高慢と偏見 

2006年04月10日(月) 22時25分
『高慢と偏見』(1995)

良かった。
これは、18世紀末の英国を舞台にした古典的な恋愛小説で、
英国の女流作家であるジェーン・オースティンの代表作である。

一見すると、主人公エリザベスが幸福な結婚にいたるシンデレラストーリーだが、
実はそれ以外にも考えさせられるテーマが多く、現代人に教訓を物語っているかのようにも思う。ホント、誤解や偏見なんてつきものの現代では、何が正しく、何が悪いかの線引きもあやふやだし、何を信じたらいいかなんて分からない。高慢にならず、偏見も持たず、、なんていう価値観はどう身につけたらいいのだろう、と思った。

ところで、この「高慢と偏見」今年の1月からキーラ・ナイトレイ&マシュー・マクファディンのリメイク判が公開されているが、正直、私は95年に作られたドラマ版(ジェニファー・エイル&コリン・ファース)の方が好き。というのも、キーラ・ナイトレイはスゴク素敵で古典映画にもスゴク合っていると思うが、何よりコリン・ファース演じるMr.ダーシー様様には叶わない〜。。。

『高慢』と罵られた自分の性格を直そうと葛藤しながら苦悩に耐えるあの表情、
なぜがこころのどこかに影を背負ってそう、と演じる眉間のしわ、
池に飛び込んだMr. ダーシーが濡れたシャツで歩く姿、
そして何より、実は誠実な深い思いやりのある素敵な貴公子。

いや〜この1作でファンになってしまいました。

祝教授! 

2006年04月09日(日) 21時03分
ところで、ところで、ナナナナなんと、うちの研究室のO先生が
いつの間にやら「助教授」から「教授」に昇進していた。

履修ガイダンスに出た後輩が、先生のパワポを見て
肩書きが変わっていることに気付き、うちらもリサーチ開始。
大学のHPから教授一覧を検索して「あら、ホント」と確信した。

でも、それにしても、先生の方も隠しているなんて、、水臭い。
恥ずかしくて言い出しにくかったのか、うちらが気付くまで待っていたのか、
それとも先生の中で何かプランがあったのか、分からないが、
知らなかったのは、すごく、してやられた感じ。

いや〜でも何はともあれ、めでたいめでたい。
教授!」

魔の一週間。 

2006年04月09日(日) 20時20分
とにかく大変な一週間だった。。。
腰、痛いのに病院に行けないし、研究発表の準備もしなくちゃいけないし、
就活もしなくちゃいけないし、の三重奏。
そして予定の変更ラッシュ。。
一度予定変更をしたら、他社の面接とかぶり、他社を変えたらまた違う他社とかぶり・・
の連続。

はあ。疲れた。

ぎっくり腰?! 

2006年04月02日(日) 3時37分
腰が痛い・・・


洗顔しようと一瞬前かがみになった時、
背中に激痛が走った。
なんだろう、この感覚。

ぎっくり腰?!

でもまだ歩ける。

親には病院行きなさいと言われたけど、
今もし健康診断行って、『問題あり』なんて証明書もらったら
どこにも就職なんてできない気がして行きたくない。

どうしよう。。

背中をピンと張り座ってる分には大丈夫だけど、
体重のバランスを掛け間違えると痛いのなんのったら。
例えるなら、ファスナーを持ち上げようとしてその間に肉が挟まった感覚。
ほんとどうしたんだろう。

骨でもズレた?というか脊髄神経がどうかなったなったのかなー?
病院行こうかな。

だれか、こんな感じ体験した人いますかー??

筆記試験 

2006年04月01日(土) 23時08分
筆記試験、受けてきました〜@ビッグサイト
『英語・時事・作文』
私の最も苦手とするジャンル。
なら、なぜ受けるの?と突っ込まれそうだが、理由は至って簡単。
だって、マスコミ業界の大御所だから〜。
もちろん、通過したら嬉しいケド、そうでなくてもねぇ。ウケテミタクテ・・。
またまた記念受験ならぬ、記念就活しちゃいました。

ちと反省

でも、このN社。大手にも関わらず学生への配慮を忘れないトッテモ温かい会社で
すごく魅力的デシタ。こんな私にも気を使って下さりアリガトウゴザイマス
企業ごとにカラーが違うのはあたり前だけど、やっぱりこのN社のように人材=大切と考えている会社で働きたいと思った。でも中には人材=使い手 使い手=大切 だから人材=大切と考えているとこもあって、確かにそうだけど、私は同じ働くなら前者がいいな〜。


ところで、某G社から面接のお誘いが来た〜。
なんでも『ビジネスカジュアル』で来てくださいとのこと。
おっ、何着ていこう〜?!

肥満予備軍?! 

