工業英語能力検定、観光英語検定について

November 25 [Fri], 2011, 1:26

工業英語能力検定の資格について。

◆資格について。
国内の工業技術や工業製品を紹介するために、その性能や取り扱い方法を英語で正確に表現するスキルを評価する資格となる。文部科学省認定の資格で、4〜1級のレベルが存在する。2級以上の取得で、かなりの英語の実力があると認められる。

◆適正について。
工業分野であるが女性の進出も多い、技術者の補佐をする秘書の女性など、英語を活かした仕事に就職するのに利用されることが多い。一般的には、冷静で慎重な人である方が好ましい、また情報収集の能力も必要と言われる。

◆活躍の場について。
現実問題として、日々開発される技術や新製品について、英語で紹介できる翻訳者の数は不足する。特に、建築、自動車、家電等の分野でのニーズは高く、大企業でも2級以上の有資格者であると就職・転職に有利となる。更に1級取得者では、フリーの技術分野の翻訳者として活躍できる。

◆収入と将来性について。
特殊な分野で、能力がものをいう世界であるため、資格の有無、資格のレベルで収入にもかなり差が付いている。最近では、企業全体で工業英語検定の取得を奨励する動きがあるため、資格ッ取得の援助をする場合も多い。2級以上を取得していれば、実務経験を積んだ後にフリーで活躍する道も開けている。

◆取得までの方法について。
能力的にはかなり広範囲を要求される。理科系、技術系、文化系等の全ての要素が必要と思った方がよい。まずは、簡単な例文が書ける初歩レベルの4級を目標にスタートしてみるのがよい。そして、短い説明文を翻訳できる3級合格をステップに、2級以上を目指して欲しい。日本工業英語協会の受験講座や通信教育を活用するのが効率的である。


◆受験勉強のコツについて。
出題内容については、素直であり、実際に現場で使用される内容であることが多い。受験対策としては、各級に対応した参考書や問題集を活用するのが効率的である。

IT系のスクールに通ってみたい:http://kirei.biglobe.ne.jp/school/school_info/0010031082-S000930/eventList/all-1-1/
【デザイン関連】 ブライダルコーディネーター、屋外広告士の資格

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


観光英語検定について。


◆資格の内容について。
日本に観光・ビジネスで来る外国人に対して、一般英会話だけでなく、業界独自の用語やいいまわし等の専門知識を備えているか評価する。プロの観光員の養成を目的に実施されている検定となる。

◆適正について。
旅行先でのトラブルやビジネスに対して、英語で即対応するために、素早い判断力と細かな気遣いが必要である。またどんな状況下でもキチンと対応する強い精神力も必要となる。

◆活躍の場について。
旅行会社やホテル、空港ターミナル、レストランサービス業等の国際観光業界全般で就職に役立つことになる。今後ますます活性化される国際化により、大手企業や、外資系会社などからのニーズも高まると予測される。

◆収入と将来性について。
年々需要が増えている業界であるので、収入面でも将来性が期待できる。職種にてばらつきがあるが、年収は約300万円からとなっている。この資格以外にも、観光英語検定、旅行地理検定、通訳案内士等の資格も合わせて取得することで、より対応可能な職域が広がり、評価も上がると思われる。

◆取得までの方法について。
レベルに応じて3〜1級まであるが、専門的な仕事として通用するのはやはり1級である。1次試験は、筆記とリスニング、2次試験は面接という形である。特に面接では、より具体的な対応を要求される。観光系の専門学校で効果的に学習するのも必要であるが、問題集や、リスニング用のCDで、効率的に学習するのもおススメである。

速記の講座(学びに通いたい!)

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

JTF(ほんやく検定)と日本語教育能力検定試験について

November 25 [Fri], 2011, 1:23

JTF(ほんやく検定)の情報。

◆資格について。
経済産業省が許可した翻訳の実務能力を評価する試験となる。(社)日本翻訳連盟が認定する資格試験で以下のレベルがある。
・基礎レベルの5〜4級は、一般社会問題を翻訳する。
・実用レベルの3〜1級は、6つの分野から1分野選択して受験する。

◆適正について。
ただ単に翻訳をするのではなく、入手した情報を分かりやすい文章にすることがポイントとなる。そのために、英語力だけではなく、日本語の要約力も必要となる。この資格の特徴は、インターネットで受験できること。地方在住者、身体障害者、市外在住者等の人でも簡単に受験が可能となっている。

