大企業への就活 筆記試験でコケないためには?

September 05 [Mon], 2016, 14:43
今では、面接に行く前に筆記試験を実施する企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)も多いです。特に大企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)になると、応募者数も相当な物ですから、書類選考→筆記試験→面接という風に順を追って採用者を絞っていくのです。それでは、筆記試験(記述式、マークシート式などの他、作文や小論文などが出題されることもあります)でコケないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?筆記試験(記述式、マークシート式では、それぞれにコツのようなものがあり、事前の対策が必要不可欠です)は、適性検査・一般常識・作文(小論文)などが一般的なのです。中には、この三つの種類すべて実施する企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)もあれば、適性検査だけであったり、作文だけのこともあるらしいです。筆記試験(答案用紙に筆記具で記入する形式の試験のことです)でコケないようにするには、日常から対策を練り勉強をすることでしょう。適性検査に関しては、対策のための本も売られていますから、日常から練習しておくことで、点数をあげることができるみたいです。一般常識問題に関しても、一般に売られている問題集(収録している問題の?も大切ですが、解説がわかりやすいかも重要でしょう)などを使用し、十分に勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)しておきましょう。最初の段階では、志望する企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)が過去にどういう問題を出しているか、情報収集しておくことが重要になります。また、日頃から新聞(それぞれ各紙で個性があるものです)を読んでおくといいかもしれませんね。時事問題(新聞やテレビのニュースをチェックすることで知ることができるでしょう)に強くなるようです。作文(小論文)については、テーマを与えられ、決められた制限時間に一定の文字数で書くことになるのです。ですから、一定の時間に決められた文字数で書くという事を練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)しておきましょう。簡単なように思ってしまうかもしれないですねが、決められた文字数で要点をまとめて書くというのは難しいです。ただ、事前に十分に対策をとっていれば、慌てないで落ち着いて筆記試験(作文や小論文などが出題されるとわかっている場合には、テーマに沿って一定の字?で文章を書く練習などをしておいた方がいいでしょう)を受ける事ができるのではないでしょうか
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/scdornegrieolh/index1_0.rdf