青空の途中

August 13 [Sun], 2017, 22:00
ごきげんよう、ルナでございます。




先日はイチさんと共に担当した初めての夜話・眼鏡夜話を無事に終え、ホッとしております。旅人さまたちもそしてメイドたちまでみんな眼鏡をかけているという、シャッツキステ史上最大の眼鏡パラダイスと化した館内は眼鏡好き眼鏡メイドの私たちにとってとても幸せな空間でありました…!ドレスコード眼鏡にご協力いただいた皆様、ご来館いただいた皆様ありがとうございました。


眼鏡を語り尽くして私の夏は早くも終わった…燃え尽きた…と思いきや、夏はまだ去ってくれなくてですね、、(むしろこれからが本番?)
記録的な真夏日があったと思いきや涼しい曇りの日になったりと気温差が激しい今日この頃、体調を崩されてはいませんでしょうか?

ミソノさんとエリスさんと一緒にメイドの畑を訪れた日は、それはそれは太陽が絶好調の日でした。まさに絵に描いたような空模様で、スカイブルーの空に真っ白な雲がもくもくと、そう、まるでルネ・マグリットの描く青空のような・・・




マグリットは背景に空を描き込んだり、時には空模様そのものを描いた作品を多く残しています。
写真の作品は
《空の鳥 (Sky Bird)》1966年 油彩/カンヴァス 68.5×48p

羽ばたく鳥の形に夜空をくり抜き、そこに青空がはめ込まれています。このような鳥のシルエットに青空がはめ込まれたイメージの絵はいくつか存在するのですが、この絵では右下にオレンジ色の点が連なっています。(この写真だと分かりにくいでしょうか。。)そう、それは飛行機の滑走路の誘導灯なんです。
実はこの絵、マグリットの生まれ故郷であるベルギーの航空会社の社長さんの注文によって描かれたものなんです。そして、この鳥はその航空会社のシンボルマークとして旅客機の翼を飾ったりと宣伝媒体にも使われたとか。当時のベルギーの人々には馴染みのある鳥さんマークだったのかもしれませんね。

私も旅客機に乗って、旅に、どこか南のほうへ・・・といきたいところですが、暑いのは得意ではないですし、もう少し涼しくなってからにしましょうかね。
マグリットといえば、ベルギー奇想の系譜展が気になっています。南の島より美術館のほうが行きたいかも!

それでは、また。
  • URL:http://yaplog.jp/schatzkiste/archive/3625
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シャッツキステ
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
シャッツキステ 公式サイト
『宝箱』という意味のシャッツキステは、クラシカルなメイドが給仕する私設図書館カフェです。手作りの焼き菓子とお紅茶、すてきな本をご用意しております。