フェレットでえり姉

May 06 [Fri], 2016, 21:58
住替えをしなければいけなくなったので、最初にインターネット上を活用して合わせて書籍を活用して知識を入れようと思いました。最初に知っておかなければいけないのは、不動産はどのくらいの価格で売れるか、大手不動産と地元密着の小さい不動産屋さんのどちらを選ぶか、これら2つは欠かせない情報です。物件の相場が分からないと売った後のことがよく見えませんし、誠実な不動産屋さんを見つけませんと思ったとおりの価格で売ることが難しいです。
不動産を売りたいと考えるなら、REINSを使って周辺の相場を知るのが常識です。REINSを利用するのにお金はかかりません。レインズなら不動産の価格を入手できますので、売却する予定となっている土地やマンションの相場をおおよそつかむことが可能です。不動産屋さんに出向く前に価格を知ることができれば、お客としてちゃんと対応してもらえなくて安い価格を提示される危険性をおさえることができます。
不動産を処分するなら、あらかじめ、経費もたくさん発生することを知っておきましょう。経費はたくさんかかるということを知っておくほうが良いです。経費として最初に必要なのは不動産屋さんの取り分である仲介手数料です。売買代金の3.24%+64800円を上限とすると決められているので、5000万円の不動産だとだいたい160万円になるのです。これだけでなく、譲渡所得税や印紙代などがかかりますし、自宅を売却するなら引っ越し費用も必要です。仮に4000万円で不動産が売却できても、全額を収入としてアテにしてはいけないわけです。
土地を売らなければいけないケースとして、相続をあげることができます。相続は複数の相続人で1つの不動産を受け継ぐことがあります。遺産の分割協議を相続人で実施した結果、1つしかない不動産を1人だけで受け継ぐことができない場合、何とか換金しなければいけないわけです。相続税は基本、現金で納めますが、現金での納税がどうしても難しいようなら延納と言って納税を遅らせることもできますので、できるだけ物納は避け、現金で納めたいところです。
駐車場経営を考える土地のオーナーは多いので、典型的な土地活用の手法として認知されています。アパートやマンションを建てることに比べれば、ハードルが低く感じられるのが理由でしょう。駐車場を運営する場合、月極めもあればライバルの状況に応じて判断すれば良いでしょう。オーナーにとって大事なのは収益性(採算)なのでしょうが、お客さんの立場でよく考えないと、儲けられないどころか採算も採れません。
住宅を売るにはある程度の時間が必要なので、売り急いではいけません。最低でも3ヶ月から6ヶ月の期間を見ておくべきです。売り主が急いで処分したいと思っていることを購入希望者にバレますと、売却価格をたたかれてしまい、思うような価格で処分できないかもしれません。引っ越しのためにマンションを処分するなら、住み替える家の購入に必要なお金を残債を含めて支払い切れるのが良いので、不動産屋のアドバイスを受けて良い取引をしましょう。
マイホームを売る場合、買い手が物件を見に来るわけですが、この時に注意すべき点があります。物件をなるべく高く売る上で重要です。何でもそうですが、最初に与える印象を良くすることが必要です。訪問を受ける際、最初に目に入る門や玄関などの入り口をキレイにしておきましょう。あと、プロに依頼して(ハウスクリーニング)清掃をし、室内の臭いを取り除くために窓を開けておくと買い手の心理も改善するため、購入を前向きに考えるようになる傾向があります。
不動産を売却した時の税金って高いですよね。イヤになってしまいます。モノが高いだけに、税金の金額も高額になりがちです。家や土地を売ったことで生じた利潤は専門用語で「譲渡所得」と言うのですが、基本的にはこれに対し、国税である所得税と地方税である住民税がかかります。また、土地に限っては短期間での売却だと、実はそうでなかったとしても、土地転がしだったと決めつけられ、税額が長期よりも高くなるのです。5年未満の所有だと、倍近い税金を払うことになります。
「一物四価」という言い方は、土地に複数の値がつくことから言われているものです。それぞれ別の主体が求めるものですが、計算方法は専門家だけ知っていれば十分です。これらを2つに分けるなら、税金を計算するために必要なものと、土地取引の参考にするためのものとに分けられます。相続税評価額(路線価)と固定資産税評価額は税金のための価格で、これらは公示価格の7割前後になることが多いです。公示価格は実際の取引の参考にするための指標ですが、現実に決まる取引価格は、それらとは違うことがほとんどです。現場の不動産屋は現実的な価格を知っていますので、古いデータであるそれらを使うことはまれなのです。
マンションや一戸建ては1,000万円以上するのが普通なので、サラリーマンにとっては生涯でそう何度も経験することのない、大きなイベントです。そのため、知識不足で買いに走ると買ってから致命的なミスに気付く危険があります。住宅ローンや税金、不動産屋での手続きなどの知識は大事なことですが、周辺の街の空気を自分の目で足で確認することが何より一番大事なことではないかと私は考えています。有名な土地はイメージをあらかじめ持っている人が多いものです。三鷹や世田谷など、良い印象をお持ちではないでしょうか。印象がよくても、生活してみたら不便だったということはよくあります。ですから、いきなり契約せずにきちんと現場を知ることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レント
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/scfleussudifus/index1_0.rdf