館内の不思議な箱

December 05 [Mon], 2016, 22:00



ごきげんよう、ノアです。


もうじき今年が終わりますね。
オールワークスのモモさんがやり残したことは、私にサンタ服を着せることだとか。


じゃあモモさんはトナカイ服かぁ。




さて、館内がとってもクリスマス色です。メイド手作りのリースや手編みのくつ下が飾られています。赤や緑の小物がいっぱいです。


ちなみにもし旅人様のおうちもクリスマスらしくしたいのにそれらしいものが無い!ということでしたら、提案です。


ぜひ福本伸行さんの
『天 天和通りの快男児1巻』、『天 3巻』(not新装版)をお部屋に取り入れてみてくださいませ。


どちらもものすっごくクリスマスカラーなんです。
どのくらいクリスマスカラーかというのはぜひ館内で確かめてみて下さいませ。少なくとも木曜日までは、館内に置かれているかと思います。


あ、天といえばちょうど今週木曜日のメイド夜話のテーマが天でしたね。
(決して宣伝はないですよ。ちなみに20:30からです。担当はライゼさんです)






館内の暖炉の上には、宝箱のような物が置かれています。
蓋には「open」の文字が。


不思議の国でアリスが出くわした「eat me」の言葉のようにとっても怪しい響きに感じますね。


どなたか開けられた方は、身体が大きくなったり小さくなったりされたか教えてくださいませ。

『天 天和通りの快男児夜話』は12/8(木)20:30-21:30 #sc_yawa

December 01 [Thu], 2016, 22:00





ごきげんよう、ライゼです。



師走ですね。慌ただしくなってまいりました。


師匠もといメイド長のみなさんがクリスマスの支度に追われているそのお隣りを、


わたくしもなぜかヒィヒィ言いながら走っております。


めまい息切れ筋肉痛のまっただなかでございます。




普段のんべんだらりなわたくしがなぜ走っているのか。




そうなんです。


一週間後の夜話のレジュメがまだ完成していないからなんですね……。


長期連載完結した漫画の単行本って、


大掃除の途中や大切なイベントの前日に、目の端にうつしちゃダメですね。


レジュメも作らず読みふけってしまう、堕落のスパイラルにしっかり足を踏み外しております…へへ…こたつも出しちゃえ…。




さてさて! テンションあげてまいりましょう! いよっ!


今月はわたくしライゼが麻雀人情漫画『天 天和通りの快男児』について、


冬の寒さを吹き飛ばさんばかりにアツく、アツく語ることとなりました!


