シナリエイト〜無料ブログで稼ぐシナリオアフィリエイト 

August 15 [Mon], 2011, 0:11
シナリエイト〜無料ブログで稼ぐシナリオアフィリエイト

シナリエイト〜無料ブログで稼ぐシナリオアフィリエイト



下記より購入すると最大3000円還元されます!
シナリエイト〜無料ブログで稼ぐシナリオアフィリエイト






あれは21才の冬、確か1月の終わり頃だったと思います。
わたしは酔っ払いの車に衝突されて膝の横骨を骨折して1ヶ月半程入院しました。


事故現場は見通しの良い片側一車線の田舎道。
その日は愛知県では珍しく1センチ程雪が積持っていました。


そんな雪の舞う寒い夜中の2時頃、バイトからの帰り道に原付を運転するわたしの前方に
急に対向車がウインカーも出さずに右折をしてきたのです。


とっさの判断でわたしは原付を楯にとるような形で車にぶつかっていきました。
その衝撃で雪道を滑るように10メートル程投げ飛ばされてしまいました。


さいわい雪が降っていてスピードが出ていなかったのと、路面に積持っていた雪が
クッションの役割をしてくれていたので大事故に至りませんでしたが、あの時の車が
突如前方に現れる光景と、グシャッという衝突音はまるで映画のワンシーンのように
今でも鮮明に記憶に残っています。

シナリエイト〜無料ブログで稼ぐシナリオアフィリエイト

吹っ飛ばされうずくまるわたしに、慌てて駆け寄ってくる運転手の女性。
年は40くらい。


いかにも田舎の水商売女って感じのセンスのないよれた服とやつれきった顔。
ぼっさぼさの艶のない髪の毛と充血した目・・・。



す、すみません、大丈夫ですか?


うぅ・・・


衝撃と痛みで唸りながらしかめっ面で、その女性の顔を見上げた瞬間


酒の臭いが・・・



てっめぇー、酒飲んでるだろ!!


いえ、飲んでません


酒くせぇじゃねーか!!


いえ、飲んでませんって


てめぇーー!はよ、警察呼べ!




そして次の瞬間ババアが信じられない行動をとる。


「家が近いので1度家に戻って警察に電話してきます。」
とわたしを取り残したまま足早にその場から立ち去ってしまったのだ。
当時はまだ携帯電話のない頃でした。

情報商材レビュー

動揺しすぎていたのか飲酒発覚を恐れたのか分らないが、随分とナメたマネをしてくれた
ババアに猛烈に怒りを覚えたが、直ぐにそれ所では無い状況に、どう対処すべきか
頭がいっぱいになった。







ショックと痛みと不安が頭の中でぐるぐると駆け巡る。
冷静に足が動くか確かめてみたが痺れて膝を動かすことすら出来ない。


そして、この時はじめて出血していることに気づく。
しかも、大量に・・・。血を見た途端に激しく動揺し一気に弱気になる。


とにかく病院に行かなければ・・・
誰かに助けてもらわなければ・・・


しかし雪のせいか車もまったく走っていない。



くっそー



時間感覚が麻痺していたのでよく分からないが、最初にわたしに気づいてやって来てくれたのが
新聞配達のカブ(原付き)に乗ったおじさんだ。
おじさんは新聞屋に戻り車で迎えにきてくれると言ってくれた。


それから直ぐにクソババアが旦那らしき男を連れてやって来た。
寝ぐせをつけ汚らしいグレーのスウェットを着た冴えない気の弱そうな男だ。


既にこの頃戦意を喪失していたわたしは、二人が平謝りするのに対応する事すら面倒になり
無視していた。


雪山で遭難して意識がもうろうとしていくのって、こんな風に何をするにも面倒になり徐々に
気力が失われていくのだろうか・・・と思ったりもした。



大袈裟だけど・・・。








とにかく病院に送れとだけ命じる。


途中ババアは「警察に電話したんですけど雪で出払っていて、こっちに向かうまで
時間がかかるといわれました・・・」と酒臭い息で言い訳じみたことを言う。


どうせ旦那に相談でもして飲酒事故の隠蔽(いんぺい)のため警察には電話を入れた
ことにしておこうと話がついていることは容易に想像がついた。


シナリエイト

海外あきんど多田流本格輸入ビジネス講座

「成功の9ステップ」オーディオコース 特別版

『Dash Max 365 』初心者、中級者用・サイト量産カンタンコース 365日★あなたの稼ぎが加速する!毎日アフィリエイト報酬を発生させ、あなたの財布にお金を入れるソフトウェア

さとちゃんのメールでざくざくアフィリ

さとちゃんのメールでざくざくアフィリ

【副業マニュアル】5manprogram〜セルフイメージ×稼ぎ方で一生稼ぎ続ける〜

うっせぇー



しかし、もうそんなことはどうでもいい。
とにかく手当てが先決だ。
病院は車で10分程で着いた。


「免許証よこせ!」とババアから免許証を奪い取ったわたしは、車椅子に乗せられ治療室へ・・・。
看護婦が素早く患部周辺のジーンズをハサミで切り取り傷口の縫合手術が開始する。



開けてびっくり!
左膝の余りにもエグい映像に意識が遠のく・・・。



傷口はかなり大きくぱっくり開いていた。
その幅は3センチ、傷の長さは5センチくらいだった。



生まれて初めての大ケガに
完全にびびりまくる


医師は、何の合図もないまま傷口に直に麻酔をぶっ刺す。
余りに衝撃的なシーンに何度もめまいがした。


傷の中に!
しかも3箇所!!


もう、半泣き状態・・・


が、痺れていてまったく感覚がない・・・
ってことは、縫合手術もイタクナイカモ・・・と反射的に思った。


そして、医師はまるでお母さんが雑巾でも縫うかのごとく手慣れた手つきで、
糸の通った痛くて強そうな針をわたしの皮膚に突き刺し手術が開始する。



うっ・・・


その瞬間、力が入りまくり足がつる。


つった!つった!足がぁ・・・


それでも医師はまったく動じることもなく足の指をストレッチさせ、つりをおさめる。


そして、また縫い始める・・・。
と同時にわたしも恐る恐る目線を傷口にやると、既にひと針縫い終えている



おや?


まるで痛くない・・・



ってことは?


もしかして、これ大丈夫?



糸で皮膚の皮を想像以上の力で引っ張られるその感覚は、まるで靴ひもを強くひっぱりながら
締めるかのようであった。


しかし、想像していた程の痛みもなく手術が終わって、かなりホッとしていた。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シナリエイト
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
美肌・美白 バストアップ方法 二重まぶたにする方法 筋力トレーニング方法 無料 被リンク
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/scenariaterev/index1_0.rdf