かわいく見えるすっぴんのコツ

March 17 [Thu], 2011, 11:18
【かわいく見えるすっぴんのコツ】

■その1:前髪を下ろす&髪型だけキメる

  かわいく見せつつ、見た目年齢をどーんと下げるにはズバリ、「前髪」がポイント! メイク前の薄い眉毛を見事に隠してくれる前髪は、すっぴんの強い味方ともいえるのです。

  また、みなさんもご存じのとおり、髪型は顔まわりの印象を大きく左右します。たとえ化粧をしていなくても、髪型さえきまっていれば、すっぴんでもずいぶんかわいく見えるはず。化粧に力を入れずとも前髪はきちんとするなど、髪型だけは整えておくようにしましょう。

■その2:帽子、メガネなどの「すっぴん隠しアイテム」を使う

  顔を少しだけ隠すアイテムとして代表的なのが、帽子やメガネ、サングラスなど。最近では、かわいくみせるためにファーがついた帽子や、フレームがかわいいダテメガネも登場しているので、ぜひ利用しましょう。

  しかし、小道具がかわいいからといって「帽子+メガネ」はNG! 「芸能人か!」と言わんばかりに顔が隠れてしまい、やりすぎ感を出してしまいます。マスクもすっぴん隠しアイテムとしてはちょっとやりすぎかもしれませんね。

■その3:眉毛はある程度育てておく

  眉毛はあるにこしたことはありません(あり過ぎは別ですが)。なぜなら、「眉毛が薄い=幸が薄い」印象を与えてしまい、化粧後とのギャップ度が増すからです。すっぴんでも、眉のラインが整っている状態がベスト! 堂々といつでもすっぴんになれるように、眉毛はある程度育てておきましょう。

【かわいく見えるすっぴん風メイクのコツ】

  「それでも、やっぱりすっぴんはちょっと…」という人は、すっぴん風メイクに挑戦してみるのはいかがでしょう?

■その1:肌の調子の悪いところだけ隠す

  ニキビやシミ、クマ、シワなど、肌の調子が悪いところは部分的にコンシーラーやファンデーションを使って隠します。しかし、塗り過ぎると「すっぴん風」ではなくなってしまうのでご注意を。あくまでも「隠す」程度にとどめておくのがポイントです。部分的に隠したあとはうっすらとチークを入れて、血色をよく見せるのもいいと思います。

■その2:眉毛を描く

  前述のとおり、すっぴんにおいて眉毛はあるにこしたことはありません。そのため、眉毛だけはちゃんと描くようにしてください。眉毛の足りないところだけを埋めるようにして、毛を描き足しておきましょう。

■その3:少しだけマスカラを塗る

  目元をすっきり&ぱっちり見せるには、やはりマスカラは必須。しかし、盛り過ぎると「すっぴん風」ではなくなってしまいますので、ほどほどに。ビューラーはかけない方がより「すっぴん風」をアピールできますよ。


美顔器980円

■その4:唇はリップクリームか透明グロス

  最後は唇! すっぴんらしく、リップクリームで仕上げましょう。何か物足りない…と感じたら、透明グロスで少しツヤを出してもOKです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サッチ
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/scahi5/index1_0.rdf