アロマをはじめるときの注意事項 

September 16 [Thu], 2010, 21:59

正しく扱わないと
キレイになるどころか
炎症を起こしたりもしちゃいますから

まずははじめる前に注意事項を。。


☆精油を取り扱うときの注意事項

@原液は直接肌につけないように

もし、ついてしまったときは大量の水で洗い流すこと。
飲用や点眼もしてはいけません。


A精油は引火する可能性があるので火のある場所では気をついけましょう

B保管はきちんと蓋を閉め、冷暗所で保存

精油は空気や高温多湿、紫外線を嫌います。
劣化してしまったものを使うと良くない作用を起こしたりもしますから
精油はもちろん、精油をブレンドして作ったコスメなども
遮光瓶に入れるなどして冷暗所での保存をおススメします。

C扱う人によって注意が必要

お年寄りの方やや既往症のある方、敏感な体質の方には
香りに過敏な反応を起こしてしまうことも。
健康な人でも体調によって不快に感じることもあります。
まずは、基準の半分以下の量で試すことをおススメします。

また妊婦は身体がとても敏感。
精油によっては妊婦の方にはおススメしてはいけないものもあるので
十分注意してください。
そうでない精油を扱う場合でも芳香浴法以外のアロマテラピーをするときには
特に注意するようにしてください。

3歳未満のお子様には芳香浴以外の使用はすすめられていません。
また3歳以上でも基準値の半分以下の量が使用の目安となります。


D光毒性の精油に注意
ベルガプテンなどの光毒性を持つ成分を含む精油を使用したものを
皮膚に塗布した状態で紫外線を浴びると色素沈着や炎症作用などの
皮膚刺激を起こすことがあります。
使用後すぐの外出などは控えるなど十分な注意が必要です



正しく使用してアロマテラピーを楽しい時間にしましょう

ブログはじめました 

September 12 [Sun], 2010, 15:39


実は

『再開』

というのが正しいのですが


内容も目的も全く違うので
タイトルも新たにブログをはじめてみようと思うのだぉ


きっかけは8月に受けた
『アロマテラピーアドバイザー講習会』


晴れてアタクシ
『アロマテラピーアドバイザー』に認定されたのです


次なるステップとして
インストラクターとかセラピストとか
あるんだけど


費用のこともあるし

その前にアドバイザーとして認定されたものの

まだまだ『初心者』の域なのですよ


だからここでは

自分への覚書として

アロマオイルやアロマテラピーで使用する基材の性質を

ちょこちょこアップしたり


実際作ってみたコスメティックのことなんかもアップしてみたり

その他

普段自分がお気に召して居るものやことを

徒然なるままに


書いてみようとおもうのだぉ


ここに来てくれた乙女たちの
乙女階級が上がれば幸いです


勿論ビューチィに限った内容ばかりでもないと思うので
日本男児のちょっとした嗜みにもなれば幸いです
P R
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる