日焼け止めクリーム禁止の学校のUV対策は?焼けてしまった肌は化粧水でケア!

September 19 [Sat], 2015, 22:26
部活で日焼け止めクリームが使えなくて、お肌の手入れが大変。
生徒が日焼け止め禁止なので、自分だけ塗ることはできない。


そんな、悩みでお困りの顧問の先生はいませんか?


最近、部活動のときも日焼け止めクリームが禁止の学校があるようです。


顧問の先生まで禁止にはならないのでしょうけど、
生徒が日焼け止めを塗れないのに顧問の先生だけ塗るのは
気まずいでしょう。


しかし、熱い中で肌が真っ赤になるくらい紫外線を浴びてしまうと、
お肌のダメージも相当なものになってしまいますね。


日焼け止めを塗らないで紫外線対策をするには、
まず、暑いからといって半袖、短パンではいけません。


最近は、UVカットのアンダーウェアがたくさん売られているので、
半袖、短パンの下に着用するのがいいでしょう。


通気性もよく、日焼け止めを塗るよりも涼しいようです。


そして、つばの長いサンバイザーなどで、顔が隠れるようにして
日が当たらないように対策しましょう。


それでも、顔には日が当たってしまい、紫外線を受けることになるのは
どうしようもありません。


そんな紫外線による、顔の日焼けによるダメージが気になる人は、
フェイステーラーメイドの化粧水でスキンケアをすることをおすすめします。


フェイステーラーメイドの化粧品は、形成外科医 村井繁廣医学博士
が開発したドクターコスメといわれていて、
ダメージを受けたお肌のケアに、とても効果的です。


すぐに塗るのではなく、日焼けした部分を充分に冷やして、
保湿してから化粧水をつけることをおすすめします。

フェイステーラーメイドの化粧品の効果を試したい人は、
こちらをクリックしてみてください。
  ↓    ↓    ↓