12月8日 20:30-21:30


『天 天和通りの快男児』夜話


担当:ライゼ


場所:私設図書館シャッツキステにて




著者の福本伸行先生は『天』のあとがきに、


『天』がなかったら後に続く『アカギ』『銀と金』『カイジ』も


この世に出せなかったかもしれない、と記しています。


読んだことがある方は、わたくしを助けに来てください。


読んだことがない方、麻雀が分からない方はわたくしの話を聞きにいらしてください。


既刊18巻完結済みの漫画が題材の夜話なのですべてを語り切れる気がしません。


ですので今回は、主に16巻から18巻完結までの、通夜編について語る予定です。


しかしながら未来のことはだれにも分かりません。


予定は未定でございます。


『神域』『鬼神』『百年に一人の天才』『転ばずの赤木』と呼ばれた男・赤木しげるについて、


また、その男を看取った三流の人間たちについてじっくり語ります。


参加ご希望の方は当日開始時間までに、私設図書館シャッツキステまでお越しください。








夜明けの陽もまだのぼらない、冬のくらい道を走っていると、


頬がこんなにつめたいのは夜のせいなのか冬のせいなのか、


いまわたくしが走っているせいなのか考えて、ふしぎな気持ちに包まれます。


冬の朝の、真っ暗い空を映していた川の水面に染み込むように朝日が反射して、


目に突き刺さるあざやかなきらめきはなんとなく好きです。


きれいなものを見た時のあのなんともいえない、すべて許されたような気持ちになるのはなぜなんでしょうね。


今日こんなにがんばって走ったんだから明日はお昼過ぎまで寝ててもいいよ、と世界中がわたくしに語り掛けてくるような気がしますね。






今年もおしせまってまいりましたが、健康には十分にご留意ください。


走りすぎて疲れてしまったそんな時は、当館にてゆっくりとお紅茶を楽しみつつ、


ほっと一息 体も心もやすめてください。

冬組が冬組である理由

November 30 [Wed], 2016, 23:00



ごきげんよう、ノアです。
11月も終わりを迎えます。


昨年、雪が降ったのは年を明けてからだったように記憶していますが、
今年は11月に初雪が見られましたね。


いよいよ冬が始まります。いえ、もうすでに始まっている…?
レイラさんの駄洒落でヒンヤリとした気分になれる季節です。


当館一の寒がりメイドはミソノさんです。春夏秋冬どんな場所でもニコニコと平気そうな笑顔のイメージですが、実はこたつ生活に憧れている、といつか聞いたことがあります。
ミソノさんは冬の寒さが苦手で秋組に移った、というのは風の噂です。


意外と平気そうなのがツバキさん。
南極でルンルンとマドレーヌを焼いてくれそうです。


〜冬の寒さが得意なメイドトップ3〜
(※ノア調べ)



1位 ツバキ
理由:春でも夏でも秋でも冬でものほほんとお菓子を作ってそう


2位 レイラ
理由:駄洒落の呪文で冬の寒さをやっつけてくれそう


3位 ユキト
理由:「あれ…?今って冬でしたっけ(ニコニコ)」とかマイペースな事を言いそう


なるほど。全員冬組ですね。
みんな、冬に強いから冬組なのかな…?


弓道メイドのユズさんも体幹を鍛えてるから、寒さには強そうですね。
さすがの冬組です。

暖のとり方あれこれ…?

November 28 [Mon], 2016, 22:00








11月に初雪が降るのは54年振りだとか。
まだ11月という事実に驚きを隠せないノバラです。早くも、冬が越せるかとても心配になってきました…


中には、この寒さで既に冬のフル装備を装着してしまったメイドもいるようで、館内でもあったかアイテムのお話に花が咲きました。


わたしは旅人さまから教えて頂いた"ハクキンカイロ"という、オイルで暖める道具がとても気になっています。…何だかかっこいい!

あと、こたつ!こたつにはあまり馴染みがなく、みなさまが口を揃えておっしゃる、魔力の程が気になっています。やっぱりみかんは定番なのでしょうか。


そしてわたし的最も不思議な暖の取り方として、犬や猫などの動物を膝に乗せて暖をとるという方法に驚きました…動物ってそんなにあったかいのですか…?いつか一緒に暮らしてみたいものです。




さてさて最近のわたくしはといえば、ふらっと立ち寄ったお店で買った漫画が当たりでとてもほくほくしています。


タイトルは「乙女ケーキ」

気になって手にとってみると、作者さまも初めて見るお名前。あらすじも書いていない。

薄いピンク色の表紙で線が細めの、制服を着たいろんな女の子が戯れている絵。(全然怪しくないですよ)


そう、続ジャケ買いです!


登場人物はほぼ全て女の子のみ。

言いたいけど言えない、伝えたいけど伝えたくない想い…

なんて耽美なのでしょう!!!

短編集なので読みやすいですよー!


そして今期、某スケートアニメも素晴らしいのですが、女の子が出てくるアニメ"フリップフラッパーズ"にもはまっています。

どんどん縮まる2人の距離に目が離せません!







…いいですか?暖をとるにはこういうやり方もあるんですよ。ふふふ


とはいえ、みなさまもあったかアイテムを駆使してお風邪などひかれませんように!

また図書館でお会いいたしましょうね。



ノバラ



ユキトキ

November 25 [Fri], 2016, 22:00
雪の…冬の匂いがする…




ごきげんよう。

ユキトです。


先日、初雪を迎えましたね。

冬の和菓子といえば、「練り切り」では椿、雪兎を形取ったものが和菓子屋さんでも多く見られます。



「雪平」と呼ばれるお餅のような和菓子があるのですが、雪がこんもりと盛られた様な滑らかなお餅なので、冬の和菓子にはぜひ使いたいなぁと考えていました。


お餅を乾燥させた「氷餅」を雪平にまぶすと、お菓子が雪でお化粧したような、柔らかな表現ができるのです(*´-`)


考えていると、作りたくてうずうずします…!


色んな和菓子を、いつか和菓子の夜話で紹介できたらいいなぁと思っています。



ユキト

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シャッツキステ
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
シャッツキステ 公式サイト
『宝箱』という意味のシャッツキステは、クラシカルなメイドが給仕する私設図書館カフェです。手作りの焼き菓子とお紅茶、すてきな本をご用意しております。