夜遅くに待つバス 

2009年05月14日(木) 15時41分
西南大学文学講座へ参加。長谷川法世氏「川上音二郎」を語る。オッペケペーの音二郎くらいしか知らない私にとって初めて聞くことばかりだった。 終ってNPO講座、終って反省会、一足早く帰ったものの時間的に交通の連絡悪く40分足止め、帰宅は12時前、遅くなるとバスも電車も本数が少ないが人々はゾクゾクと列をなしバスを待つ。見上げればかけ始めた月のみは何事もないように人々を照らす。

今しかないと 

2009年05月13日(水) 1時08分
今しかないと、頭をかすめたことは形にしていく。外出前に倉庫の整理、玄関磨き、マット数枚洗う。紫陽花を大鉢に植え替えると豪華なこと。
「日・中文化交流史話」が今日より始まり三月まで続く。 漢文で日本の対馬、松浦半島、伊都国(糸島)が初めて文字に書かれたと言う倭人伝を読んでいく。
講師は言う「日本は昔から文化の先進国であった中国から計り知れないほどの文化を移入することによって発展してきた。その文化の流れを、日本と中国の人物、それにまつわる話を、時代を追って読むことを通して、文化の受容と影響を見ていくなかで、中国に対する理解を深める。

公開講座 

2009年05月12日(火) 11時16分
学友の誘いで初めて大学公開講座の聴講生となったのが数十年前。それからおりおり興味ある内容の大学の聴講生となる。
今年は非常に関心があった西南の神学部に行くことにした。 今日は開講式、「心揺れてるところに真実がある」と始まる………充実した時間となった。 次回の講座を楽しみに帰る頭上にこうこうと月がお供する。

ジャパニーズプラムケーキ 

2009年04月30日(木) 9時54分
朝日のあたるバルコニーで花を摘み、友へ届けようとメール。 今朝6時にスタート、鹿児島へ向かっているという。写メールを数回交換しあう。山がわらう、私も………と。
ケーキづくりの一日、料理ノート片手にバウンドケーキ等幾種類かをつくる。部屋中に広がる香りを楽しみ読書、目を上げれば新緑の樹冠がゆらぎ、小鳥さえずる。
読書中の「赤毛のアン」の想像の世界へいざなわれるよう、マニラのケーキづくりを想いながら…………

 

2009年04月29日(水) 10時04分
画像
新茶のように初々しく、美しい眼で語ってくださった。 通りかかった福岡の台所柳橋市場のお茶屋さんへ立ち寄った時のことだ。
お茶のいろんな飲み方を楽しみたいと思うこの頃、急須も替えていく必要性を感じる。 ところが殆んど網が付いた急須しかなく思い悩んでいたところに、よい出会いだ。星の村に茶畑を持ち、一貫したご商売だ。 最近のスーパー大量販売深蒸し煎茶などで網の付いた急須の出回り。 茶葉をゆっくり蒸して出す玉露や中蒸し煎茶等、しみじみと頂きたい時がある。手のひらに包み込むような常滑急須が私に向かって語りかけるように飛込んできた。 上薬がかかった常滑と違い、今は少なくなった本常滑は渋く温かい。 星の村の茶をブレンドした八女新茶と一緒に求める。嬉しい茶師とのであいだった。
訪ね来た友が淡いピンクのトルコキキョウの花束とローズゼラニュームを。 夜の寛ぎのテーブルに華やいで美しい。感謝。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:吟遊詩人
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像 風の仙人
» 金子みすず (2008年01月31日)
Yapme!一覧
読者になる