2006年03月31日(金) 17時39分
こないだの父と友人の会話。

友人 『こないだ定期健診行ったんだけど、太りすぎって言われたよ。
     痩せなさいって。『肥満』らしいんだよね。』
父   『ほんとに?なんで?』
友人 『なんでも沢山食べるからかな〜?』
父   『あ〜それはあるかもね。で、今何キロなの?』
友人 『7.5キロだね』


(私  『7.5キロ???え?何?75キロの間違い??でも、なんか違うぞ。
    何だろう??』 )

友人 『で、お医者様に、キャットフードをね・・・   

私   『え〜〜〜〜〜!!! 何??? 猫の話??? 猫が肥満???』
   『笑 笑 笑』


子供教育が危惧される昨今、大人の生活習慣が及ぼす子供『肥満』もまた危ぶまれているけど、
それは人間に限ったことではなくペットでもそうなのね、と驚嘆した。確かに考えれば、『そうだよね』とうなずいちゃうけど、変な固定概念にとらわれていて、肥満=人間のことと思っていた。それにしてもホント驚いた。


ところで、それ以降、父の友人の愛猫は『脂モノ』は避けて、『ノリ』ばかり食べているのデシタ。

〜おわり〜


ところで、今日、うちのチビチビの体重を測ってみたら、5キロもあった。
もしかして、これって、すでに『肥満予備軍???』

世にも不思議な中国人 

2006年03月30日(木) 3時20分
良かった。というか、『ホント???』
と頭がハテナマーク一杯になった一冊の本。
『世にも不思議な中国人』













内容は、中国人の日常を書き連ねたブログ日誌。

中国人が『どう感じて、どう行動して、どう対応するか』に尽きる。
しかし、その内容のあまりにスゴスギルこと。
日本では絶対にありえないことばかりで、正直、モラルの基準が分からなくなる。
そして、もし私がこの作者のらんさんだったらすでにノイローゼになって病院送りになっていると思った。
もちろん、これは多少脚色されたシナリオなので鵜呑みには出来ないが、
でも、題材として取り上げられるということは、多少なりともそういう事実があるってワケで、
正直、かなり驚愕したし、関わりたくない・・と思ってしまった。
でも、百聞は一見にしかずというように、自分で確かめてから判断しようと思う。
ほんとあまりの無知に自分が恥ずかしくなった。

祝卒業 

2006年03月29日(水) 23時42分
祝卒業!

とは言っても私はまだー。来年まであと一年ある。
今日は、同期として頑張ってきた友人一同の卒業式があった。
皆フォーマルな衣装に身を包み、証書を片手に写真を撮っていた。
こぼれる笑みは達成感や充実感で一杯で、スゴク羨ましかった。。
そして悲しくなった。

『みんな行っちゃうよ〜』


正直、ドイツに行ったのは自分の選択だし、終了が1年遅くなるのも分かってたことだけど、
これまで想像していなかった何かが違った。それは違和感の一言で片付けられるのかも知れないが
それ以上に、少し置いてきぼり感がある。

『私も一緒に連れて行ってよ〜』

今後どうなるのか、スゴク不安だー。

ブーケ 

2006年03月22日(水) 21時07分
ブーケもらった〜。

負け犬の遠吠え 

2006年03月19日(日) 3時08分
遅れませながら、読んでみました〜『負け犬の遠吠え』。
でも、、なぜか読んでてしっくりこない。
というのも、勝ち負けは『何を生産しているのかの違い』で決まると。
確かに、勝ち犬の生産する『子供』は、負け犬の『お金』なんかよりずっとずっと
まっとうだし、はるかに価値は高いだろうけど、でも、比較するのは間違っている気がする〜。






だって、それは、人間とサルが知能比べをしているようなものでしょ?
1+1=のような計算ドリルを制限時間内でどちらがより高得点を取れたか競いあっているかのよう。
もちろん、人間の言語で書かれたテストをサルにさせるわけだから、人間が勝てて当然だけど、
それを人が勘違いして勝手に勝ち犬と思いこんでいるだけだと思う。
だけど、もし比べる課題が、『木登り』とか『バナナの早食い』だったら、サルが勝つわけで・・・。
でも、著者は人間本来の目的『子孫繁栄』を掲げているために、『計算』に軍配が上がるわけで・・・。

でも、、正直、何かを比べるなら比べる対象を合わせてあげるべきな気がする。
例えば、さっきの例のように知能テストをするなら、人とサルではなく、人と人での計算問題対決にするのが最低条件だし、この『負け犬〜』なら、家庭を持った人同士、持たない人同士をそれぞれ別個に考慮するべきじゃないのかなあ。その上で、勝ち負けを判断すべきな気がする。。

でも、もし、勝ち犬になったとして、何かやり遂げたい「目的」があったにも関わらず、
それを家庭に入ったことで達成できなかったら、やはりこころにシコリが残るだろうし、
それはやっぱり負け犬要素に見えてきてしまう。。
私はやらないで後悔するなら、やって後悔したい気がする。
 
  ・・ってことはもしやもうすでに負け犬???


でもやっぱり人生振り返ったときに、その都度の選択を後悔はしたくないな、なんて言ってたら
きっといつまで経っても負け犬から脱出できないのかなあ。


  ・・う〜ん。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像クロ
» 肥満予備軍?! (2006年04月02日)
アイコン画像クロ
» ぎっくり腰?! (2006年04月02日)
アイコン画像すみ
» ぎっくり腰?! (2006年04月02日)
アイコン画像むかぼ
» 肥満予備軍?! (2006年04月01日)
アイコン画像すみ
» 肥満予備軍?! (2006年03月31日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:schoko922
読者になる
Yapme!一覧
読者になる