増えるのでないでしょうか。

スクールカウンセラーの報酬は勤務先や正社員・正職員、非常勤など
活用される環境によってスクールカウンセラーとしての給料や時給は
変わってきます。

非常勤でスクールカウンセラーとして働く場合は時給として平均すると
5,000円ぐらいのようです。

学校で非常勤としてスクールカウンセラーの仕事をされている方の中には、
専門学校の非常勤講師として心理学を教えている方もいるようです。

またスクールカウンセラーの勉強の意味でも学校行事などにボランティアで
参加してみることもいいと思います。

現状としてスクールカウンセラーは非常勤の形が多いのですが
学校単位で常勤のスクールカウンセラーを置くということも
今後は取り組みが期待されます。
P R
カテゴリアーカイブ