むくみにならないためにビタミンの不足には注意が必要ですね

September 23 [Sun], 2012, 0:10
むくみは、ビタミンやミネラルが足りない時に発生することがあります。
カロリーは足りているのに、ビタミンやミネラルといった少しあれば足りる栄養成分が足りないし、むくみや疲れを感じる、といった自覚症状がある人が増加しています。普段の食事をちょっぴり見直し、欠乏症を予防しましょう。

ポイントは下記の5つです:

1.野菜を摂りましょう。
野菜のなかでも、緑黄色野菜のとることがを心がけます。各種のビタミンやミネラルが淡色野菜と比べて格段に多いからです。野菜は、熱をあたえると思いのほかかさが減ります。サラダだけでなく、スープや煮物、または蒸したりゆでたりして食事に取り入れましょう。

2.甘い物をあまり食べないように。
ご飯やパスタ、パンといった穀物や、糖分などの糖質を大量にとることがすると、その代謝に、ビタミンB1やB2を大量に消費することになります。糖分をとりすぎると、これらのビタミンが足りないすることになります。

3.乳製品を摂りましょう。
ミルクは理想的な栄養源です。大事なカルシウム源になります。1日1本を習慣にしたいですね。ミルクを飲むとおなかがごろごろするという方は、ヨーグルトもいいですね。

4.インスタント食品は控えめに!
インスタントラーメンやハンバーガー、調理パンなどは、手軽に空腹感を解消できるという点で便利ですが、これらの食品に頼った食事をしていると、カロリーはとることができても、ビタミンやミネラルが足りないします。まったく食べないというわけにはいかなくても、たとえばラーメンに卵をひとつ落とす、ホウレン草を加える、海苔を一枚加えるだけでもいいのです。ちょっとしたアイデアをだしてみましょう。

5.お酒のおつまみをアイデアしましょう。
飲む前にチーズを一切れおなかに入れておくだけでも結構です。ホウレン草のおひたしなどをつまみにしてはどうでしょう。もちろん、枝豆もOK!

その他おすすめのむくみをとる方法はココ
P R
カテゴリアーカイブ