◆活躍の場について。
ソフトウェア、特許、医療、薬学など産業分野は、今後も翻訳のニーズが高いと予想される。

◆収入と将来性について。
一般的な翻訳の仕事と同様に、フリーで仕事をするスタイルが大半。また女性に人気があり、第一線で働いているのも女性である。更に経験重視の職業であるために、定期的に仕事を受けられるには時間がかかる場合が多い。もし翻訳会社や企業に売りこむ必要がある場合には、2級以上を取得して翻訳能力をアピールするのがよい。

◆取得までの方法について。
試験は新聞雑誌記事や論文などから出題され、簡潔な文章に訳すことになる。普段からそのような練習が必要。試験で最も重視されるのは、内容理解と表現力を高い翻訳である。パソコン、辞書も持ちこみ可で、実際に仕事をするときと同じ環境で実力を試すことができる。


通信教育 it系を受講してみる(http://kirei.biglobe.ne.jp/school/tsushin/b-K020002-1/)
資格で有利な転職:20〜30年後、一流大企業なら安泰とは限らない

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


日本語教育能力検定試験について。

◆資格について。
日本語教育の専門家としての能力を評価する試験となる。試験のレベルは高く、出題範囲も広いが、日本語教師を採用するケースでは多く利用されている資格となる。

◆適正について。
海外生活の経験がある学生や主婦が日本語教師になるケースが多い。また、海外で働きたい女性に人気がある試験である。教える相手である外国人への接し方や習慣を十分に理解することも必要である。

◆活躍の場について。
国内の場合、日本語教師養成講座が日本語学校に併設されている場合がほとんどである。そこの卒業生が採用される場合が多いため、まずは非常勤講師として経験を積むことをおススメする。その後、専任講師として公的機関か民間教育機関から、現地の高校や語学学校で日本語を教える形が多い。

◆海外で働く場合について。
主な派遣地域はアジア・オセアニアなどで、現地の高校や語学学校で日本語を教えることが多い。

◆受検勉強のコツについて。
出題範囲が広く、レベルが高いために、効率のよい勉強がカギとなる。仕事をしながら通ってでも、専門学校や養成施設などが開く集中講座を利用するのが好ましい。

転職先をさがしてみる(会計の仕事)

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

実用英語技能検定、日本漢字能力検定(漢検)の資格について

November 25 [Fri], 2011, 1:20

実用英語技能検定について。

◆資格について。
外国との取引などで使う英語についての能力を証明する資格となる。実際に日常会話をするだけでなく以下のようなスキルが必要となる。
・相手の話し言葉をすぐに通訳する。
・相手の話し言葉を書き起こし正しい文章に直す。
・書類を英語で作成する。
更に、様々な業務の専門用語も英語で対応する必要がある。このようなスキルをもっている人に対して資格が与えられるため、英語能力を企業に強くアピールできることになる。転職や就職の際に強い武器になるだけではなく、大学入試、教員採用試験などでも、試験科目が免除になったりという特典もある。


◆活躍の場について。
国際化に伴って、業種や職種を問わずに語学の強さは必須項目となっている。外資系企業、商社等の貿易関係、外国特許事務所、物流関係、航空会社、重工業関係、アパレル関係、法律関係など、活躍の場は再現なく存在する。また、ファーストフードやスーパー等の食材や商品を直接輸入をする企業の就職にも有利に使える資格といえる。

◆収入と将来性について。
資格を取得した際に、手当てを支給する企業も多く、語学を得意とする人は、ぜひ取得しておきたい資格と言える。また、企業内での重要なポストに付く人、今後のキャリアアップを目指す人にも取得をしておいた方がよい資格となる。また、同時に取得しておいた方がよい資格として、国際秘書検定がある。こちらも挑戦してみて欲しい。

◆受験勉強のコツについて。
独学としては、2級までは可能と言われる。短大や大学で真面目に英語の授業を受けた上で、受験参考書とCD などを利用したリスニングの勉強をして挑戦したい。しかし、準1級や1級は会話能力が重要視されているので、専門学校や通信教育、英会話学校など、効率的・専門的な勉強をしておく必要がある。

通信教育 it

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


日本漢字能力検定(漢検)の資格について。

◆資格の内容について。
漢字能力を評価する最も一般的な検定と言われている。受験資格には制限が無く、3〜97才等の幅広い年齢で毎年200万人以上が受験をする。この試験は、漢字能力だけでなく、事務処理能力や文章構成能力の向上に役に立つため、社員研修に取り入れる会社も増えている。更に、入学時に優遇・評価をする高校・短大・大学も数多くある。

◆適正について。
級にもよるが、普段から新聞などにて文章や漢字に接する人には比較的簡単に取得できるといわれる。

◆活躍の場について。
パソコンでの漢字変換機能が一般的に利用される今でも、正確な漢字を使用するためには必要なスキルであり、基本的な漢字能力が身に付いていなければ、大量の誤変換となる。ビジネス文章の誤字は、自分だけではなく、会社の信用を失うこともあるので、気をつけておきたい。

◆受験勉強のコツについて。
検定試験では、漢字の読みなどに加え、書き取りも問われる。頭の中で覚えるだけではなく、実際に手で書いて覚える必要がある。日本漢字能力検定協会では「家族受検表彰制度」にて親子や兄弟などの家族が3〜6人で受験し、全員合格した場合には家族表彰がある。家族で協力して勉強するよいきっかけになるともいえる。

◆取得までの方法について。
一般的には問題集などにて独学で勉強する場合が多い。他にも、インターネットを使ったトレーニングプログラムを利用したり、学習方法も様々増えてきている。

茨城 it(http://career.biglobe.ne.jp/tenshoku/type/job_05006/area_08_1/)
CADの資格を武器に! CAD利用技術者の資格紹介

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

通訳技能検定 & 通訳案内士の資格について

November 25 [Fri], 2011, 1:17

通訳技能検定の資格について。

◆資格の内容について。
英語通訳の能力を評価する資格で、日本通訳協会が主催する。もっとも難しい語学試験として知られ、英語力だけでなく、正しい日本語を使うことも大切である。別称プロ通験と呼ばれ、1級通訳士、2級通訳士の2つが存在する。


◆適正について。
難関な試験のために、高度な技能を持つ証明として適切である。通訳をフリーで活躍する人には、特に取得しておきたい。受検に際しては、情報収集等の下準備が重要と言われる。

◆活躍の場について。
国際会議などの会議通訳の機会が一番多いが、それ以外にも、海外ニュースの通訳(放送通訳)、企業の商談、交渉などを通訳(企業内通訳)のニーズも高い。更に、スポーツ・芸能関係などの専門分野で活蹴する人も居る。

◆収入と将来性について。
実力主義の資格なため、年齢に関係なく活躍可能。実際に通訳者として活躍する人の半数以上が女性となっている。トップクラスの通訳者になると、1 時間1万円以上となり、他の資格と合わせて仕事の幅を広げることも可能。

スクール it関係

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


通訳案内士の資格について。

◆資格の内容について。
日本を訪れた外国人に外国語でガイドをするための国土交通省認定の国家資格となる。通訳案内士として、外国人に旅行を楽しんでもらえるかどうか、実践で通用する能力が問われる。試験は1〜2次試験となっていて、語学力から日本の地理、歴史、政治、経済、産業、文化に至る一般知識と幅広い。

◆適正について。
知識と教養だけではなく、様々なタイプの客と接するためのサービス精神も必要。大半は女性で、一生続ける人が多い傾向にある。


◆活躍の場について。
旅行会社に就職し経験を積む形と、日本観光通訳協会(JGA)、人材派遣会社に登録して仕事の依頼を受ける形がある。後者の方が割合としては多い。

◆収入と将来性について。
一般的には、1日25,000〜45,000円くらいが相場となっている。キャリアを積み重ねることで、仕事の信頼が得られ安定した収入になることが多い。特に1年のうちで春と秋、それと国際会議やイベントなどが多い時期に高収入となる。

◆取得までの方法について。
語学力以外にも日本文化などに関する幅広い知識が必要なために独学する場合には、過去の問題を研究することをおススメする。特に1次試験用のテキストや問題集はたくさん出ているので利用したい。合格率は約13.1%程度で難関と言える。

デザイン関係への転職(http://career.biglobe.ne.jp/tenshoku/shokai/kanto/job-0092-1/)
簿記検定の資格 & 司法書士の仕事について

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:転職尾
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる